ヨーロッパで”Amazonギフト券””Uber”で仮想通貨決済OKに|

仮想通貨でモノやサービスを買える場面が増えてきています。

しかし、まだまだごく一部。
特に、メジャーなオンラインサービスやシェアリングエコノミーでは決済が難しかったりします。

ただ、それも遠からぬ将来変わっていくことになるでしょう。

米大手仮想通貨取引所Coinbaseがグローバルに事業を展開するデジタルギフトカードサービスのWeGiftと提携し、EU内とオーストラリアで、デジタルギフトカードやUberなどの決済で仮想通貨が使えるようにしました。

2018年7月25日水曜日以降、EUとオーストラリアにすむコインベースのユーザーは、有名なWeGift.comのウェブサイトのギフトカードを購入したら仮想通貨で決済することができるようになります。

As of Wednesday, July 25, 2018, users of Coinbase in the European Union (EU) and Australia will have the facility to spend their money from cryptocurrencies through gift cards which can be purchased at the popular WeGif.com website.

ギフトカードは、Uber、Amazon、Tescoなどの大規模な名前を含む100社以上の小売業で利用可能です。

The gift card will then be acceptable tender with over 100 retailers, including sizeable names such as Uber, Amazon and Tesco.

このプログラムは、当初イギリス、スペイン、フランス、イタリア、オランダ、オーストラリアの顧客にしか利用できませんが、Coinbaseは最終的に他の国にも展開する予定です。

The program will initially only be available to customers in the U.K., Spain, France, Italy, the Netherlands and Australia, though Coinbase ultimately plans to expand into other countries.

仮想通貨というと、どうしても「投資(投機)」というイメージが根強いもの。
だからこそ、日本で”金商法の対象に”という議論が生まれるのでしょうが、もう一つの側面”決済手段”というのも忘れてはいけません。

ドルや円と同じように、モノやサービスの購入で利用ができるのです。

Coinbaseは今年初め、、英国の金融監督機関であるFinancial Conduct Authority(FCA)から電子マネーライセンスを付与されています。
これにより、EU域内とイギリスにおいて、現金の代わりである電子マネー決済サービスを提供することができています。

Coinbase UKのCEOは次のようにコメントしています▼

ビットコインをUberのクレジットやNikeの買い物に変えることで、顧客は仮想通貨の使い方をもっとずっと柔軟にコントロールするようになる

”From converting bitcoin into Uber credits or ether into a Nike shopping spree, customers will have greater flexibility and control over how they use their crypto,”

仮想通貨が使いやすくし、取引と消費を行いやすくするというのは、顧客の経験を改善するという点で我々の取り組みのコアの部分にあたる。Eギフトカードの発行は、顧客たちがもうひとつ選択肢を持てることにつながる。彼らは、望めば仮想通貨の残高を使ってモノやサービスを購入することで、仮想通貨のもう一つの”価値”を実現することができるようになるのだ。

Making crypto easier to use, trade and spend is a core part of our efforts to improve the customer experience. With the launch of e-gift cards, customers now have the option to spend their crypto balances, realising its value to buy tangible things or experiences.

日本での”仮想通貨決済”がOKなお店とは

日本にも仮想通貨決済OKなお店が徐々に出てくるようになりました。

ただ、Apple PayやSuicaなどの電子マネーと違い、利用できる場面はまだまだ圧倒的に少ない方です。
さらに、最初「仮想通貨決済OK」だったけど、あとから「やっぱりやめた」なケースがあります。

日本でも、少しずつ仮想通貨決済の場面が増えていってほしいところです。

当サイトでは、売買に関してお勧めしているものではございません。資料としてご提供できる記事をお届けしております。ご自身でアクションを起こされる場合は、変更されているかもしれない情報を再度確認調査し、ご自身の判断での決断をお願いいたします。いかなる状況になろうとも、当サイトでは何ら責任をお取りすることはございませんことをご承知おきくださいますようお願いいたします。

【注意とお願い】無断転用・複写などされませんようお願いいたします。ご利用の場合は、当サイト名とURLのリンクを明記の上お願いいたします。

仮想通貨ニュース、勉強会等、仮想通貨情報はLINE@からお知らせ

 仮想通貨まとめ公式LINE@登録方法

仮想通貨まとめ公式LINE@登録方法

スマホのLINEアプリを開き
QRコードを読み込むか、
ID検索で友だち追加をお願いします。
 
「@coinnews」← @マークを入れて検索してくださいね!
出典:http://line.me

スマホでご覧の方はこちらを直接クリックしてください

LINEをされていない方は、こちらに                 今さら聞けない仮想通貨「最新情報もお届けします」▼より、どうぞ

関連するまとめ

仮想通貨ビットコインはAmazonの株価と酷似|数十年にわたり投資の場を提供

面白い考察がありました。仮想通貨ビットコインの動きや市場などをじっくりみると、 あるアナリストが気が付いたこ…

元)仮想通貨まとめの志水 / 17089 view

すずきまゆこ

税理士・ライター。


2017年の1年間、仮想通貨は”投機手段”として知られるようになりました。

しかし、本来は国や組織を通さない決済手段です。

そのため、経済や金融で危機を迎えている国々においては、「安全資産」のひとつとして注目されています。

何のバックグラウンドも持たないまま、人々の信用だけで「貨幣としての価値」を認められるようになった仮想通貨。
今後どうなっていくかをじっくり見守りたいと思っています。

こちらのサイトでは、その仮想通貨をめぐる社会情勢や素朴な疑問を中心にお伝えしていきます。