仮想通貨はNOだけど、ブロックチェーン技術の採用には積極的な中国。
先日、中国の銀行12行が、ブロックチェーン技術をすでに採用していることを明らかにしました。

中国の金融ニュースを扱うCEBNetによると、26行ある中国の銀行のうち、12行が昨年ブロックチェーン技術を採用したとされています。

今回報じられた12行の中には地方銀行や民間の銀行はもちろん、国が保有している中国銀行や、中国建設銀行、中国農業銀行も含まれています。

活用の仕方は銀行によってさまざま

ブロックチェーンをどのように使うかに関して、銀行では主に請求書等書類を発行するためのシステムやクロスボーダーのローンの承認システムに利用されることが多いもの。


ただ、現実には、ブロックチェーン採用後の活用の仕方は銀行によってさまざまです。

国が保有する中国農業銀行では、農業関係のeコマース事業を展開する業者に対して無担保での貸付を行う際の認証プロセスの一部としてブロックチェーンを採用したと報告されています。
中国建設銀行はブロックチェーンを活用したプラットフォームを開発し、比較的小さな事業を対象にクロスボーダーの貸付サービスを展開していると明かしました。中国建設銀行によると、同プラットフォームは現在までで16億元(約275億円)相当のトランザクションを処理したと言います。
中国銀行では分散型のITインフラの整備に尽力しており、現時点でブロックチェーンを活用したデジタルウォレットの試用まで完了していると明かしました。

中国人民銀行所長「分散型よりも中央集権型のブロックチェーンを」

中国の中央銀行である中国人民銀行の所長は、現時点ではブロックチェーンにさまざまな可能性があるとしつつも、一方で金融ならではのリスクへの対策も必要だとしています。

というのも、そもそもブロックチェーンはトラストレスのビットコインの基盤技術として登場したため、預金を管理する銀行を中心とした金融システムとして活用するには合わないところもあるからです。

欠点とは、スケールできないこと、データ・プライバシーの改善が必要なこと、ガバナンスのメカニズムだ。パブリックチェーンはシャットダウンできないため、エラーを修正する時はとても難易度が高いという。
参考:スケールの問題=スケーラビリティの問題とは

参考:スケールの問題=スケーラビリティの問題とは

スケールの問題とは、つまりスケーラビリティの問題です。すでに皆様昨年の時点でご存知だとは思います。

参加者が増え、ノードが増えればその分情報量や処理量が増えるため、そのままのスケールだと処理速度が落ちたり情報の送信などに遅延が生じたりします。
仮想通貨ではビットコインキャッシュの登場にみられるハードフォークなどで一応の決着を見ましたが、既存の金融システムでの活用においてもこれが問題になってくる可能性があります。

「一度問題が起これば、特にセキュリティ面においては、致命的だ
DAO事件は「分散型が産んだ悲劇」

DAO事件は「分散型が産んだ悲劇」

人民銀行所長は、2016年のDAO事件については「分散型を徹底していたために起きた。分散型を緩和し、中央集権的に誰かがシャットダウンして集中的にアップグレードしてデータを修正していればあのような事件は起きなかった」としています。

中央のガバナンス構造の欠如は、問題の解決策はソフトフォークかハードフォークしかないということになる。これは最終的には混乱と分裂を招く」。
将来的には、それぞれ異なる分散型レベルをもつブロックチェーンは、異なるシナリオの異なるニーズに直面するだろうと指摘した。

中国の一党独裁システムやすでに生じている情報の遮断などといった状況から、中国でのブロックチェーン活用は「より中央集権的」なものになっていくことが容易に想像されます。

感想

感想

ブロックチェーンのそもそもはビットコインやイーサリアムという「お互いを知らない者同士でいかに資産的な価値あるものをやりとりするか」というための技術でした。
そのための改ざん防止技術であり、同時管理システムでもありました。

しかし、技術の認知度や理解度が高まると、「常に不特定多数の者の間でのやりとり」での活用とは限らなくなります。
金融、とくに中国というある意味閉鎖的な社会では、逆に分散型というシステムの概念が邪魔になることもあるでしょう。

「どれくらいまで分散させてどれくらいまで集権的にするか」。

古くからブロックチェーンと言う概念を知っている人には「分散型でないブロックチェーンなんて本末転倒だ」という気持ちを持つかもしれません。
ただ、実用面では、それぞれの政体や組織に合わせて活用していくことは避けられなさそうです。

当サイトでは、売買に関してお勧めしているものではございません。資料としてご提供できる記事をお届けしております。ご自身でアクションを起こされる場合は、変更されているかもしれない情報を再度確認調査し、ご自身の判断での決断をお願いいたします。いかなる状況になろうとも、当サイトでは何ら責任をお取りすることはございませんことをご承知おきくださいますようお願いいたします。

【注意とお願い】無断転用・複写などされませんようお願いいたします。ご利用の場合は、当サイト名とURLのリンクを明記の上お願いいたします。

仮想通貨ニュース、勉強会等、仮想通貨情報はLINE@からお知らせ

 仮想通貨まとめ公式LINE@登録方法

仮想通貨まとめ公式LINE@登録方法

スマホのLINEアプリを開き
QRコードを読み込むか、
ID検索で友だち追加をお願いします。
 
「@coinnews」← @マークを入れて検索してくださいね!
出典:http://line.me

スマホでご覧の方はこちらを直接クリックしてください

LINEをされていない方は、こちらに                 今さら聞けない仮想通貨「最新情報もお届けします」▼より、どうぞ

関連するまとめ

仮想通貨ビットコイン決済導入計画「ロシア」最大オンラインUlmart|月間2,000…

ロシアの大手イーコマース企業Ulmart(ウルマート)は、9月1日に仮想通貨ビットコインでの決済を計画してい…

仮想通貨まとめ編集部の志水 / 7861 view

鈴木まゆ子

税理士・ライター・心理セラピスト。


仮想通貨は現時点(2017年)では投資(というより投機)の手段として着目されています。
しかし、その基礎技術であるブロックチェーンを含め、今後AIとともに、人間の未来をより効率的に、かつ安心できる社会にしていく可能性のあるものではないかと思っています。

個人だけでなく、国としても注目のアイテムなのが仮想通貨です。

こちらのサイトでは、その仮想通貨をめぐる社会情勢や素朴な疑問についてお伝えしたいなと考えています。


ブログ「税理士がつぶやくおカネのカラクリ」(心理記事メインです)https://ameblo.jp/mayusuzu8/
Facebook:「おカネのカラクリ」または「税理士鈴木まゆ子事務所」
Twitter: mayu_suzu8


この他、ZUU Online, マネーの達人などで税務・会計を中心に解説しております。


2017年11月20日、TOKYO FM「クロノス・プラス」にて、仮想通貨関連について解説いたしました。