バンク・オブ・アメリカは、暗号通貨(仮想通貨)の侵害を報告

世界最大金融機関のひとつとして有名な「バンク・オブ・アメリカ」は、暗号通貨(仮想通貨)が、企業やビジネスモデルにとって“脅威”であると認めました。

今回の内容は、2月22日付けの米国証券取引委員会(SEC)へ年次提出された報告書で公開。
ノースカロライナ州シャーロットに本拠を置く銀行が、会計年度を迎える際に直面する一連の経済的、地政学的。
初めて、暗号通貨(仮想通貨)の導入が増加していたと報じられているのです。

「インターネットサービス、暗号化通貨、決済システムなどの新技術の普及は、既存の製品やサービスを変更または適応するために多額の支出を必要とする可能性がある」と米国証券取引委員会に提出した。

“The widespread adoption of new technologies, including internet services, cryptocurrencies and payment systems, could require substantial expenditures to modify or adapt our existing products and services,” America’s second-largest bank wrote in its annual filing with the Securities and Exchange Commission.

「銀行は、投機的で危険性が高いと考えられる分野、ここの例えは仮想通貨。仮想通貨事業に携わるか、商品を提供する他の市場参加者と取引することを選択する可能性があると同銀行は提出しています。

暗号通貨(仮想通貨)の規制に対する難しさ

加えて、暗号化には顧客基金の動きを追跡する上で深刻な課題が存在する可能性があることから、規制を遵守しにくい可能性があります。

Additionally, the filing also notes that cryptocurrencies may present serious challenges in regards to tracking the movement of customer funds, and thus may make it less easy to comply with regulations.

また、もう少し具体的に言えば、顧客がクレジットカードを使用して仮想通貨を購入することを禁止しています。しかし、禁止する同様のポリシーが企業顧客に負担をかける可能性があることも述べています。

先週、大手クレジットカード会社のVisaが誤ったエラーを引き起こし、 Coinbaseの顧客の購入注文が何回も複製されました。

Last week, major credit card company Visa caused an erroneous error, which duplicated Coinbase customers’ purchase orders multiple times.

「Cryptocurrency」は、年次報告書で3回言及されていますが、リスク要因に関するセクションにすべて記載されています。

”Cryptocurrency” is mentioned three times in the annual report, all in the section on risk factors.

仮想通貨(暗号通貨)と金融機関の競争上の脅威

ビットコイン含む仮想通貨の提唱者は長い間、金融機関が新しく主に分散した市場によって脅かされていると推測してきてきました。しかし、SECに対する年次報告書というかたちで記録された最初の1つになります。

実際に、外部リスクとしての暗号侵害の言及はさらに一歩前進しました.Bank of Americaは、採用の増加は、競争力を維持するために、より多くのリソース、つまり費用を費やさなければならないと述べていると述べています。

Indeed, the mention of cryptocurrency as an outside risk is taken one step further, with Bank of America stating that rising adoption would result in it having to dedicate more resources - that is, spending money - to stay competitive.

銀行の長年にわたる年次報告書のほんの一部ではありますが、これは、金融機関が大量の暗号侵害の導入がいつか現実になる可能性があることを心配し始めている最初の公開入札の1つです。

おそらく、金融機関は今までこのようなことは以前より知っていましたが、バンク・オブ・アメリカは何年にもわたって数十種類の暗号化関連特許を静かに申請してきました。
しかし、これまでのところ、銀行はこれらの技術を機能的な製品に発展させることを断念しています。
そして広く普及している仮想通貨の使用は「起こらないだろう」と公然に表明してもきました。

しかし、今のところ、バンク・オブ・アメリカや他の金融機関は、もはやクリプトカルトが脅威ではないと自覚できなくなったと認識しているようです。

Now, though, it seems as though Bank of America and other financial institutions are realizing that they can no longer pretend cryptocurrencies are not a threat.

関連するまとめ

OKWaveがビットコインによる投げ銭を導入。bitcoinで感謝の気持ちを贈れるよ…

月間3,500万人ユーザーが利用する国内最大級のQ&Aサイト『OKWave』がビットコインでチップが送れるサ…

仮想通貨まとめ編集部 / 3442 view

仮想通貨まとめ編集部の志水

税理士事務所兼、マネージメント・財務・
会計・経営・人財コンサル業に
20年近く勤務してきました。

投資も含め、仮想通貨によく似たコインや
権利収入などの相談も受けてきました。

ブロックチェーンにほれ込んで
仮想通貨の世界から抜けられなくなりました。
この世界は大きく変わるものと確信し、
変革の時代に立ち合えると思っています。

数字は過去を知り、
未来を想像する材料になります。

有益な情報を共有できる
言葉の情報発信を目指しています。


サンワード貿易さん主催の
仮想通貨セミナー講師登壇満員御礼!
ありがとうございました。
新たにサンワー貿易さん「大阪」で6月26日開催が決定しました。

http://www.sunward-t.co.jp/seminar/2018/06/26/index.html

また、7月7日はサンワード貿易さん「東京」も決定。

http://www.sunward-t.co.jp/seminar/2018/07/07_2/


仮想通貨だけではなく、投資そのものに焦点をあて、
8月22日より個人的に新しいサロンや講座をオープンいたします。

お友だちだけにご案内させていただきますので、
もしよろしければ
LINE@『 @megumi.shimizu 』お友だち追加もお待ちしています。