アメリカVC「GS以外も仮想通貨事業への参入は広がる」

GS,仮想通貨トレーディング開始を発表

GS,仮想通貨トレーディング開始を発表

先日、ゴールドマンサックス(GS)が仮想通貨トレードに算入する旨が発表されました。
これまで「仮想通貨取引をやるのではないか」と噂されながらも否定を続けてきたGS。ホワイトハウスとの関係も深いため、様子を伺いながら…という側面があったかもしれません。

▼▼参考:GSと仮想通貨のこれまで▼▼

このGSの動きを受け、アメリカのベンチャーキャピタル(VC)ブロックチェーンキャピタルのパートナーは次のようにコメントしています▼

ゴールドマンサックスに続いて他の銀行も仮想通貨のトレーディングデスクの開設に踏み切ることになるだろう

仮想通貨市場は「非常に大きく、もはや無視できない規模」

ブロックチェーンキャピタルのパートナーであるボガード氏が「他の金融機関も仮想通貨取引に着手するはずだ」とする根拠は、大手であるGSが参入したことではありません。
仮想通貨市場そのものの威力にあります。

仮想通貨は一部マニアの独占市場だった数年前と違い、もはや「チャレンジすべきトレーディング市場」となったのです。

ゴールドマンの知名度によるものではなく、「この市場が非常に大きく、もはや無視できない」ということだ
「ほとんどの銀行にとって、コインベースやバイナンスといった企業が動かしている金額は。既に見たり聞いたりしているものだ。市場に参入しなければ、このような中からウォール街最大の銀行のいくつかを上回る企業がでるかもしれない、という現実的なリスクがある」

事実、英バークレイズ銀行は投資部門において一時期仮想通貨トレーディングを検討していました▼

仮想通貨”そのもの”事業参画への課題は「カストディ」

ただし、当面、GSが着手するのはあくまでも「デリバティブ」。
昨年CBOCやCMEはビットコイン先物を開始しました。これも「仮想通貨そのもののトレーディング」ではなくあくまでも「派生商品」です。

なぜ、仮想通貨そのものではなく派生商品なのか?
その背景には金融機関の重要命題の解決がまだ行われていないことがあります▼

ビットコインの直接取引を追加する場合には、次に解決しなければならない問題はカストディ(保管・管理)だろう

有価証券や外貨の取引事業と同じく、トレーディング事業には単なる儲けだけではなく、、保管や管理(カストディ)が重要になります。
企業の事業にたとえるなら、「営業」だけではなく人事や経理や総務といった「事務」も必須だということです。

現実に、その管理部門が疎かであったために日本では今年1月、コインチェック事件が発生しました。
日本以外でも、盗難やハッキングなど、取引所へのアタックによる被害が後を絶ちません。

▼先日コインチェックを買収したマネックスGの松本会長も次のようにコメントしています▼

日本における仮想通貨交換業のような業態には、証券どころか銀行と同等の資本規制などが導入されてもおかしくないと思う。なぜならば、証券会社でいうと、株券は証券保管振替機構、取引所は東証、お金は銀行に預けている
日本における交換業はカストディアン(資産管理)もやっている。それは銀行に近い。

▼「仮想通貨はもはや一つの資産だ」という記事を先日本サイトでお届けいたしました▼

仮想通貨は「デジタルプログラム」から「金融資産」の位置づけへ

仮想通貨は「デジタルプログラム」から「金融資産」の位置づけへ

今さら言語化するのもどうかと感じる方も多いかと思います。
一見、仮想通貨は単なるデジタルなプログラムでしかありません。
しかし、そこに邦貨を投じ、信頼を寄せる人が少なくない以上、もはや一つの資産としての価値をもっているのです。

さらなる信頼を集め、そして維持していくには「管理部門」の強化が今後必須になっていくのは誰の目にも明らかです。

逆にいうならば、カストディがきちんと機能し、企業にとってもそれほど難関な課題でなくなったならば、多くの金融機関が仮想通貨”そのもの”へのトレーディングに着手するようになるのかもしれません。

当サイトでは、売買に関してお勧めしているものではございません。資料としてご提供できる記事をお届けしております。ご自身でアクションを起こされる場合は、変更されているかもしれない情報を再度確認調査し、ご自身の判断での決断をお願いいたします。いかなる状況になろうとも、当サイトでは何ら責任をお取りすることはございませんことをご承知おきくださいますようお願いいたします。

【注意とお願い】無断転用・複写などされませんようお願いいたします。ご利用の場合は、当サイト名とURLのリンクを明記の上お願いいたします。

仮想通貨ニュース、勉強会等、仮想通貨情報はLINE@からお知らせ

 仮想通貨まとめ公式LINE@登録方法

仮想通貨まとめ公式LINE@登録方法

スマホのLINEアプリを開き
QRコードを読み込むか、
ID検索で友だち追加をお願いします。
 
「@coinnews」← @マークを入れて検索してくださいね!
出典:http://line.me

スマホでご覧の方はこちらを直接クリックしてください

LINEをされていない方は、こちらに                 今さら聞けない仮想通貨「最新情報もお届けします」▼より、どうぞ

関連するまとめ

仮想通貨“聖地”名古屋サンタルヌーICO|世界初の飲食店ICOになるか

名古屋のサンタルヌーが、仮想通貨イーサリアムをもちいたICOを開始。もし成功できれば、飲食店によるICOは世…

仮想通貨まとめ編集部の志水 / 13801 view

鈴木まゆ子

税理士・ライター。


2017年の1年間、仮想通貨は”投機手段”として知られるようになりました。

しかし、本来は国や組織を通さない決済手段です。

そのため、経済や金融で危機を迎えている国々においては、「安全資産」のひとつとして注目されています。

何のバックグラウンドも持たないまま、人々の信用だけで「貨幣としての価値」を認められるようになった仮想通貨。
今後どうなっていくかをじっくり見守りたいと思っています。

こちらのサイトでは、その仮想通貨をめぐる社会情勢や素朴な疑問を中心にお伝えしていきます。


Twitter: mayu_suzu8


この他、ZUU Online, マネーの達人などで税務・会計を中心に解説しております。


2017年11月20日、TOKYO FM「クロノス・プラス」にて、仮想通貨関連について解説いたしました。