仮想通貨取引所の対応に関する相談急増

国民生活センターへの仮想通貨トラブルの相談急増

国民生活センターへの仮想通貨トラブルの相談急増

2017年は仮想通貨元年。
人気に火が付いたのと比例して、トラブル相談も急増しました。

内容は主に詐欺や盗難などです。

▼トラブル急増の記事についてはコチラ▼

ただし、その一方、こんな相談も▼

交換業者の顧客対応が不十分であることを背景とした相談も多い。

相談①他人のウォレットへの誤入金:埼玉県の30代男性

(1)仮想通貨購入のため、ネットバンクから交換業者の自分のウォレット(仮想通貨の保管場所)に現金10万円を振り込んだ。振込みには7桁のアカウントIDに続けて自分の名前を入力する必要があるが、その後ウォレットを確認すると入金されていなかった。交換業者に問い合わせると、アカウントIDが誤っており別人のウォレットに入金された。

(2)自分の名前は正しく入力しており、名前が一致していないのに入金されてしまったことに納得できず質問したところ、アカウントが一致すれば第三者の口座であっても入金されると説明された。交換業者は、入金されたウォレットの所有者に返金するよう促したが返事がないという。

相談②仮想通貨の誤送金:大阪府の30代女性

(1)仮想通貨を普段使っている交換業者Aから交換業者Bへ送金する際に、誤って交換業者Cへ送金してしまった。交換業者Aへ問い合わせたところ、既に交換業者Cに送金完了しているのでそちらに問い合わせるよう回答があった。

(2)そこで交換業者Cにメールで問い合わせをしたが返答がなかったので、1週間ほど経過した後に再度問い合せたところ、「時間を要するので調査に数か月かかる」という返信があっただけで、その後3か月たっても連絡がない。

仮想通貨取引に関しては、他の金融業のような規制がいまだないため、原則として「すべて自己責任の世界」だと言われています。
そのため、固有IDを必ず意識して送金する、送付先アドレスは細かく注意するなどの姿勢は必須です。
必ずしも取引所がすべて悪いとは言えないのですが、それでもホスピタリティに関しては世界で随一の日本。
他の金融機関の対応の丁寧さ、迅速さと比較されてしまうのは仕方がないとも言えます。

Twitterにも「取引所の対応」に関する苦情ツィ―トいくつか

国民生活センターへの相談件数だけでなく、Twitterやブログなどでも取引所の対応の悪さについてはしばしばつぶやきが見られます。

仮想通貨取引所は原則として「電話での問い合わせ」ができません。
Q&Aでまず自分で考え、どうにもならない場合に問い合わせフォームから連絡するなどです。
同日内に折り返しの連絡がくればいい方で、中には数か月放置というケースもあるようです。

取引所のサポートに関する比較サイトも

仮想通貨取引所のサポートも投資家が取引所を選択する際の一つの動機になっています。
そのため、最近はこのようなサポート比較のサイトなども出てくるようになりました▼

まとめ

国民生活センターは仮想通貨の業界団体に対し、利用者の利便性に配慮したアクセス手段を設定すること、苦情処理期間を適切に管理することなどを要望している。

NEM事件で仮想通貨取引所に対し金融庁のメスが一斉に切り込まれました。
しかし、それはあくまでも大規模な盗難や仮想通貨の分別管理など「全体」の部分に限られます。

金融庁による仮想通貨に関するガイドラインでは、交換業者の監督にあたって留意する点を列挙。交換業者に求める「利用者への対応」として、「苦情等の内容に応じ利用者から十分にヒアリングしつつ、可能な限り利用者の誤解と納得を得て解決することを目指しているか」という点を明記しています。しかし、現実は、金融庁の期待通りの対応が行われているとは言い切れません。

仮想通貨は、初期からの投資家の言う通り、「自己責任」の世界です。
ただし、自己責任にも限界があり、あまりにそこにこだわりすぎると、逆に市場が成長も成熟もせず、パイも広がらないという結果になってしまいます。

「マクロ面でのカストディだけでなく、ミクロでのカストディも求められる」。

取引所には更なる顧客対応の姿勢が求められていると言っていいでしょう。

当サイトでは、売買に関してお勧めしているものではございません。資料としてご提供できる記事をお届けしております。ご自身でアクションを起こされる場合は、変更されているかもしれない情報を再度確認調査し、ご自身の判断での決断をお願いいたします。いかなる状況になろうとも、当サイトでは何ら責任をお取りすることはございませんことをご承知おきくださいますようお願いいたします。

【注意とお願い】無断転用・複写などされませんようお願いいたします。ご利用の場合は、当サイト名とURLのリンクを明記の上お願いいたします。

仮想通貨ニュース、勉強会等、仮想通貨情報はLINE@からお知らせ

関連するまとめ

【仮想通貨ニュース】世界最大級の銀行が共同でブロッックチェーンの技術を利用することに…

ビットコインが注目を浴び、数ある技術の中でもブロックチェーンの研究は世界各国で進んでいます。実用化された例は…

仮想通貨まとめ編集部 / 2771 view

鈴木まゆ子

税理士・ライター。


2017年の1年間、仮想通貨は”投機手段”として知られるようになりました。

しかし、本来は国や組織を通さない決済手段です。

そのため、経済や金融で危機を迎えている国々においては、「安全資産」のひとつとして注目されています。

何のバックグラウンドも持たないまま、人々の信用だけで「貨幣としての価値」を認められるようになった仮想通貨。
今後どうなっていくかをじっくり見守りたいと思っています。

こちらのサイトでは、その仮想通貨をめぐる社会情勢や素朴な疑問を中心にお伝えしていきます。


Twitter: mayu_suzu8


この他、ZUU Online, マネーの達人などで税務・会計を中心に解説しております。


2017年11月20日、TOKYO FM「クロノス・プラス」にて、仮想通貨関連について解説いたしました。