大手会計事務所であるPwC(Pricewaterhouse Coopers)が、現在仮想通貨のICOで話題になる「デジタルトークン」の販売を目的とした、ブロックチェーン分析ツールを試用していると発表しました。

どういうことなのかといえば、発表の見解に間違いがなければ、

イニシャル・コイン・オファリング(ICO)で発行された「トークン」の行方を、“追跡”するためのツールを開発していることを発表したといいます。

トークンを追跡し、違法な取引に使われていないかを確かめる。

もう少し身近にしてみると、トークン(仮想通貨)の保有者を確定し追跡することも可能になるのかもしれません。

PwCが新しいブロックチェーン解析ソフトウェアをテスト中

PwC香港のパートナーであるエリック・ヤング氏によると、アジアに拠点を置く多くの企業がICOを通じた資金調達に興味を示しているという。
ICOに興味を示している企業は、業界を問わず製造業、小売業、IT業にまで広がっている。

中国は仮想通貨侵害の強化をしていますが、それぞれの管轄区域で「ICO」に関する規制がまだ不十分な状況です。そのため、多くのアジア企業は、香港とシンガポールへの移行を活用しようとしていると推測していると報じています。

ICO発行者による「トークン」流通の追跡を可能に

ヤング氏は、PwCではすでにトークンの追跡ツール開発のための特別チームが組まれ、80名以上が動員されていることを明かした。
「ブロックチェーン上で行われる取引は、取引履歴データを分析・解析することでトークンの行方を追跡することができるが、今までICOの発行者はトークンが何に使われているかなどを把握していなかった。」
トークンの追跡には、ブロックチェーン上に記録された取引履歴を分析・解析して行われる。

現在までは、仮想通貨を使用して行われたトランザクションの量をブロックチェーン元帳に記録はできますが、ICOの発行者がコインを追跡し、コインがどのように使用されているか知る方法はまだありません。

新しいアナリティクスツールを使用することで、トークンの追跡はブロックチェーン上に記録された取引履歴を分析できるというもの。

今回の追跡ツールの開発の目的は、トークンが資金洗浄に使われたり、金融制裁を課されている地域に資金が流入するのを防ぐ狙いもある。

PwC、訴訟のサポートや税金の構造化に関する助言、他法的考慮「ICO参加者の身元」

PwCの調査によると、昨年ICOで集められた資金は3500億円に上る。ICOの規模が拡大するにつれ、各国の規制に沿った資金調達方法が求められるようになっている。

例えば、顧客がデジタルトークンの流通可能性があるかないのかをより正確に予測する材料にもなりうる可能性があります。ICOを発動する企業や団体の、従業員や企業の種類によっては、特定の管轄区域に「ハイリスク」のスコアを適用する可能性もあると伝えています。

PwCは、最近数ヶ月で、訴訟のサポートと弁護士に加え、税金の構造化に関する助言に加えて、ノウハウ・クライアントやマネー・ロンダリング対策などの法的考慮を支援してICOを立ち上げる企業と協力しています。

In recent months, PwC has worked alongside companies seeking to launch ICOs through assisting with legal considerations such as know-your-client an anti-money laundering measures, in addition to support and counsel in litigations, and advise regarding tax structuring.

同社は、ICO参加者の身元確認(KYC)を強化する方針で、ICOの透明性や公平性を高める。

昨年はICOは大きな話題となり、今年はさらに大きなICOがすでになされております。そして、多くの企業がICOで資金調達計画を進めてきています。
ICOに対しての法的な制約は未だ確定はしていない国が多く、徐々に国ごとの見解を示しているところが増えてきました。
しかし、もしも国が認めるとするのであれば、このことを企業、参加する顧客がどう受け取るのかは別として、今ある不透明な部分への公的な約束ごとは市場を守る意味でも必要なことになるのかもしれません。

関連するまとめ

フィンテック サービス連動開始!メガバンク(三井住友・三菱東京UFJ・みずほ)| 地…

3メガバンクである、三井住友銀行・三菱東京UFJ銀行・みずほ銀行は、法人向けサービスでベンチャー企業と連携を…

仮想通貨まとめ編集部の志水 / 7885 view

仮想通貨まとめ編集部の志水

税理士事務所兼、マネージメント・財務・
会計・経営・人財コンサル業に
20年近く勤務してきました。

投資も含め、仮想通貨によく似たコインや
権利収入などの相談も受けてきました。

ブロックチェーンにほれ込んで
仮想通貨の世界から抜けられなくなりました。
この世界は大きく変わるものと確信し、
変革の時代に立ち合えると思っています。

数字は過去を知り、
未来を想像する材料になります。

有益な情報を共有できる
言葉の情報発信を目指しています。


サンワード貿易さん主催の
仮想通貨セミナー講師登壇満員御礼!
ありがとうございました。
新たにサンワー貿易「大阪」で6月26日開催が決定しました。

http://www.sunward-t.co.jp/seminar/2018/06/26/index.html

また、7月7日はサンワード貿易「東京」も決定。
※7月の申し込みは後日アップいたします。

仮想通貨だけではなく、投資そのものに焦点をあて、
5月末~6月より個人的に新しい講座や企画をご紹介することになりました。

お友だちだけにご案内させていただきます。
LINE@『 @megumi.shimizu 』お友だち追加もお待ちしています。