清水聖子です✨

まずは今回「Forbes」が選出した仮想通貨で注目の9社の記事をシェアします٩(๑´0`๑)۶

フォーブス「フィンテック50」仮想通貨で注目の9社がリスト入り

フォーブスは2月13日、最新の「フィンテック50」リストを発表した。投資や借り入れ、貯蓄、大手銀行のリスク管理の在り方やヘッジファンドのデータ分析・投資の方法を変えるフィンテック関連事業に携わる企業のうち、代表的な50社を選出するものだ。
さまざまなことが変化するなか、今年で3度目のリスト発表となる今回、新たにリストに入った企業が21社に上ったことは、驚くべきことではない。特に大きな注目を集める仮想通貨に関連する企業からは、9社の名前が挙がった(うち5社が初選出)。

最近のリップルの実績を紹介します

中国の決済サービス大手「連連」がリップルネットに加盟
リエンリエンがクロスボーダー決済サービスに採用するのはxCurrentとよばれる企業向け決済ソリューションで、これを今後同社が持つ1.5億人のユーザーによるクロスボーダー決済に役立てる。
リップルがサウジアラビア中銀と提携 xCurrent普及へ向け国内銀行支援
米リップル社は14日、サウジアラビア王国の中央銀行であるサウジアラビア通貨庁(SAMA)と協力して、同社のクロスボーダー決済に関する技術支援を同国の銀行に対して行うと発表した。

Rippleとの提携!で溢れてて、currentなのかrapidなのか、直近がまとめられています

リップルの今後の動きと未来予想

将来予想価格は1,000円前後!?
本格的に価格が上がるのは送金実験に成功をして、5年後くらいに社会的なインフラになった時は、流動性が上がり価値が大きく跳ね上がって1,000円〜5,000円ほどの価格に
世界のリップル(XRP)に対する動き
実は日本のリップル採用の動きよりも早く、世界の主要銀行はリップルに注目をして導入の動きを既に始めています。
リップル(XRP)はどうして金融機関から求められるのか?
世界中の銀行がリップルを採用する動きになっているのは、現状のシステムの不満が大きく、コスト削減だけではなく即時決済されるなど金融機関の救世主になる可能性があるからです。

【2月前半】仮想通貨 Ripple(リップル)の動き。2018年は... - YouTube

出典:YouTube

仮想通貨ヲタクが配信する仮想通貨LABO LINE@はこちら↓↓

関連するまとめ

年間送金2兆円規模のケンブリッジ社が国際送金にリップルを採用!

世界的な商業支払いソリューションのプロバイダーであるケンブリッジ・グローバル・ペイメント社がリップルの「xR…

仮想通貨ヲタク清水聖子 / 8813 view

仮想通貨ヲタク清水聖子

仮想通貨の第一人者、『美人過ぎる仮想通貨ヲタク』『セレブトレーダー』として特集された清水聖子が最新ニュース、爆上げコイン情報、魅力や楽しみ方、など日々細かく分析配信しています。

仮想通貨を勉強したい方も、仮想通貨乗り遅れ組もぜひ参考になると思いますので、楽しみながら読んでいただけると嬉しいです