韓国、ICO規制を緩和か!?

2107年9月 ICO規制

韓国、ICOを禁止--仮想通貨の規制を強化 - CNET Japan

韓国、ICOを禁止--仮想通貨の規制を強化 - CNET Japan

韓国の金融規制当局は、詐欺のリスクがあるとして、あらゆる形の新規仮想通貨公開(Initial Coin Offering:ICO)を禁止すると発表した。

 韓国の金融委員会(FSC)は、あらゆる形のICOを完全に禁止するとともに、デジタル通貨の信用取引も禁止すると述べた。

理由

韓国の金融規制当局によればICOは詐欺のリスクがあるとして、あらゆる形のICOを禁止するとしました。韓国金融委員会(FSC)ではICOと仮想通貨への投資が投機目的に利用されていると判断したようです。

ですがこのタイミングで変化が…

2108年3月 規制暖和

韓国のニュースサイトLive Coin Watchは韓国政府は近日中ににICOを解禁し、一定の条件付きでのトークン販売を許可すると報道しました。

~翻訳~
韓国・タイムズ、韓国日報、韓国最大の新聞の1によって設立され、ビジネスに焦点を当てた主流メディア企業は、報告された韓国政府はすぐに初期コイン供物(ICOS)にその禁止を逆転し、一定の条件付きトークンの販売を許可すること。

昨年、韓国政府は国内のICOを禁止し、地元の投資家がICOに投資することを禁止した。その結果、多くのブロックチェーンプロジェクトは、韓国をスイスのような地域に残しました。これは、暗号化ビジネスとICOプロジェクトのためのフレンドリーな規制枠組みを導入しました。

タイムスによると、韓国はICO禁止令を厳格なものにはせず、韓国人は海外のICOへ投資できる状態だった。政府は仮想通貨取引をサポートするブロックチェーンテクノロジーに興味を示し、韓国で非常に人気のある仮想通貨に対する抑制を緩めようとしている。
「金融庁局は、特定条件下での国内ICOの認可について、税務署や法務省、その他の官公庁と話し合いをしている」

機関投資家だけではなく、個人投資家への規制も緩和か

韓国では、以前にもFSCのKim Yong-beom副委員長が、「機関投資家のICO参加を許可し、完全禁止を撤回すること」を示唆したことが報じられました。

今回の報道は、機関投資家だけではなく、一般投資家のICO参加が認可される可能性があるというものであり、前回よりもICO規制の緩和の程度が拡大していると言えます。

ですが金融監督委員会(FSC)のKang Young-soo氏はこう述べています

韓国で最も重要な金融委員会である、通称「FSC」と呼ばれる機関の代表者は、

「韓国内でのICO規制については様々な憶測が飛び交っている。しかし残念ながら、今現在我々の方から皆さんにその事についてお話できる事はない。」

とコメントしている。

まだ完全に確定した情報ではないようですが、G20直前で韓国の規制は世界的に厳しすぎる基準になっていると感じているのかもしれませんね✨

この規制暖和が実現すれば韓国で仮想通貨が盛り上がる可能性がある情報です!

“もっと”詳しい情報を知りたい方はコチラに登録↓↓↓

関連するまとめ

仮想通貨ATM業者コインソース、NY州でビットライセンス取得|世界の仮想通貨ATM中…

アメリカニューヨーク州は仮想通貨規制が厳しいエリアとして知られています。その特徴の一つが、仮想通貨業ライセン…

鈴木まゆ子 / 603 view

仮想通貨ヲタク清水聖子

仮想通貨の第一人者、『美人過ぎる仮想通貨ヲタク』『セレブトレーダー』として特集された清水聖子が最新ニュース、爆上げコイン情報、魅力や楽しみ方、など日々細かく分析配信しています。

仮想通貨を勉強したい方も、仮想通貨乗り遅れ組もぜひ参考になると思いますので、楽しみながら読んでいただけると嬉しいです