仮想通貨「2月4日ランキング」

※順位も価格も時間により変動いたしますため、
最新から動いている可能性がございますことをご承知おきください。

ほとんどが変わりない状況ですが、NEMの流出事件も多少関係している部分は、王道といわれる仮想通貨に少し動いている数字になっています。
イーサリアム19.19%→21%になっており、静かに増えている状況です。
今年はICOの案件も多いことから、参加予定の方はイーサリアムの保留もあるのかもしれませんね。

全体的に下落していたために戻してきている状況です。しかし、ビットコイン他、下落幅が大きい仮想通貨はまだキズが癒えたとはいいがたい状況です。
その中でも順調にあげているのは、以前もご紹介したLISK(リスク)▼

Liskの価格は、8月には一桁台の低水準から始まり、10代と20ドル台までに進んでいます。
昨日2月2日、LiskはHuobi.proの取引所に上場を発表し、LSKのトークン所有者はBTCとETHとの取引を可能にした。Huobiの上場が発表された直後、coinmarketcap.comによると、価格は16.08ドルから23.42ドルに戻った。

Yesterday, Feb. 2, Lisk announced its listing on the Huobi.pro exchange, allowing LSK token holders to trade against BTC and ETH. Shortly after the Huobi listing was announced, the price shot back up from $16.08 to $23.42, according to coinmarketcap.com.

Liskの創設者兼最高経営責任者(CEO)が、伝えているされている言葉。それは、「私たちのプラットフォームの地位を向上させ、そして誰もがブロックチェーン技術をより使いやすくするイノベーションを可能にするという野望を強化します」ということです。
「誰もが使える」というのは、ユーザーがJavaScriptのメインストリーム言語を使用して、「ゼロ」からアプリケーションを開発できるからです。

分散プラットフォームにより、Liskブロックチェーン上のサイドチェーンの展開、配布、および収益化が可能になります。

ビットコインをはじめとする仮想通貨に悲観的な見方

「バブルは毎回違った顔でやってくる」「素人が相場に入ってきた時が、相場の終わり」「専門家らしき人が値上がりを正当化する理論を唱え出したときが一番危ない」。 
著書『アフター・ビットコイン』などを通じて仮想通貨をめぐる実態に警鐘を鳴らしてきた中島真志・麗澤大学教授は、昨今の状況について「これをバブルと言わずに何をバブルと言うのかという感じだ」と話す。

日本では仮想通貨の本が山のように並べられ、取引を見ていると諸外国よりも円での取引が全体の3〜4割と突出しています。

 さらに中島氏は、ビットコインにまつわる幾つかの数字を例に取り、仮想通貨の将来に悲観的な見方を示す。
「1%の人が全体の90%のビットコインを保有するという、非常に寡占状態。取引量にも上限があり、意外に脆弱なシステム。1秒間に世界で7件しか取引できないので、あっという間にパンクしてしまう。
本来はビットコインでコーヒーを飲んだりしてはいけない。また、ビットコインのウォレットがどのように使われているかを分析した論文によると、小口の決済に使っている人は2%くらいしかおらず、値上がり期待で買っている人が多かった」。

ビットコインが世に知られるまでの時間があります。まだ価値がないと思い粗末に扱われていたことも無いとはいえません。パソコンの中に入れたままパソコン買い換えで機器ごと捨ててしまった人。ウォレットを復元できない、パスワードの管理もしておらず、自分の仮想通貨と再開することができないと考えられます。
最初の頃で保有していて仮想通貨そのものを紛失下型も見ています。ゆえに現実にはお金にすることができない紛失組がかなり含まれているかもしれません。

 「今年は仮想通貨にとって”バッドニュースの年”になるのではないかと思っている」と話す中島氏。
今年はすでに流出事件も起きたし、規制も強化されるだろう。

「仮想通貨」富へ羽ばたく

関連するまとめ

仮想通貨ランキング2017.12.24|ビットコイン大暴落はリーマンショックを超える

仮想通貨ランキングですが、市場の大きな変動がありましたね。1週間の間に、上位20位の仮想通貨(暗号通貨)が急…

仮想通貨まとめ編集部の志水 / 22544 view

仮想通貨まとめ編集部の志水

税理士事務所兼、マネージメント・財務・
会計・経営・人財コンサル業に
20年近く勤務してきました。

投資も含め、仮想通貨によく似たコインや
権利収入などの相談も受けてきました。

ブロックチェーンにほれ込んで
仮想通貨の世界から抜けられなくなりました。
この世界は大きく変わるものと確信し、
変革の時代に立ち合えると思っています。

数字は過去を知り、
未来を想像する材料になります。

有益な情報を共有できる
言葉の情報発信を目指しています。


サンワード貿易さん主催の
仮想通貨セミナー講師登壇満員御礼!
ありがとうございました。
新たにサンワー貿易さん「大阪」で6月26日開催が決定しました。

http://www.sunward-t.co.jp/seminar/2018/06/26/index.html

また、7月7日はサンワード貿易さん「東京」も決定。

http://www.sunward-t.co.jp/seminar/2018/07/07_2/


仮想通貨だけではなく、投資そのものに焦点をあて、
8月22日より個人的に新しいサロンや講座をオープンいたします。

お友だちだけにご案内させていただきますので、
もしよろしければ
LINE@『 @megumi.shimizu 』お友だち追加もお待ちしています。