ICOについては、まだ各国でその規制体系が決まっておらず、世界的に不安定な状況下での実施を余儀なくされていますが、当社では、いち早くこれを制度上のビジネスモデルとして位置づけることで、ICOの規制上の取扱いを明確化し、世界のICO実務をリードしてまいる所存です。

今後を考えると、改革を強化し、必要な規則にあわせた構造やポリシー導入など、
COMSAは暗号化交換ができるビジネスに
変更する必要性に着手したという流れのようす。

COMSAのワンストップソリューションは、ICOキャンペーンやブロックチェーン技術の実装、専門知識を提供しサポート。また企業や顧客がトークンを販売したり、資産をトークン化するなど、資金調達もできるプラットフォーム。

しかし善悪両面の顔をもつイメージが残っているICOは、正しくそして安心して法からはみ出さない取り扱いを行っていくための準備を整えておく必要がでてきています。
日本でのICOがこれからどうなるのか。世界との温度差、ユーザとの不和音をどううめるのか、それほど待たずに報じられるかもしれませんね。

当サイトでは、売買に関してお勧めしているものではございません。資料としてご提供できる記事をお届けしております。ご自身でアクションを起こされる場合は、変更されているかもしれない情報を再度確認調査し、ご自身の判断での決断をお願いいたします。いかなる状況になろうとも、当サイトでは何ら責任をお取りすることはございませんことをご承知おきくださいますようお願いいたします。

現在審査中とされる15社

みんなのビットコイン・Payward Japan・バイクリメンツ
CAMPFIRE・東京ゲートウェイ・LastRoots・deBit
エターナルリンク・FSHO・来夢・ビットステーション・ブルードリームジャパン
ミスターエクスチェンジ・BMEX・bitExpress

仮想通貨ニュース、勉強会等、仮想通貨情報はLINE@からお知らせ

仮想通貨まとめ公式LINE@登録方法

仮想通貨まとめ公式LINE@登録方法

スマホのLINEアプリを開き
QRコードを読み込むか、
ID検索で友だち追加をお願いします。
 
「@coinnews」← @マークを入れて検索してくださいね!
出典:http://line.me

スマホでご覧の方はこちらを直接クリックしてください

LINEをされていない方は、こちらに                 今さら聞けない仮想通貨「最新情報もお届けします」▼より、どうぞ

関連するまとめ

仮想通貨ビットコイン来年15,000ドル予測|チューリップの再来かバブルなのか

関係の報道はほとんどが、仮想通貨ビットコインの価格が最高値について、そして今後を予測する内容が多く取り上げら…

仮想通貨まとめ編集部の志水 / 11066 view

仮想通貨まとめ編集部の志水

税理士事務所兼、マネージメント・財務・
会計・経営・人財コンサル業に
20年近く勤務してきました。

投資も含め、仮想通貨によく似たコインや
権利収入などの相談も受けてきました。

ブロックチェーンにほれ込んで
仮想通貨の世界から抜けられなくなりました。
この世界は大きく変わるものと確信し、
変革の時代に立ち合えると思っています。

数字は過去を知り、
未来を想像する材料になります。

有益な情報を共有できる
言葉の情報発信を目指しています。


サンワード貿易さん主催の
仮想通貨セミナー講師登壇満員御礼!
ありがとうございました。
新たにサンワー貿易「大阪」で6月26日開催が決定しました。

http://www.sunward-t.co.jp/seminar/2018/06/26/index.html

また、7月7日はサンワード貿易「東京」も決定。
※7月の申し込みは後日アップいたします。

仮想通貨だけではなく、投資そのものに焦点をあて、
5月末~6月より個人的に新しい講座や企画をご紹介することになりました。

お友だちだけにご案内させていただきます。
LINE@『 @megumi.shimizu 』お友だち追加もお待ちしています。