仮想通貨交換業者3社を行政処分 2社は業務停止2カ月

金融庁関東財務局は4月6日、仮想通貨交換業者3社を行政処分したと発表した。処分の対象となったのは、FSHO、エターナルリンク、LastRootsの3社。

行政処分の内容とは

FSHO株式会社に対する行政処分について

FSHOへは、業務停止命令および業務改善命令が下された。同社は、法令に基づく取引時確認の未実施や、以前に発出された業務改善命令を履行していないなど、適正な業務運営が可能な体制でないと判断された。FSHOへは、3月8日にも行政処分が下されている。
6月7日まで仮想通貨交換業にかかわる全ての業務停止を命じられた。

株式会社エターナルリンクに対する行政処分について

エターナルリンクへは、業務停止命令および業務改善命令が下された。同社へは、金融庁が3月7日に立入検査を実施している。この立入検査および命令に基づく報告にて、代表取締役が利用者から預かった金銭を一時的に流用していた事実が判明したことや、法令に基づく取引時確認の未実施など、現状の経営管理態勢では適正な業務運営が可能でないと判断された。
6月5日までの業務停止と業務改善が命じられた。

株式会社LastRootに対する行政処分について

LastRootsへは、業務改善命令が下された。同社には、3月5日に金融庁が立入検査に踏み切っている。立入検査および命令に基づく報告において、内部監査の未実施など、適正な業務運営が可能な経営管理態勢や、システムリスクに関わる管理態勢が整っていないことが判明していた。

その他の交換業者

金融庁の審査を通じて十分な管理体制を構築できないと判断したみなし業者6社がすでに正式業者としての登録申請を取り下げる意向を示しており、安全にサービスを提供できる業者の選別が進んでいる。

仮想通貨交換業者の監督を強化することによってしっかりとしたシステム管理体制をとってもらいユーザーが被害に合うことが無くなるようにしてもらいたいですね✨

“もっと”詳しい情報を知りたい方はコチラに登録↓↓↓

関連するまとめ

世界初! ビットコインでラグジュアリー「限定版」CRYPTOMATIC腕時計

世界初のビットコインにはまった人が絶対欲しがるラグジュアリーな腕時計CRYPTOMATIC。しかも仕掛けが施…

仮想通貨まとめ編集部の志水 / 4794 view

仮想通貨ヲタク清水聖子

仮想通貨の第一人者、『美人過ぎる仮想通貨ヲタク』『セレブトレーダー』として特集された清水聖子が最新ニュース、爆上げコイン情報、魅力や楽しみ方、など日々細かく分析配信しています。

仮想通貨を勉強したい方も、仮想通貨乗り遅れ組もぜひ参考になると思いますので、楽しみながら読んでいただけると嬉しいです