仮想通貨取引所としてイギリスで初めて銀行口座を開設

コインベースとは

イギリス大手バークレイズ銀行にて開設

大手仮想通貨取引所コインベースは、欧州でのサービス拡大を目指し英国の金融当局からイーマネーライセンスを取得したと発表した。同時に、英国の大手銀バークレイズ銀行に口座を開設した。

これにより、取引所の英国の顧客が預金や引き出しが容易になり、仮想通貨の売買を容易にする。従来は、顧客がポンドをユーロに引き換え、エストニアのLHV銀行で決済していた。今後もLBVとの関係も維持していく計画。

現在イギリスでは国内で仮想通貨を銀行取引できる取引所がない状態です。

ユーザーはイギリス国外の銀行口座へ資金を送り、資金の出し入れを行わないといけないため日数がかかる上、為替リスク等も考えないといけませんでした。


今後は銀行口座を開設したことにより、イギリス国内でも取引ができるようになります✨

イギリスで電子マネー取扱い許可取得

CEOのZeeshan Feroz氏

CEOのZeeshan Feroz氏

「イギリスのFinancial Conduct Authority(FCA:金融業務行為等の規制を担う機関)による電子マネーライセンスが与えられました。この電子マネーライセンスは、規制されているほかの金融機関と同様の安全対策と運用基準を有していることを示し、私たちはイギリスを越えてEU内の23カ国に広がります」

このライセンスにより、Coinbaseは英国で電子マネーを発行し、英国以外にもEU内の23カ国に支払いサービスを提供することが可能となる。
この電子マネーライセンスは、規制されているほかの金融機関と同様の安全対策と運用基準を有していることを示し、私たちはイギリスを越えてEU内の23カ国に広がります」とも記載しています。
このライセンスにより、コインベースは電子マネーを発行しカードやインターネット、電話などによる決済サービスを提供できるとしています。

イギリスの仮想通貨市場に対して非常にスムーズな流れを作ったコインベース✨

これから更に取引が加速していくことが可能になるので今後の相場の動きに注目です!

“もっと”詳しい情報を知りたい方はコチラに登録↓↓↓

関連するまとめ

ビットコイン価値を世代交代「失業職種」「40歳定年制」食べていけますか?生き抜くPa…

消滅する仕事・職があると聞いて、関係ないと思うでしょうか。仮想通貨ビットコインの普及で現金もなくなるかもしれ…

仮想通貨まとめ編集部の志水 / 4589 view

仮想通貨ヲタク清水聖子

仮想通貨の第一人者、『美人過ぎる仮想通貨ヲタク』『セレブトレーダー』として特集された清水聖子が最新ニュース、爆上げコイン情報、魅力や楽しみ方、など日々細かく分析配信しています。

仮想通貨を勉強したい方も、仮想通貨乗り遅れ組もぜひ参考になると思いますので、楽しみながら読んでいただけると嬉しいです