ICOプロジェクトは何を解決しようとしているのか?

その ICO に「投資すべきか否か?」を見極める最も重要な判断基準は、

「そのプロジェクトがどんな問題を解決しようとしているのか?」

を知ることだと考えられます。

例えば、イーサリアムは「ワールドコンピューター」の理想を掲げて ICO を行いました。

イーサリアムのブロックチェーン上で「全てのことができる。」というメッセージの元、実際イーサリアムはその通りになりました。

現在、新 ICO プロジェクトで発行される暗号通貨・トークンの多くは、イーサリアムのブロックチェーンを利用して行われています。

→「イーサリアムとはワールドコンピューターである。」

リップルであれば「銀行間取引の摩擦を無くす。」

NEM であれば「自由と平等の新しい経済圏を作る。」

など、それぞれの暗号通貨・トークンには「何かしらの問題を解決する理想」が掲げられています。

ALIS・成功したICO事例・ソーシャルメディアプラットフォームプロジェクト・ALISがどう言う形でICOを進めて行ったか(1) - YouTube

出典:YouTube

仮想通貨★SBIグループがICOを実施!爆上げの可能性が高いICOの将来性や通貨の将来性を解説 - YouTube

出典:YouTube

ICO(クラウドセール)後の計画性

ICO は「コインを販売して終わり」ではありません。

その後、ホワイトペーパーに書かれているプロジェクトが進んでいかなければ、投資して手元にあるトークンは無価値になってしまいます。

なので、そのプロジェクトチームが「どれだけの経歴を持ったプロが集まっているか?」を調べることも重要です。

全ての ICO には、公式サイトにプロジェクトメンバー人物とその経歴を載せているので、そちらもチェックしておきましょう。

プロジェクトチームはプロ集団か?

ICO は「コインを販売して終わり」ではありません。

その後、ホワイトペーパーに書かれているプロジェクトが進んでいかなければ、投資して手元にあるトークンは無価値になってしまいます。

なので、そのプロジェクトチームが「どれだけの経歴を持ったプロが集まっているか?」を調べることも重要です。

全ての ICO には、公式サイトにプロジェクトメンバー人物とその経歴を載せているので、そちらもチェックしておきましょう。

誇大広告ではないか?

その暗号通貨がもつ機能性や社会に与えるインパクト以上の価値は、その通貨にはつきません。

しかし、マーケティングによっては、そのトークンの価値を「大きく見せる」ことが可能です。

そのトークンが本当に「価値あるものなのか?」「社会を変えるほどの機能性を持っているのか?」を冷静に分析しましょう。

ホワイトペーパーを熟読する

その暗号通貨の価値を見極めるためには、やはり「ホワイトペーパーをよく読む」ことに尽きると思います。

投資するのですから、当然のことですが、意外とホワイトペーパーは読まれていません。

以前話題になった ICO のホワイトペーパーには、「このトークンには何の機能性もありません。」としっかりと明記されていたにも関わらず、多額の資金調達を成功させていたトークンも存在していました。

広告や話題性のみで投資を判断するのではなく、「どれほどの暗号通貨なのか?」は、ホワイトペーパーを熟読し、しっかりと理解してから投資を行いましょう。

【仮想通貨】イーサリアム(ethereum)の特徴 - YouTube

出典:YouTube

【仮想通貨】リップル(Ripple)の特徴 - YouTube

出典:YouTube

ICO詐欺もすごく流行っているので気をつけてください!

仮想通貨詐欺に注意! 未公開の仮想通貨は絶対に買うな! - YouTube

出典:YouTube

しっかりと事前調査をしてICO投資をする事で莫大な収益に変わる可能性を秘めているので詐欺コインなんかに騙されなようにしましょうね(≧▽≦)

仮想通貨ヲタクが配信する仮想通貨LABO LINE@はこちら↓↓

関連するまとめ

アルトコイン短期トレードにオススメ! 「トレードシグナルbot」とは?!

ビットコインの価格上昇に伴い、アルトコイン投資が注目されていますね。 アルトコインはビットコインよりもボラテ…

Rie Yamauchi / 22909 view

仮想通貨ヲタク清水聖子

仮想通貨の第一人者、『美人過ぎる仮想通貨ヲタク』『セレブトレーダー』として特集された清水聖子が最新ニュース、爆上げコイン情報、魅力や楽しみ方、など日々細かく分析配信しています。

仮想通貨を勉強したい方も、仮想通貨乗り遅れ組もぜひ参考になると思いますので、楽しみながら読んでいただけると嬉しいです