ブラジルで世界初の暗号通貨金融修士号プログラム新設

サンパウロを拠点とする高等教育機関であるFundacao Getulio Vargas(FGV)は、

サンパウロにあるブラジルのジェトゥリオ・ヴァルガス財団(FGV)教育機関が世界初の“仮想金融学”の修士課程を開講するといいます。

このプログラムの製作者はコースの基礎として業界の専門知識の必要性を挙げている。

プログラムが暗号通貨(仮想通貨)市場に必要な理由

プログラムの制作者であるRicardo Rochman氏は、10年未満の仮想通貨業界向けに必要なプログラムは、不足している専門教育が必要な状況を述べています。

「この市場では専門家の不足が深刻になっている。仮想金融学は、考察、研究、教育の価値がある経済と金融のファンダメンタルズだ」

今までは、仮想通貨に集中してきた情報そのものも、ほとんどは投機的な観点から考えられてきました。しかし、

“it is a market with a profound lack of people with expertise. Cryptofinance has economic and financial fundamentals that are worth discussing, researching, and [being] taught.”

現在の仮想通貨市場が、専門知識を持つ人々の「深刻な欠如」があります。Cryptofinanceには、“議論し、研究”そして教える価値のある“経済的・財政的”の基礎があります。

仮想通貨(暗号通貨)の専門学習システム

ブラジルでは、高等教育にデジタル通貨やブロックチェーンを学習プログラムの一部として採用する動きが広がっており、FGV大学の修士課程の設立はこの流れに沿ったものだ。
同大学の近隣にあるサンパウロ大学は昨年、経済経営学部のデリバティブ科に仮想通貨学を採用した。

順に採用してきたブラジルの教育課程。そして、今回の新課程設立の立役者とアラン・デ・ジェナロ教授が、暗号通貨から学び知るべきである重要性を述べています。▼

「たとえ学生たちが金融業界に就職しなくても、提起しなければならない問題がある。人々は仮想通貨に関して何が有益で何が不適切かを理解する必要がある」。

1月の調査ではブラジルにはビットコイントレーダーが、すくなくても株式投資の2倍はいると伝えられていました。
南米最大の仮想通貨市場を持つ国ブラジルだから、こうした新設がなされていると思いがちですが、世界規模でみるとそんなことはありません。

ブラジルだけではない日本以外の「世界中で注目」

FGV大学の新プログラム設立に先立ち、世界の主要大学では、ブロックチェーン、スマートコントラクト、仮想通貨関連のコースを提供している。
米国では、ニューヨーク大学ロースクール、デューク大学、プリンストン大学、スタンフォード大学、カリフォルニア大学バークレー校が、
ヨーロッパとアジアでは、カンブリア大学、B9ラボアカデミー、コペンハーゲンIT大学、モスクワ国立大学経済学部、モスクワ物理工科大学などがこの分野のコースを開講している。

関連するまとめ

仮想通貨の補償保険「国内初」2取引所が導入|ビットフライヤー、コインチェック利用者獲…

仮想通貨の利用者にさらなる保護がつきますね。国内の仮想通貨取引所であるビットフライヤーさんと、コインチェック…

仮想通貨まとめ編集部の志水 / 12237 view

仮想通貨まとめ編集部の志水

税理士事務所兼、マネージメント・財務・
会計・経営・人財コンサル業に
20年近く勤務してきました。

投資も含め、仮想通貨によく似たコインや
権利収入などの相談も受けてきました。

ブロックチェーンにほれ込んで
仮想通貨の世界から抜けられなくなりました。
この世界は大きく変わるものと確信し、
変革の時代に立ち合えると思っています。

数字は過去を知り、
未来を想像する材料になります。

有益な情報を共有できる
言葉の情報発信を目指しています。


サンワード貿易さん主催の
仮想通貨セミナー講師登壇満員御礼!
ありがとうございました。

仮想通貨だけではなく、投資そのものに焦点をあて、
4月より個人的に新しい講座や企画をご紹介することになりました。

お友だちだけにご案内させていただきます。
LINE@『 @megumi.shimizu 』お友だち追加もお待ちしています。