6000ドル台までに落ちたビットコイン、8000ドル台回復へ

ビットコイン、8000ドル台回復|一時9000ドル台も

ビットコイン、8000ドル台回復|一時9000ドル台も

7000ドル台をうろうろしていたビットコイン価格。
一時、7000ドルを割り込む局面もありました。

しかし、ここ最近になり価格が上昇。
9000ドル台を一時突破するときもありました。

現在、8000ドル台を示しています。

ビットコインは日本時間14時53分現在でコインマーケットキャップで0.44%安の8054ドルに、ビットフィネックス取引所でも0.64%安の8058ドル、ビナンスで0.88%安の8045ドルの値を付けている。

▼この背景には「イスラム法の仮想通貨認容があるのではないか」と言われていましたが▼

その一方で、「4月15日すぎればビットコインは回復する」ともすでに言われていました▼

トム・リー氏「ビットコインの下落は米確定申告の影響」

ビットコインの売り圧力は4月15日後に緩和されるだろう

こう語ったのは、ファンドストラットのストラテジストであるトム・リー氏。

なぜこういうのかと言うと、IRSにより「仮想通貨の使用利益に課税」の通知が出された後、早い段階で多くの仮想通貨の投資家が売却を行い、邦貨を確保したからです。納税資金のためではないかと言われています。

さらに、確定申告が一巡すれば、▼

米国の課税期は毎年4月15日に終了し、その後、多くのアメリカ人がアメリカのIRS(アメリカ合衆国内国歳入庁)から納税申告書を受け取ります。
アメリカ人が払い戻しで行う最も自然なことは、新車や新しい電子機器を購入することです。しかし、非常に多くのケースで、彼らはそのお金を投資します。
エキサイティングな暗号資産の世界では、そのお金のかなりの部分が一般的な仮想通貨やICO(イニシャル・コイン・オファリング)に投資され市場の時価総額は安全なレベルまで引き上げることになります。

確定申告が過ぎれば、再び投資家はその資金を仮想通貨に投資し、殖やすことに熱中します。
価格低迷している時期なら「仕込みのチャンス」とばかりに買い増ししていくのも不思議ではありません。

「喉元過ぎれば熱さを忘れる」。

これは日本だけでなく世界共通かもしれません。

Draper氏「2022年までにビットコイン$250,000になる」と予想

さらに、有力なIT企業に投資してきたVCのTim Draper氏は、またしてもビットコイン価格について強気な予測を示しました▼▼

スカイプ、中国検索エンジン大手のバイドゥに一早く投資したとして知られている有名ベンチャーキャピタリスト、ドレイパーアソシエイツのパートナーであるTim Draper氏は、ビットコインの将来の価格を予想しており、2022年までに$250,000になると述べている。

▼今後のビットコイン先行きの予想は先週末のこの記事に詳しく書いてありますのでご覧くださいね▼

まとめ

まとめ

「毎年似たサイクルを繰り返している、だから心配ない」

そうは言われても、「仮想通貨はもう終わり」的な有識者(といっても仮想通貨の有識者ではなくあくまでも経済の有識者なのですが)の発言を聞くと不安になるのが人間です。
そのために、怖くて仮想通貨を手放してしまった人も少なくありません。

一方で手放さずに粘った人もたくさんいます。

どっちがよくてどっちがダメとかそう言う問題でもありません。

大事なのは、「自分のスタンスをきちんときめて市場と向き合えるかどうか」です。

強気な価格予想が出る一方、「仮想通貨は100ドルが適正価格」という「オワコン」発言もまだたくさんあります。
どっちが真実かは、1年後、5年後、10年後にならないと分かりません。

感情や周囲の情報に振り回されるのではなく、自分が仮想通貨を投資して何を得たいのか、どうしたいのか。

手放して損をしたと思う人も、ホールドして不安を抱えている人も、一度ネット情報から離れて、自分のスタンスを再考していただければと思います。

意志が強いつもりでも、それでも感情で弱くなってしまうのもまた人間ですから。

当サイトでは、売買に関してお勧めしているものではございません。資料としてご提供できる記事をお届けしております。ご自身でアクションを起こされる場合は、変更されているかもしれない情報を再度確認調査し、ご自身の判断での決断をお願いいたします。いかなる状況になろうとも、当サイトでは何ら責任をお取りすることはございませんことをご承知おきくださいますようお願いいたします。

【注意とお願い】無断転用・複写などされませんようお願いいたします。ご利用の場合は、当サイト名とURLのリンクを明記の上お願いいたします。

仮想通貨ニュース、勉強会等、仮想通貨情報はLINE@からお知らせ

 仮想通貨まとめ公式LINE@登録方法

仮想通貨まとめ公式LINE@登録方法

スマホのLINEアプリを開き
QRコードを読み込むか、
ID検索で友だち追加をお願いします。
 
「@coinnews」← @マークを入れて検索してくださいね!
出典:http://line.me

スマホでご覧の方はこちらを直接クリックしてください

LINEをされていない方は、こちらに                 今さら聞けない仮想通貨「最新情報もお届けします」▼より、どうぞ

関連するまとめ

ニューヨーク州、仮想通貨マイニング用電力の提供へ|「高い電力体系」から一転、安価な電…

仮想通貨マイニングによる電力の膨大な消費が問題化していたニューヨーク州。規制当局は状況を憂慮し、高い電力体系…

鈴木まゆ子 / 1557 view

関連するキーワード

鈴木まゆ子

税理士・ライター。


2017年の1年間、仮想通貨は”投機手段”として知られるようになりました。

しかし、本来は国や組織を通さない決済手段です。

そのため、経済や金融で危機を迎えている国々においては、「安全資産」のひとつとして注目されています。

何のバックグラウンドも持たないまま、人々の信用だけで「貨幣としての価値」を認められるようになった仮想通貨。
今後どうなっていくかをじっくり見守りたいと思っています。

こちらのサイトでは、その仮想通貨をめぐる社会情勢や素朴な疑問を中心にお伝えしていきます。


Twitter: mayu_suzu8


この他、ZUU Online, マネーの達人などで税務・会計を中心に解説しております。


2017年11月20日、TOKYO FM「クロノス・プラス」にて、仮想通貨関連について解説いたしました。