ベネズエラの国有仮想通貨ペトロ(暗号通貨)のICOは、最初のラウンドが終わり、この様子をじっくりと観察していた国があります。

トルコ(Turkcoin)とイランは、国有の独自仮想通貨(暗号通貨)を計画中なのです。

イランも自国通貨の計画

今聞くと対照的になりますが、イランの中央銀行は、仮想通貨ビットコインを合法的な入札として受け入れてはいけないと宣言しています。しかし、昨年の年末にイラン通信情報大臣がインタビューでこう述べました▼

情報通信部はすでにBitcoinを理解するために多くの研究を行っている。現在、インフラストラクチャはBitcoinを国内で実装する準備が整っています。

The Ministry of Information and Communication has already conducted numerous studies to understand Bitcoin. Currently, the infrastructure is being prepared to implement Bitcoin within the country.

イランは「今では」独自の仮想通貨(暗号通貨)を開始したいと考えています。
実は2012年にSWIFTがネットワークから国を追放。この封鎖は、2016年の原子力協定によってテヘランに対する制裁が解除されるまで計4年間続き…。イランはSWIFTシステムの依存を逃れるために代替案を検討しました。

この国は、長期間にわたり、クリプトクロスの問題と機会とリスクを扱ってきました。

The country has been dealing with the matter and the opportunities and risks of cryptocurrencies for a long time.

ベネズエラが、国の暗号通貨ペトロの第1ラウンドで7億3500万ドルをすでに集めることができたという結果から。イランもベネズエラに続く道を選んだとも見えます。

ペトロが立ち上げられてから1日後の2月21日、イランの情報通信技術省(ICT)は、イラン郵便銀行が仮想通貨発行のための取り組みを行っているとツイートした。
「郵便銀行の取締役会とのブロックチェーンに基づいたデジタル通貨についての会議において、私はこの国初めてとなるクラウドベースのデジタル通貨実装のための方策について指示を行った。」
2月21日、イラン中央銀行はイラン国内における仮想通貨の「管理と抑止」の方法について活発な検討を行っているとしていた。

トルコ「トルココイン」の計画

さらにペトロの立ち上げから2日後、トルコでも動きがあった。
民族主義者行動党(MHP)の副議長で元産業大臣のアフメト・ケナン・タンリクル氏が、「トルココイン」の立ち上げを公式に検討している。中東のアル・モニターが伝えた。

中東のアル・モニター(Al-Monitor)によると、トルコ民族運動団の副議長である、元産業大臣のAhmet Kenan Tanrikulu氏は、トルココイン「Turkcoin」と名づけられた州政府の仮想通貨(暗号通貨)を提案する報告書を作成したと報じられています。

これまでのところ、トルコはクリプトカルトに対してむしろ非友好的な姿勢をとっている。

So far, Turkey has taken a rather unfriendly attitude towards cryptocurrencies.

仮想通貨の取引は投機的な性質を持っており、政府による管理を欠くことなどの理由から、イスラム教に「適さない」と発言していました。
トルコ政府はビットコインを含む仮想通貨に対して厳しい立場を取っていましたが、

しかし、MHPのTancruluは現在、トルコは州の収入を生み出すために市場を規制し規制する法律を制定するべきだと主張している。

However, Tancrulu of the MHP now argues that Turkey should legislate to regulate and control the market in order to generate revenue for the state:

また、合法であることも語っています▼

「私達の法に仮想通貨の売買を禁ずる物がない以上、仮想通貨の使用は合法であると考えられる。また、ビットコイン採掘により通貨を作り出すことは今日のトルコにおいて犯罪行為の対象には含まれない。」

関連するまとめ

ロシア政党が仮想通貨合法化を|経済制裁の痛みか?投資やブロックチェーン開発要求

苦しめる経済制裁も要因?ロシアは、世界的に見ても仮想通貨に対して、特に厳しい規制をかけています。しかし、ロシ…

仮想通貨まとめ編集部の志水 / 3692 view

仮想通貨まとめ編集部の志水

税理士事務所兼、マネージメント・財務・
会計・経営・人財コンサル業に
20年近く勤務してきました。

投資も含め、仮想通貨によく似たコインや
権利収入などの相談も受けてきました。

ブロックチェーンにほれ込んで
仮想通貨の世界から抜けられなくなりました。
この世界は大きく変わるものと確信し、
変革の時代に立ち合えると思っています。

数字は過去を知り、
未来を想像する材料になります。

有益な情報を共有できる
言葉の情報発信を目指しています。


サンワード貿易さん主催の
仮想通貨セミナー講師登壇満員御礼!
ありがとうございました。
新たにサンワー貿易さん「大阪」で6月26日開催が決定しました。

http://www.sunward-t.co.jp/seminar/2018/06/26/index.html

また、7月7日はサンワード貿易さん「東京」も決定。

http://www.sunward-t.co.jp/seminar/2018/07/07_2/


仮想通貨だけではなく、投資そのものに焦点をあて、
8月22日より個人的に新しいサロンや講座をオープンいたします。

お友だちだけにご案内させていただきますので、
もしよろしければ
LINE@『 @megumi.shimizu 』お友だち追加もお待ちしています。