欧州22カ国が欧州ブロックチェーンパートナーシップを設立

欧州22カ国は、4月10日に欧州ブロックチェーンパートナーシップ」の設立に関する宣言を締結しました。パートナーシップは、加盟国間の技術的および規制上の分野での経験と専門知識を共有し、公共および民間セクターの利益のために「デジタル単一市場戦略」における「EU全体のブロックチェーンアプリケーション」の設立を準備するための手段となります。これにより、欧州がブロックチェーン技術の開発と普及に向けて主導的な役割を果たし続けることを宣言したことになります。

「デジタルデー 2018」で伝えられた内容

ブリュッセルで開催された欧州委員会の「デジタルデー 2018」

アンドルス・アンシプ副委員長の発言

欧州には「世界トップレベルのAI研究コミュニティが存在する」と主張した。また、欧州はブロックチェーン分野においても「指導的な役割を果たすのに最適な位置にいる」と述べた。

ブロックチェーンパートナーシップ設立の具体的な目的とは

「ブロックチェーンは、将来、欧州や加盟国が情報システムを再考し、ユーザーの信頼を促進し、個人データを保護し、新しいビジネスチャンスを創出し、新しいビジネスチャンスを創出する大きなチャンスです。市民、公共サービスおよび企業に利益をもたらすでしょう。今日締結されたパートナーシップは、加盟国が欧州委員会と協力して、ブロックチェーン技術の巨大な可能性を市民のためのより良いサービスに変えることを可能にします。」
ブロックチェーンとそのアプリケーションの分散型で協力的な性質により、「デジタル単一市場戦略」の本格的な活用が可能になります。加盟国間の緊密な協力は、断片化されたアプローチを回避し、相互運用性とブロックチェーンベースのサービスのより幅広い展開を保証できます。パートナーシップは、EU法を完全に遵守し、欧州全域でブロックチェーンを活用したサービスを支援する明確な統治モデルに基づいて、環境を創出することに貢献します。

2020年までに約3億ユーロを分散型台帳に投資

欧州委員会は、2018年2月にイーサリアムとスタートアップのコンセンシス社との提携により「欧州ブロックチェーン観測フォーラム」を立ち上げ、すでに技術的および社会的分野におけるブロックチェーンの使用を支援するプロジェクトに8,000万ユーロ以上を投資しています。2020年までに約3億ユーロをブロックチェーンに配分する予定です。

欧州ブロックチェーンパートナーシップ宣言の署名国のリスト

オーストリア、ベルギー、ブルガリア、チェコ、エストニア、フィンランド、フランス、ドイツ、アイルランド、ラトビア、リトアニア、ルクセンブルク、マルタ、オランダ、ノルウェー、ポーランド、ポルトガル、スロバキア、スロベニア、スペイン、スウェーデン、イギリス。

他の国、EU加盟国および欧州経済地域加盟国も、欧州ブロックチェーンパートナーシップに加わることを要請されています。

ブロックチェーン技術を受け入れようと体制を整えている状況のようですね。

巨額の投資をするので今後新しい技術が誕生する可能性があります✨

“もっと”詳しい情報を知りたい方はコチラに登録↓↓↓

関連するまとめ

最大手取引所バイナンス(Binance)ブロックチェーン学習サイトをオープン|ブロッ…

世界最大手の仮想通貨取引所のバイナンス(Binance)がブロックチェーン学習サイトをベータ版で開設しました…

鈴木まゆ子 / 1069 view

仮想通貨ヲタク清水聖子

仮想通貨の第一人者、『美人過ぎる仮想通貨ヲタク』『セレブトレーダー』として特集された清水聖子が最新ニュース、爆上げコイン情報、魅力や楽しみ方、など日々細かく分析配信しています。

仮想通貨を勉強したい方も、仮想通貨乗り遅れ組もぜひ参考になると思いますので、楽しみながら読んでいただけると嬉しいです