Weiss Ratingsシステムは1971年に設立され、今日では55,000を超える機関と投資を評価しています。

The Weiss Ratings system was founded in 1971 and today they assess over 55,000 institutions and investments.

残念ながら格付け70種類全ての暗号通貨を確認することはできないため、全部見るためには購読費を払う必要があるようです。
しかしビットコインやイーサリアム以外の他の仮想通貨(暗号通貨)評価を公開しているサイトからご紹介いたします。

仮想通貨:今回の格付け基準

A=”Excellent”、B=”Good”、C=“Fair”、D=”weak”、E=”very weak”となっている。

これには、「価格リスク、報酬の可能性、ブロックチェーンの採用、セキュリティ、その他の要因」が含まれています。

同社の格付けは、従来のAAAからCを用いた格付けと異なり、たとえBであっても投機的要素の強い銘柄を意味することはないと主張する。

先にお伝えする必要があるのは、今回の格付け発表で「A」だった仮想通貨はありませんでした。しかし、▼

他の機関の仕組みでは、Bは「ジャンク」であり、Cはほぼ失敗を意味します。一方、Weiss RatingsのBは「Good」であり、Cは「Fair」です。Dでない限り、「Weak」を意味することはありません。
したがって、暗号通貨の投資家は「A」を求めずとも、「B」や「B-」も購入するに値すると考えてください。同時に、「C」であったとしても、過度に警戒する必要はありません。充分に合格点です。

仮想通貨ビットコイン「A」評価にならなかった理由

同社の評価基準に従えば、ブランドや採用力の面では文句なしの「A」だと釈明。
しかし、ガバナンス体制やエネルギー消費、現在直面しているスケーラビリティなどの弱点を加味すると、マイナス評価とならざるをえないと述べている。

ネットワークが経験するボトルネックは、送金に関する遅延や高い取引手数料を引き起こします。このためブランド力がよくても、総合スコアが低下します。リスク指数と技術指数では不十分。

これらの一方または両方のメトリックが改善されるとすぐに、ビットコインのアップグレードが可能になります。

ビットコイン以外の仮想通貨「格付け」

有料の格付け評価ですが、下記の写真は気になる評価が記されています。イーサリアムと同様のB評価が見られます。

Bitcoinが「C+」、Ethereumが「B」と下克上が起こった上、Steemが「B-」とBitcoinを上回る結果になった点が興味深い。

Ethereumについては、アップグレードが容易なテクノロジベースのメリット、また2番目に広く採用されたデジタル通貨であるという評価点。しかし、Ethereumネットワークはいくつかのボトルネックを経験しているため、今後影響してくるのではないかと伝えられています。

他にCardanoが「B-」、EOSが「B」評価となっています。今回の格付けの影響か、昨日、Cardanoは価格上昇していたようです。

また、Rippleの格付けについては、Bitcoinと同様ファンダメンタルズだけを見れば「A」であるものの、ボラティリティに起因する度重なるクラッシュがマイナス評価となったようだ。また、開発体制とアセットのディストリビューションが中央管理されており、コストが重くなる点も挙げられた。

リップルについては格付けが「C」

このため、ブログではSNSなどで、ビットコイン他、リップルに対する評価に対して多くの批判が殺到したことが明かされているようです。

関連するまとめ

中央銀行が終わる日?! ビットコインと通貨の未来!

日銀によるマイナス金利にとまどいが広がるなか、ビットコインに代表される仮想通貨に改めて注目が集まっていますね…

Rie Yamauchi / 3142 view

仮想通貨まとめ編集部の志水

税理士事務所兼、マネージメント・財務・
会計・経営・人財コンサル業に
20年近く勤務してきました。

投資も含め、仮想通貨によく似たコインや
権利収入などの相談も受けてきました。

ブロックチェーンにほれ込んで
仮想通貨の世界から抜けられなくなりました。
この世界は大きく変わるものと確信し、
変革の時代に立ち合えると思っています。

数字は過去を知り、
未来を想像する材料になります。

有益な情報を共有できる
言葉の情報発信を目指しています。


サンワード貿易さん主催の
仮想通貨セミナー講師登壇満員御礼!
ありがとうございました。

仮想通貨だけではなく、投資そのものに焦点をあて、
4月より個人的に新しい講座や企画をご紹介することになりました。

お友だちだけにご案内させていただきます。
LINE@『 @megumi.shimizu 』お友だち追加もお待ちしています。