コインチェック、13日にも日本円出金再開へ|金融庁検査一巡か

コインチェック、13日にも日本円出金再開へ|金融庁検査一巡か

金融庁の立ち入り検査が行われているコインチェック。
本日、「13日にも日本円出金を再開する」方針を固めた旨が明らかになりました。
ただ、その一方、他の仮想通貨の入出金などについては情報がありません。

大手取引所の「コインチェック」では、先月26日、外部からの不正なアクセスで580億円相当のNEMと呼ばれる仮想通貨が流出しました。
これを受けて会社は、顧客から預かっている「日本円」と「仮想通貨」の引き出しや、ビットコインを除く仮想通貨の売買を停止し、原因の究明やシステムの安全確認などを進めています。
こうした中、関係者によりますと、「日本円」の引き出しについてはシステムの安全性が確保できたとして、来週13日にも再開する方針を固めました。

参考:コインチェック事件に関する過去記事

盗難NEMの日本円補償に不服→「被害者の会」結成、訴訟も検討

上記リンクを見ていただければ分かりますが、コインチェックでのハッキングにより盗まれたNEMに関しては、日本円で補償することが会社側から通知がなされています。
ただ、これに納得のいかない一部の投資家は「被害者の会」を結成、専門家と相談し、訴訟を視野に入れている模様です。

仮想通貨NEM(ネム)580億円分が取引所コインチェック(東京都渋谷区)から不正流出した問題を受け、利用者ら約40人が3日、東京都内に集まり、対応を協議した。参加者は「被害者団体」を設立することで一致。訴訟も視野に会社に対応を求めることを決めた。
「なぜ当たり前のように日本円で返すのか。NEMで返却するのが筋だ」
訴訟の根拠は「コインチェックの利用規約」

訴訟の根拠は「コインチェックの利用規約」

1NEMあたり88円相当で戻ってくるならまあいいか…と思う投資家も少なくない中、
どうしてもNEMで戻してほしいという投資家は被害者の会結成後、弁護士に相談。
すると、弁護士側からは「今回の対応は利用規約に違反している」という旨の回答が得られたとのことです。

男性の相談を受ける勝部泰之弁護士は、コインチェックが登録ユーザーとの権利義務関係を規定した「利用規約」(2017年7月31日付)の書きぶりに注目している。
利用規約8条3項は「当社(コインチェック)は、登録ユーザーの要求により、当社所定の方法に従い、ユーザー口座からの金銭の払戻し又は仮想通貨の送信に応じます」と規定。一方、今回の日本円による補償を認めるような趣旨の条文は、利用規約の中に見当たらない。
勝部弁護士は「取引所のリスク分散のために、『仮想通貨での返還が困難な場合には当社指定の返還方法による』などという趣旨の条文があれば、今回の日本円による補償もやむを得ないと評価できるが、そのような規定はない」と指摘する。

つまり、利用規約の不備により、今回の日本円での補償対応は債務不履行に該当すると判断。よって訴訟もあり得るという見解です。

「返還するNEMがなく、履行不能となった段階で初めて日本円による賠償となるのが筋だ。対応が一方的すぎる」
まとめ

まとめ

コインチェック事件の影響については、金融庁の立ち入り検査が終ったとしてもしばらく長引きそうです。
今回の事件における今後の課題は次のようなものがあげられます。

・資産管理(コールドウォレット保管の遵守)
・情報開示(特に資産状況などを含めた財務状況の開示)
・役員など幹部層への金融業界専門家の招致(他の取引所のCEOは金融畑出身者が多い)
・利用規約などの見なおし

これ以外にも多々ありますが、仮想通貨は「金融商品」ではないとはいえ、それと同等の法令順守が必要となります。

一方、投資家側にも

・リスク分散
・課税(賠償金はこの場合、課税対象となる目算が強い)

が今後のテーマとなります。

ニュースの動向に一喜一憂するのではなく、さまざまなパターンを想定し、対応を自分自身で考え、決めていくことが必要です。

当サイトでは、売買に関してお勧めしているものではございません。資料としてご提供できる記事をお届けしております。ご自身でアクションを起こされる場合は、変更されているかもしれない情報を再度確認調査し、ご自身の判断での決断をお願いいたします。いかなる状況になろうとも、当サイトでは何ら責任をお取りすることはございませんことをご承知おきくださいますようお願いいたします。

【注意とお願い】無断転用・複写などされませんようお願いいたします。ご利用の場合は、当サイト名とURLのリンクを明記の上お願いいたします。

仮想通貨ニュース、勉強会等、仮想通貨情報はLINE@からお知らせ

仮想通貨まとめ公式LINE@登録方法

仮想通貨まとめ公式LINE@登録方法

スマホのLINEアプリを開き
QRコードを読み込むか、
ID検索で友だち追加をお願いします。
 
「@coinnews」← @マークを入れて検索してくださいね!
出典:http://line.me

スマホでご覧の方はこちらを直接クリックしてください

LINEをされていない方は、こちらに                 今さら聞けない仮想通貨「最新情報もお届けします」▼より、どうぞ

関連するまとめ

「ビットコインETFは当面ありえない」Bloomberg上級ETFアナリスト語る|仮…

「ビットコインETFが通るかも」という噂に反し、Bloombergの上級ETFアナリストは「ビットコインET…

鈴木まゆ子 / 1574 view

鈴木まゆ子

税理士・ライター。


2017年の1年間、仮想通貨は”投機手段”として知られるようになりました。

しかし、本来は国や組織を通さない決済手段です。

そのため、経済や金融で危機を迎えている国々においては、「安全資産」のひとつとして注目されています。

何のバックグラウンドも持たないまま、人々の信用だけで「貨幣としての価値」を認められるようになった仮想通貨。
今後どうなっていくかをじっくり見守りたいと思っています。

こちらのサイトでは、その仮想通貨をめぐる社会情勢や素朴な疑問を中心にお伝えしていきます。


Twitter: mayu_suzu8


この他、ZUU Online, マネーの達人などで税務・会計を中心に解説しております。


2017年11月20日、TOKYO FM「クロノス・プラス」にて、仮想通貨関連について解説いたしました。