カナダの物々交換コミュニティが独自仮想通貨を発案

カナダの物々交換コミュニティが独自仮想通貨を発案

カナダのオンライン取引・物々交換プラットフォーム「ブンツ・トレーディング・ゾーン」が、独自の仮想通貨ビッツ(BTZ)を発行することになりました。

BTZは、仮想通貨の発行と同時に経済圏を形成するのではなく、すでに出来上がっているコミュニティのメンバーに対して発行される。このような仮想通貨はカナダで初めてという。
このプロジェクトのブログによれば、ブンツの各ユーザーは、9日に1000BTZを受け取り、商品やサービスと交換したり、単純にビッツをメンバー間で交換することができる。1000BTZは当初、コーヒー約3杯分相当の価値になる予定だ。

BTZ by BUNZ - YouTube

出典:YouTube

▼▼▼既存コミュニティに対する仮想通貨と言う点では、ビットコインやイーサのような仮想通貨というよりもむしろ「地域通貨」に近いかもしれません▼▼▼

「通貨なしでの物々交換のみでは苦しい」

グローバル・アンド・メール紙によれば、ブンツの急成長の理由は、シンプルさと現金を必要としない点にある。

現金を必要としないコミュニティを作る構想は、他にもすでにあります。
日本国内でも、都内のある建物を拠点に「物々交換のみを行う」活動も始まっています。
この他、オンラインでの物々交換コミュニティも存在します。

経済格差が広がる昨今、こういったコミュニティを必要とする人は少なからず存在します。

ただ、コミュニティ運営側としては、それ「だけ」では、運営が苦しくなるのも事実です。
モノのやりとりがタダであっても、サイト運営や管理などにコストはかかります。
善意であっても無償ですべてが済むものなどほとんどないのです。

一方で、通貨を介さないという物々交換プラットフォームの性質は、ブンツにとって最大の課題にもなっていた。通貨の交換なしには、明確な収入源となり得ないからだ。
「ユーザーに対し、仮想通貨で報酬を与えられるようにする必要がある。ユーザーが受動的にネットワークに関わることで仮想通貨を獲得し、それを仲間や業者に対して使えるようにする。これにより、これまで誰も考えつかなかったであろう、新たなモデルを作り出す余地が生まれる」

ちなみにブンツ起業当初の資金源はVCからの資金調達でした。
滑り出しは順調であっても、動かしていけばどんどんコストはかかっていきます。
「現金を介在させないサービスを」といっても、何事にもお金がかかるのが現実です。
かといって、いまさら現金を介在させるとなっては「物々交換コミュニティ」の意義が薄れる感じがしたのかもしれません。

お互いの活動をより活発に、同時に運営主体側もより安定してよりラクに運営するために、独自仮想通貨は必要なアイテムなのかもしれません。

独自仮想通貨は楽天ほか、さまざまなコミュニティで検討進む

一コミュニティで使える独自仮想通貨の発案は、日本でもすでに行われています。
銀行や企業発行の独自仮想通貨の他、先日楽天が「楽天コイン」構想の発表をおこないました。

あるいは、今回のカナダの案件も、いずれはこんなふうに「よそのコミュニティと交換OK」なものになっていくかもしれません▼

感想

感想

独自仮想通貨は、国家が発行する場合、即時決済の問題や既存システムとの兼ね合いなどがあり、誰もが心から賛成するわけではありません。
むしろ、既存システムを応用して電子マネーで済ませればいいじゃないかという意見もあります。

ただ、小さいコミュニティの場合、独自仮想通貨がかえって功を奏することになるかもしれません。
お互いの結びつきをつよめ、より経済と交流を活発化させるためには、モノとサービスと___もうひとつ、「私たちだけの通貨」という考えが目に見える形であったほうが必要なこともあります。

このようなブンツの試みは、今後、日本や他の国のコミュニティでも広がっていくかもしれません。

当サイトでは、売買に関してお勧めしているものではございません。資料としてご提供できる記事をお届けしております。ご自身でアクションを起こされる場合は、変更されているかもしれない情報を再度確認調査し、ご自身の判断での決断をお願いいたします。いかなる状況になろうとも、当サイトでは何ら責任をお取りすることはございませんことをご承知おきくださいますようお願いいたします。

【注意とお願い】無断転用・複写などされませんようお願いいたします。ご利用の場合は、当サイト名とURLのリンクを明記の上お願いいたします。

仮想通貨ニュース、勉強会等、仮想通貨情報はLINE@からお知らせ

仮想通貨まとめ公式LINE@登録方法

仮想通貨まとめ公式LINE@登録方法

スマホのLINEアプリを開き
QRコードを読み込むか、
ID検索で友だち追加をお願いします。
 
「@coinnews」← @マークを入れて検索してくださいね!
出典:http://line.me

スマホでご覧の方はこちらを直接クリックしてください

LINEをされていない方は、こちらに                 今さら聞けない仮想通貨「最新情報もお届けします」▼より、どうぞ

関連するまとめ

クラウド会計freeeが仮想通貨の確定申告サポートを発表|所得計算における問題とは

年が明け、仮想通貨投資家の多くの方は確定申告の準備に忙しいことと思います。そんな中、先日クラウド会計サービス…

鈴木まゆ子 / 7194 view

鈴木まゆ子

税理士・ライター。


2017年の1年間、仮想通貨は”投機手段”として知られるようになりました。

しかし、本来は国や組織を通さない決済手段です。

そのため、経済や金融で危機を迎えている国々においては、「安全資産」のひとつとして注目されています。

何のバックグラウンドも持たないまま、人々の信用だけで「貨幣としての価値」を認められるようになった仮想通貨。
今後どうなっていくかをじっくり見守りたいと思っています。

こちらのサイトでは、その仮想通貨をめぐる社会情勢や素朴な疑問を中心にお伝えしていきます。


Twitter: mayu_suzu8


この他、ZUU Online, マネーの達人などで税務・会計を中心に解説しております。


2017年11月20日、TOKYO FM「クロノス・プラス」にて、仮想通貨関連について解説いたしました。