清水聖子です✨

2017年・・・昨年の仮想通貨の動きの中でも大きな事件!と言っていいでしょう!

8月に、ビットコインがハードフォークしてビットコインキャッシュが誕生する!という出来事がありました。


すごーくすごーく簡単に言うと、

ビットコインがこの世界規模での需要の拡大に技術的にもう追いつかなくなってしまう、今の段階でももう送金詰まりで着金まで時間がかかり過ぎている。

この拡大に対応できるものに大幅に改良せねば・・・‼

という話が、いつの間にか利権がらみの話にも行きついてしまって、このままのビットコインでいく!という派閥と、分裂させて新しい道をいく!という派閥に分かれてしまい・・・


分裂させる!という派閥が誕生させたのがビットコインキャッシュ、という訳なんですね。

本当にざっくりな説明なので、用語の使い方とかが若干ちがうのは大目にみてくださいw



そのビットコインキャッシュ、今話題になっているコインチェックも、いち早く取り扱いを決定しましたね!

しかしその後・・・それは9月のこと、中国が突然、仮想通貨を全て禁止する‼‼というニュースがどんどん流れてきました。


そんな中日本では、仮想通貨の取引所は、今後金融庁の許可が必要になる!という動きがありました。

もともと2017年の4月には改正資金決済法が施行されて、日本は法整備を強めていく方向で進んでいたんです!



日本の仮想通貨ユーザーの中でもメジャーだったコインチェックが、この9月29日の時点で金融庁の許可が下りておらず・・・

当然、「あれ・・・なぜ❓」という反応になるのですが、「取り扱いのコインが多くて時間がかかっている」「2か月間は『みなし業者』ということで取引はできる状態」という説明に、「そうか、なるほど・・・」

だったのですが、その2か月間を過ぎてもコインチェックの正式な許可は下りないまま。



どうも、コインチェックでは「匿名通貨」・・・モネロ、ジーキャッシュ、ダッシュの取り扱いがあったので、それがネックになっているのでは?という噂も流れていました。




匿名通貨は、顧客の個人情報を守る✨という利点がある一方で、送り手や受け手が分からなくなり、いざというときにどうも追跡ができなくなってしまう、それは犯罪に利用されるのでは?という懸念もあったんです。



一方で金融庁の許可が下りた取引所が扱うコインの一覧は、コイン自体も正式に認められた✨という意味で「ホワイトリスト」と呼ばれています。

・・・といってもどこかにこういうリストが実際にある、というのではなく「そう呼ばれている」というものですね。


今回の「リスク」は、コインチェックでの取り扱いがあり、日本でもよく知られ、創業者自らが来日してのmeet upには多くのファンが集まって盛り上がり、 将来性も注目されていたコインのひとつ・・・だけれども、

金融庁の許可が下りた取引所では扱われていなかったので、ホワイトリストには入っていない状態でした。

コインチェックへの金融庁の正式な許可は下りず・・・

これだけ日本で仮想通貨が広まっていき、アルトコインへも関心が高まっていて・・・

ビットコインキャッシュ以来新たな取り扱いが日本では増えない!というのもなんだかちょっと不自然な状態で・・・

そんな中でも、税金はきちんと取るということだからきっちりしておこう、という認識も広まり・・・

アルトコインがもっと取り扱いできるよう、もう少しスピード上げて法整備も進めていくのかと思いきや・・・

新しくホワイトリスト入りするコインも、まったくなかったわけでもないけれども、大きな動きはなく・・・

こう考えてみると、ここ最近・・・9月以降は、日本はどっちつかずの、非常に曖昧な立場だった、と言えるかもしれませんね。。




で、ここに来てのコインチェックの事件です。

コインチェックのセキュリティの甘さ・・・金融庁が全く何も知らなかった、とも考えにくいですよね。

匿名通貨も、本当はチェックを入れたかったところかもしれませんね。

いや、コインの話に限らず・・・金融庁は日本の仮想通貨市場に対して、どこまでがOKでどこまでがNGなのかの線引きが難しくなります・・・



どう既存のユーザーの理解を得られるようにその辺りを決めていくのか❓


難しい対応を迫られていて、100%、これでいけばOK✨という案もなかなか出せず・・・というところだったのではないでしょうか?


・・・あ、こちらは「関係者のAさんかから話を聞きました」、とかそういった話ではないので、念のため。

日々いろんな情報をあちこちから取り入れている私が、そう推測している・・・というまでのお話です。


政治とかもすごく詳しい訳ではありません。

ただ、仮想通貨に限ってみた場合は、こうかな~・・・と思ってのお話です。

今後、政治ネタ解説とかのリクエストが来ても、戸惑うだけなのであらかじめそこは言っておこう。





が、確実なのは・・・!

仮想通貨「すべての取引所を緊急調査」麻生副総理・金融相

仮想通貨「すべての取引所を緊急調査」麻生副総理・金融相 NHKニュース - YouTube

出典:YouTube

「麻生副総理兼金融担当大臣は閣議のあとの会見で「システムの管理体制を強化する必要がある」と述べ、ほかのすべての取引所に対し緊急の調査を行うなどしてセキュリティー対策を徹底していく考えを示しました。




事件が起きたからこそ、こうしたことは言いやすい、実施しやすくはなりましたよね。

いや、むしろしないとダメでしょう‼‼‼ ということになりますよね、当然。



で、OKなものはOK!!NGなものはNG!!と今後はっきり言っていく、もっと法整備をしていくことになるんじゃないかな?と思います。


決して全てにNGを突き付けるのではなく、そうすることによって、今回のLISK上場のような「OKなものはOK」ということはどんどん動いていくんじゃないかな、と思っています。



皆さんの関心はこちらも高いですね⤴⤴⤴

LINE 仮想通貨事業に参入へ

途中、「匿名通貨は犯罪に使われる可能性も・・・」なんてことも書きましたが、でもそれぞれのコインが、それぞれ素晴らしい特徴を持っているんです✨

・・・まあ、よく分からないコインもたくさんあるのは否めませんが・・・

でもそういうコインは遅かれ早かれ姿を消すのがこの仮想通貨市場ですからね。






コインチェックの事件、もしかしたら、盗まれたのがNEMでまだよかった、追跡ができるコインだったのが幸いした、他のコインだったらどうなっていたことか・・・という面も、無きにしも非ずですよね。


いやいや、セキュリティが甘いのは絶対によくないし、一番悪いのは間違いなく犯人ですけどね。


匿名通貨も、この事件をきっかけに、これまでの「プライバシーが守られる」というメリットがありつつも、犯罪には絶対に使われない、何かあったときも最悪な事態にはならないようなものに、どんどんいいものになっていって欲しいなと思います。


ただ、安全性が保障できないと金融庁から判断された場合は、何かしらの動きがないとも限りませんね・・・

その辺りもちょっと注意してみておいたほうがいいかもしれません。





そして今後、「ホワイトリスト」にもどんどん動きが出て来るかもしれませんよね・・・

実際に、日本への動きを見せているコインや、日本人が関連しているコインもありますし、

そうでなくても魅力的なアルトコインはたくさんある訳ですからね✨





この事件で、仮想通貨・・・と言われてもこれまでピンとこなかったけど、「ああ、あのコインチェックの事件の仮想通貨のことね」とその存在感は高まったのもまた事実。



で、「あんな事件が起きたのに、どうしてこれだけ大きな企業がどんどん採用していくんだろう?」と疑問に思い関心を持つ人は、間違いなく増えていくでしょうね。




そうしたとき、どうなるのか・・・?



そう・・・


ただ、「仮想通貨は儲かるーーー!」だなんて話にとどまらない、



「仮想通貨って、いったいなんなのか?」

「どういうところからスタートしているのか?」

「これからどうなるのか?」

「本当のところ、何を目指しているのか?」

「どうしてこんな価格変動が起きるのか?」

「そのうえでどう向き合うのか?取り入れていくのか?」

「ビットコイン以外にもどんなコインがあるのか?」




そういうことを、きちんと、分かりやすく説明できる人が・・・

「あの人の話を聞くと、なるほどーーー!ってちゃんと納得できるから✨」という人が・・・




きっと、もっともっと、必要とされてくると思うんですよね・・・



ということで、これから仮想通貨の最先端情報を勉強していくために、学ぼうとしている勉強熱心なあなたのために、仮想通貨Laboをご紹介したいと思います。

仮想通貨ヲタクが配信する仮想通貨LABO LINE@はこちら↓↓

関連するまとめ

日銀黒田総裁ちゅうちょなく「マイナス金利 引き下げの余地ある」国民のデメリット懸念

日銀の黒田総裁は13日にニューヨークで講演し、「マイナス金利をさらに引き下げる余地はある」 ちゅうちょなく追…

仮想通貨まとめ編集部の志水 / 2674 view

関連するキーワード

仮想通貨ヲタク清水聖子

仮想通貨の第一人者、『美人過ぎる仮想通貨ヲタク』『セレブトレーダー』として特集された清水聖子が最新ニュース、爆上げコイン情報、魅力や楽しみ方、など日々細かく分析配信しています。

仮想通貨を勉強したい方も、仮想通貨乗り遅れ組もぜひ参考になると思いますので、楽しみながら読んでいただけると嬉しいです