カジノにビットコインATM販売計画浮上|規制当局を説得し、計画発表企業の株価60%上昇 | 仮想通貨まとめ
アフリカの精製石油企業がビットコインATM販売計画を発表

アフリカの精製石油企業がビットコインATM販売計画を発表

仮想通貨にNOを突き付ける中東。
そんな中、とあるアフリカの石油企業がビットコインATMをカジノに販売する計画を発表しました。

1月23日(火)、アフリカで石油の精製を営む『Chiron Refineries LTD』(以下:Chiron)が暗号通貨市場に進出すると発表し、株価が60%近く上昇した。
『Crypto Technologies Ltd』は「エンドユーザーが迅速かつ安全に暗号通貨を売買することができ、アメリカの保険企業が保証するユニークな技術」を開発したとのこと。
同社の主な製品はモバイルタブレットをビットコインATMとして利用することができるアプリであるようだ。このアプリは2018年4月にはリリースのための準備が整うことになっている。
Chrionは仮想通貨規制の厳しいイスラエルの証券取引所上場企業

Chrionは仮想通貨規制の厳しいイスラエルの証券取引所上場企業

これ、一見すると「だから何?」な報道です。
ただ、気になるのがChrionという石油企業がテルアビブ証券取引所に上場している企業であるということ。

テルアビブはイスラエル国内にあります。
イスラエルと言えば、年明け、「仮想通貨は通貨ではない」と一連の仮想通貨投資への警告を発し、同時に独自仮想通貨の導入をも検討している国家です。
その仮装通貨に厳しいイスラエルに上場しながらの仮想通貨事業への参入。

このように、、国の規制があろうとも仮想通貨事業に算入しようとする企業は、他の上場企業にも動きがあるのだとか。

Chironの規制当局の懸念対策とは

Chironは、規制当局の懸念を緩和するために、ユーザーインターフェースとAPIを介した取引アルゴリズムを開発および追加した。予定している地域において、暗号通貨に関する法的な規制は確認されておらず、このアプリ自体はビットコインを保持したり採掘したりすることはない。
さらに同社は、この製品の潜在的な顧客は個人ではなくカジノのような事業体だと説明した。
「一般市民を巻き込むことがない」「安全性重視」であることをアピール

「一般市民を巻き込むことがない」「安全性重視」であることをアピール

上記内容から、安全性と一般市民を巻き込まない仕組みであることをアピールしていることがうかがえます。

「カジノならいいの?」という声も聞こえそうですが…

カジノは他の投資と違い、完全投機の場です。
儲かることもありますが、それこそ不確実性しかないので(ルーレットの良しあしで決まるわけではない)、失うことも参加者は織り込み済み、完全自己責任の世界です。

だからこそ、「ここなら仮想通貨をやってもいいよ」となったのかもしれません。

カジノと仮想通貨は好相性

カジノと仮想通貨は割と相性がいいのです。
「どっちも投機だから」ではなく、一般にカジノで熱狂している顧客は「今すぐお金が欲しい!」のです。
でも、普通の銀行送金なんて待っていられません。
また、現金を常に持ち合わせているわけでもありません。

そんなとき、「即時決済OK」な仮想通貨はとても都合がいいのです。

すでに仮想通貨決済OKなオンラインカジノもあります↓↓↓

カジノ法案のある日本はどうなる?

カジノ法案のある日本はどうなる?

2016年12月、日本ではカジノ法案(カジノを含めた統合型リゾートの整備を政府に促す法律(IR推進法))が成立しました。
具体的な内容については未確定で不明瞭な部分が多いものの、実際にカジノオープンになるのは2025年ごろではないかという噂が流れています。

日本でももしカジノが合法的にできるようになったら、今は一部の飲食店などに限られている仮想通貨ATMがもっと増加されるのかもしれません。

当サイトでは、売買に関してお勧めしているものではございません。資料としてご提供できる記事をお届けしております。ご自身でアクションを起こされる場合は、変更されているかもしれない情報を再度確認調査し、ご自身の判断での決断をお願いいたします。いかなる状況になろうとも、当サイトでは何ら責任をお取りすることはございませんことをご承知おきくださいますようお願いいたします。

【注意とお願い】無断転用・複写などされませんようお願いいたします。ご利用の場合は、当サイト名とURLのリンクを明記の上お願いいたします。

仮想通貨ニュース、勉強会等、仮想通貨情報はLINE@からお知らせ

仮想通貨まとめ公式LINE@登録方法

仮想通貨まとめ公式LINE@登録方法

スマホのLINEアプリを開き
QRコードを読み込むか、
ID検索で友だち追加をお願いします。
 
「@coinnews」← @マークを入れて検索してくださいね!
出典:http://line.me

スマホでご覧の方はこちらを直接クリックしてください

LINEをされていない方は、こちらに                 今さら聞けない仮想通貨「最新情報もお届けします」▼より、どうぞ

関連するまとめ

仮想通貨広告禁止のGoogle、Twitter、Facebookに対し5月集団訴訟へ…

仮想通貨(暗号通貨)広告を禁止するインターネット企業であるGoogle(グーグル)、Twitter、Face…

仮想通貨まとめ編集部の志水 / 7259 view

鈴木まゆ子

税理士・ライター。


2017年の1年間、仮想通貨は”投機手段”として知られるようになりました。

しかし、本来は国や組織を通さない決済手段です。

そのため、経済や金融で危機を迎えている国々においては、「安全資産」のひとつとして注目されています。

何のバックグラウンドも持たないまま、人々の信用だけで「貨幣としての価値」を認められるようになった仮想通貨。
今後どうなっていくかをじっくり見守りたいと思っています。

こちらのサイトでは、その仮想通貨をめぐる社会情勢や素朴な疑問を中心にお伝えしていきます。


Twitter: mayu_suzu8


この他、ZUU Online, マネーの達人などで税務・会計を中心に解説しております。


2017年11月20日、TOKYO FM「クロノス・プラス」にて、仮想通貨関連について解説いたしました。