Facebookが「仮想通貨(暗号通貨)・ICO・バイナリーオプション」広告を禁止

米フェイスブックは30日、仮想通貨や同通貨の技術を使った資金調達(ICO)に関する広告を全世界で禁止すると発表した。

米Facebook(フェイスブック)だけではなく、フェイスブックの広告ネットワーク「Audience Network」や同社が運営するインスタグラム上も同様の処置になります。仮想通貨(暗号通貨)やICO他、バイナリーオプションに関する広告が対象。

今日(米国時間1/30)投稿されたFacebookのプロダクト・マネジメント・ディレクター、Rob Leathernのブログ記事によれば、
この禁止について新規約は「このようなプロダクトやサービスは誤解を招き、あるいは虚偽を含む行為と頻繁に関連している」と明示している。
これら商品にかかわる広告は「多くが現時点で誠実に運営されていない」との理由だ。

何社も同様にFacebookの対応について報じていますが、「完全禁止」なのか「推進する広告は禁止」なのか、表現は統一されていないようです。

追加されたポリシー内容を見ると、推進する「誤解される表現」の広告が禁止であり、「仮想通貨(暗号通貨)、ICO,バイナリーオプション」のそのものが完全禁止なのか判断に迷う表現にとどめている様子。

広告ポリシーの禁止コンテンツ内容▼

https://www.facebook.com/policies/ads/prohibited_content/prohibited_financial_products_and_services#

例にあげられている表現は、

「世界の誰にでも即座に支払いを行うことができる、リスクのない暗号化の詳細については、こちらをクリックしてください。

などが、あげられています。

また、他にも例題とは別に日本経済新聞があげている事例として

広告の例文も示しており例えば「退職金で(仮想通貨の)ビットコインを買おう」といった表現の広告も禁止対象となる。
「リスクが無く、世界の誰にでも瞬時に支払いができる仮想通貨についてもっと知りたい人はここをクリック」といった広告も掲載を禁じる。

どこまでが禁止なのか、一時期なのか、「広範囲」となっているのは

「誤解を招いたり人を欺くプロモーション手法」を検知するために意図的に広い範囲の設定としたという。

「広告掲載」についての発表した理由

Bitcoin、Litecoin、Ethereumのような暗号通貨、また暗号通貨を利用したICOは休息にメインストリームの地位を獲得したが、同時に多数のインチキや詐欺行為も生んでいる。
Leathernはブログに「〔暗号通貨に関連した〕各種のプロダクトやサービスを人々が発見し、学ぶことを望む」としながら、

Leathern=Facebookのプロダクト・マネジメント・ディレクター、Rob Leathern

「しかし現在、暗号通貨、バイナリーオプション、ICOに関連して運用が不誠実なプロダクトのプロモーションが存在する」と書いている。

全面禁止なのか、一部の強制になるのか

関連するまとめ

仮想通貨法の施行で日本が「市場43%」を占める|ビットコインの行方“価格”は上がるの…

世界中が見守る中、仮想通貨の法案が施行された日本。直後から価格は上昇していきました。すでに、日本の為替市場は…

仮想通貨まとめ編集部の志水 / 8991 view

関連するキーワード

仮想通貨まとめ編集部の志水

税理士事務所兼、マネージメント・財務・
会計・経営・人財コンサル業に
20年近く勤務してきました。

投資も含め、仮想通貨によく似たコインや
権利収入などの相談も受けてきました。

数字は過去を知り、
未来を想像する材料になります。

有益な情報を共有できる
言葉の情報発信を目指しています。


2018年3月3日 場所:札幌でセミナーで登壇したします。
ご都合があいましたら、ぜひご参加ください。初心者さんの中の初心者さんむきです。

http://www.sunward-t.co.jp/seminar/2018/03/03_3/index.html