3月に盗まれたマイニングマシン、中国で発見されるか

今年3月、時価2億円超のマイニング機器がアイスランドで盗まれました。
犯人は捕まったものの肝心のマイニングマシンが見つかっていなかったのですが、つい先日、中国でそれらしきものが発見された模様です。

アイスランドで今年盗難されたビットコイン(BTC)マイニング用ハードウェア600台が、中国にある可能性がある。アイスランドの報道機関のRUVがこのほど伝えた。

「マイニングマシンがどこにあるか?」を検討つけるには「異常に消費電力が高い地域がどこか」をチェックすることが必要になります。
本サイトでもお伝えしてきましたが、マイニングには大量の電力が必要です。
そのため、ビットコインのようなメジャーコインのマイニングを行った場合、異常な電力使用が目につくため、すぐに発見できます。

アイスランドではその異常な電力使用をチェックしていたのですが見つからず。
逆に、マイニングを含めた仮想通貨規制が強化されている中国で、過剰な電力使用がチェックされました。

天津では、異常な電力使用が現地の送電網オペレーターの注意を引き、当局によるマイニング機器の押収に繋がったと報じられている。

この電力消費から「アイスランドで盗まれたマイニングマシンは中国にあるのかも」につながったわけです。
ただし、確定されていません。
アイスランドからの問い合わせについても中国当局は回答をしていません。

マイニングビジネスの過熱に伴い犯罪も相次ぐ

このような犯罪はマイニングビジネスの過熱に伴うものです。
仮想通貨の収益性に着目し、マイニングビジネスに着手する企業や個人が急増しています。

その一方、コストを嫌って犯罪に手を染める人も少なくありません。

4月には、ロシアでマイニング絡みの電力泥棒が発覚しました。

マイニング大国ロシアのオレンブルクで、変電所の電力を無断使用しながら仮想通貨のマイニング施設を運営していたとして、男2人が逮捕されました。
すでに廃業した工場でマイニング施設を違法運営していたのは、工場の元従業員ら。工場周辺で莫大な電力が消費されていると、地元電力会社が警察に通報したことがきっかけで違法運営が発覚しました。
現場には、インターネットに接続された6,000台以上のマイニングマシンが発見されたほか、近くの変電所につながる電源ケーブルも発見されました。この違法マイニング施設は、推定600万ルーブル(約100万ドル)のコストで、およそ800万kW/hもの電力を盗難していたと見られています。

この他、ロシアでは核実験室でのマイニングを研究者たちがこっそり行ったことが問題視されたことがありました▼

▼日本でも「クリプトジャック」が問題視されましたね▼

まとめ

ニュースになるのは、おそらく氷山の一角に過ぎません。
実際には、これの倍以上のマイニングボードの盗難や電力泥棒が行われているかと思います。
それほどに、マイニングビジネスは、「うまくやれば」収益性が高いものなのです。

同時に、一個人や一企業が自分の担える範囲のコストでマイニングを行うことがもはや難しくなったことを表しています。
つまり、仮想通貨がごく一部のマニアのものであった牧歌的な時代はとうに過ぎ、今や不特定多数の人が仮想通貨による利益に関してしのぎを削る時代になったということです。

電力消費量や環境に与える負荷などを含め、今後、マイニングに伴う問題はますます増えていくものと思われます。

当サイトでは、売買に関してお勧めしているものではございません。資料としてご提供できる記事をお届けしております。ご自身でアクションを起こされる場合は、変更されているかもしれない情報を再度確認調査し、ご自身の判断での決断をお願いいたします。いかなる状況になろうとも、当サイトでは何ら責任をお取りすることはございませんことをご承知おきくださいますようお願いいたします。

【注意とお願い】無断転用・複写などされませんようお願いいたします。ご利用の場合は、当サイト名とURLのリンクを明記の上お願いいたします。

仮想通貨ニュース、勉強会等、仮想通貨情報はLINE@からお知らせ

 仮想通貨まとめ公式LINE@登録方法

仮想通貨まとめ公式LINE@登録方法

スマホのLINEアプリを開き
QRコードを読み込むか、
ID検索で友だち追加をお願いします。
 
「@coinnews」← @マークを入れて検索してくださいね!
出典:http://line.me

スマホでご覧の方はこちらを直接クリックしてください

LINEをされていない方は、こちらに                 今さら聞けない仮想通貨「最新情報もお届けします」▼より、どうぞ

関連するまとめ

仮想通貨ビットコインの半減期が来る|有識者マイナス要因無し既に織り込み済

仮想通貨ビットコインが誕生してから、数日で2度目の半減期が迫っています。今さらですが、半減期後のビットコイン…

仮想通貨まとめ編集部の志水 / 4854 view

鈴木まゆ子

税理士・ライター。


2017年の1年間、仮想通貨は”投機手段”として知られるようになりました。

しかし、本来は国や組織を通さない決済手段です。

そのため、経済や金融で危機を迎えている国々においては、「安全資産」のひとつとして注目されています。

何のバックグラウンドも持たないまま、人々の信用だけで「貨幣としての価値」を認められるようになった仮想通貨。
今後どうなっていくかをじっくり見守りたいと思っています。

こちらのサイトでは、その仮想通貨をめぐる社会情勢や素朴な疑問を中心にお伝えしていきます。


Twitter: mayu_suzu8


この他、ZUU Online, マネーの達人などで税務・会計を中心に解説しております。


2017年11月20日、TOKYO FM「クロノス・プラス」にて、仮想通貨関連について解説いたしました。