テックビューロ(仮想通貨取引所Zaif運営)減資と本店変更していた

仮想通貨取引所「Zaif(ザイフ)」を運営する仮想通貨登録業者のテックビューロ(株)(TSR企業コード:576983667、大阪市西区)は3月20日、資本金を13億8,308万2,000円から1億円に減資した。
また、4月20日に登記上の本店を変更していたことがわかった。

2月16日、「システム不具合」により、一時的に「ゼロ円」で、仮想通貨が売買できる状態がありました。▼

重大なエラーのため、一時的とはいえ、仮想通貨ビットコインを「0円」で販売してしまったのです。
その金額は、各場所で差があり錯綜しているのか確定ではないとしても、少なくみても10億BTC(日本円で約2200兆円分)のビットコインが0円で販売されたことになります。

その後、エラーであるためだとし、購入したユーザーに対して個々のやり取りをしていました。

その後、3月8日に、金融庁からテックビューロに業務改善命令が出ています。▼

(1)実効性あるシステムリスク管理態勢の構築
(2)適切に顧客対応するための態勢の構築

システム障害・出金事案・不正取引事案など、
幾つもの問題がおきていたことによる
リスク管理態勢に関する報告徴求命令がでています。
近畿財務局より、テックビューロ株式会社に対する行政処分のページが公開されています。▼

上記が何か関係しているのかどうか

4月27日午前9時15分、東京商工リサーチ(TSR)は、テックビューロの取材窓口に本店変更などの質問を送ったが、5月2日午後1時までに返答はなかった。

減資と本店変更に気になる点

5月2日午後1時現在、テックビューロのホームページの会社概要の資本金欄は、「27億5,513万円(2018年2月1日時点、資本準備金含む)」と記載。
仮想通貨取引所「ザイフ」ホームページの資本金欄には、「8億3,013万円(資本準備金含む)」と掲載されている。
また、日本仮想通貨事業者協会(JCBA)の会員紹介のページでは、「資本金8億3,013万円」となっている。なぜ、資本金に資本準備金を組み込んでいるのだろうか。

しかし、確認をしていたところ、
2月19日の官報に資本金額の
減少公告を出しているといいます。

昨日の5月2日時点での
親会社テックビューロの商業登記簿を見ると、
3月20日付で「13億8,308万2,000円」から
「1億円」に減資したことが
記事で取り上げられています。

また、商業登記簿によれば、
本店登記地を変更しているのが
4月20日というところも記録から確認できている様子

しかし、昨日の5月2日の時間では、
ホームページの「本社」が以前の場所のままであり、
本店登記地は変更された旨の発表はないといいます。

関連するまとめ

「仮想通貨の損益」税見直し要求|アメリカ公認会計士団がIRS(政府機関)へ

アメリカの公認会計士団が、IRS(米国の連邦政府機関。日本の国税庁に相当)が発表した2年前の仮想通貨ガイドラ…

仮想通貨まとめ編集部の志水 / 3292 view

仮想通貨まとめ編集部の志水

税理士事務所兼、マネージメント・財務・
会計・経営・人財コンサル業に
20年近く勤務してきました。

投資も含め、仮想通貨によく似たコインや
権利収入などの相談も受けてきました。

ブロックチェーンにほれ込んで
仮想通貨の世界から抜けられなくなりました。
この世界は大きく変わるものと確信し、
変革の時代に立ち合えると思っています。

数字は過去を知り、
未来を想像する材料になります。

有益な情報を共有できる
言葉の情報発信を目指しています。


サンワード貿易さん主催の
仮想通貨セミナー講師登壇満員御礼!
ありがとうございました。
新たにサンワー貿易さん「大阪」で6月26日開催が決定しました。

http://www.sunward-t.co.jp/seminar/2018/06/26/index.html

また、7月7日はサンワード貿易さん「東京」も決定。

http://www.sunward-t.co.jp/seminar/2018/07/07_2/


仮想通貨だけではなく、投資そのものに焦点をあて、
5月末~6月より個人的に新しい講座や企画をご紹介することになりました。

お友だちだけにご案内させていただきます。
LINE@『 @megumi.shimizu 』お友だち追加もお待ちしています。