コインチェックに新たな展開! 営業再開!? ネムを盗んだ犯人判明!? | 仮想通貨まとめ

コインチェック、みずほと伊藤忠に増資交渉か!?

経営再建を目指すコインチェック社は、見込み損害額の大きさを鑑みて経営の破綻を回避し営業を再開させるために、顧客リストの提供を前提にみずほフィナンシャルグループと伊藤忠の投資部門に対して一定規模以上の増資交渉を進めていると見られ、近日中にコインチェック社の全顧客に対し預かり資産の毀損に関する補償方針を打ち出すと関係筋に説明を始めている模様です。

コインチェックの最新動向|みずほや伊藤忠と交渉の噂・新たに132人提訴等 - YouTube

出典:YouTube

2月27日コインチェック被害弁護団が総額4億円を超える訴訟を起こす会見

原告は顧客計134人と会社3社で、約2億6000万円分の仮想通貨の返還や慰謝料を含む約1億8000万円の支払いなどを求めている。

 顧客側代理人を務める二つの弁護士グループが27日にそれぞれ記者会見して明らかにした。訴状などではコインチェック社がサイバー攻撃による流出を理由に1月にサービスを停止し、売買や引き出しが出来なくなったと主張。顧客はNEMやビットコインなど計13種類の仮想通貨を同社に預けており、仮想通貨の返還や価値の下落分の支払いなどを求めている。

 同社を巡っては他にも仮想通貨の返還や賠償などを求める訴訟が相次いでいる。同社は2件の訴訟について「裁判の有無や内容は答えない」とコメントした。

そんな中着々とコインチェックは再開に向けて進んでいます

新しく2つの機能を追加

コインチェックは2つの新機能を追加しました。

レート検索機能
レバレッジポジション履歴ダウンロード機能
レート検索機能を活用することで、過去の日時の通貨ペアのレートを検索することが出来ます。

また、レバレッジポジション履歴ダウンロード機能を活用することで、過去のレバレッジポジションの履歴をCSV形式でダウンロードすることが可能となります。

どちらも確定申告などで活用することが想定されています。

新規口座開設ユーザーに向けてハガキ郵送開始

ネムを盗んだ犯人の行方は!?

仮想通貨取引所コインチェックから、約580億円相当の仮想通貨NEM(ネム)がハッカーにより盗まれた事件が、新たな展開をみせている。盗まれた大量のネムのうち数百万ネムが、ダークウェブ(極めて匿名性が高い闇サイト)経由で日本の仮想通貨取引所Zaifに送金されている可能性が出てきたのである。

セキュリティー研究者のMasafumi Negishi‏氏のTwitterコメント

公式な捜査情報が出ない限り、コインチェックから盗まれたネムなのかどうかは判断できない部分もあるが、非常に信憑性の高い情報として広まっている。
もし犯人や共犯者がZaifに正規ルートで口座を開設していたならば、数百万のネムが送金されたZaif口座の持ち主を捜査すれば、犯人が判明したも同然となる。この状況に気がついた人もおり、「どうやって口座作った?」という疑問が浮上している。

コインチェックは先に返金期日や再開日を明確にしてもらいたいですが、再開に向けての準備は着々と進んでいるようですね!

犯人も見つかる可能性も出てきているようなので、どうなっていくのか情報を見逃さず注目していきましょう!

仮想通貨ヲタクが配信する仮想通貨LABO LINE@はこちら↓↓

関連するまとめ

ドバイがデジタル通貨「emCash」を発行か|国が認める最初の仮想通貨となる可能性

アラブ首長国連邦(UAE)のうちの首長国である「ドバイ政府」が、国が管理する独自のデジタル通貨「emCash…

仮想通貨まとめ編集部の志水 / 14964 view

仮想通貨ヲタク清水聖子

仮想通貨の第一人者、『美人過ぎる仮想通貨ヲタク』『セレブトレーダー』として特集された清水聖子が最新ニュース、爆上げコイン情報、魅力や楽しみ方、など日々細かく分析配信しています。

仮想通貨を勉強したい方も、仮想通貨乗り遅れ組もぜひ参考になると思いますので、楽しみながら読んでいただけると嬉しいです