調査結果「仮想通貨ビットコイン取引所不正取引」1%未満

Elliptic, a UK based cybersecurity firm specialized in creating tools to identify criminality associated with blockchain related transactions, has released a report analyzing the global Bitcoin market with a focus on money laundering.

ブロックチェーントランザクションに関連する犯罪性を識別するためのツールを作成することを専門とする英国のサイバーセキュリティ会社、Ellipticは、マネーロンダリングに焦点を当てた世界中のビットコイン市場の分析レポートを発表しました。

私たちの調査によると、変換サービスに利用されている特定の「汚れたビットコイン」の割合は比較的少なかった。分析された4年間の変換サービスに入金された資金の0.61パーセントのみが、不正なソースから検証可能であり、2013年に最も高い割合(1.07パーセント)が見られた。

According to our study, the total percentage of identified ‘dirty bitcoins’ going into conversion services was relatively small. Only 0.61 percent of the money entering conversion services during the four years analyzed were verifiably from illicit sources, with the highest proportion (1.07 percent) seen in 2013.

ブロックチェーン上で行われた不正取引分析に新しい結果では、仮想通貨ビットコイン全取引の1%未満だと明らかにしています。

不正行為がどのように測定されるかという条件そのものは曖昧です。しかし、テロ資金供与に関連したマネー・ローンダリングや犯罪に対しての仮想通貨ビットコイン犯罪は誇張されて報告されているとしています。

報告書の結果は、少なくとも実際の事実に関してはBitcoinの評判に恩恵をもたらすと確信している。

The report’s findings are sure to benefit the reputation of Bitcoin, at least in terms of actual facts.

不正や犯罪に用いられる通貨は「現金」が多くを占めると言われています。それは足跡のつかない方法だからです。しかし、そうした背景を考えて世界では高額紙幣を廃止してきたところがありますね。

高額紙幣を実際に廃止した国も少なくない。直近、最も話題となったのはインドであろう。
この他、カナダで2000年に1000カナダ・ドル紙幣を廃止、英国で2010年に500ユーロ紙幣を銀行や両替所が取り扱うことを禁止、スウェーデンが2013年に1000クローナ紙幣を廃止、シンガポールが2014年に1万シンガポール・ドル紙幣の発行を中止している。
紙幣残高に占める高額紙幣の比率を見ると、わが国の1万円札は、金額ベースで紙幣残高の87%も占めている。

そして、実際に日本が刷った紙幣の数と金融ほか世間に出回っている等を計算すると、どうみても紙幣の数が足りないということが以前ニュースになりました。おそらくタンス預金、そして不正に利用されていると伝えられています。メルカリで現金を出品し問題になったこともありました。
仮想通貨が異常に多いようなニュアンスで報じられているのは、他ならずこうした背景があるからでしょうか。

もしも、仮想通貨ビットコインに再スポットがあたるとすると、次はその価値に注目するのかもしれません。思いのほか進んでおり、ビットコインの総供給の80%まで達しているといいます。▼

仮想通貨ビットコイン発行限度枚数「マイニングが80%を達している」

今週の週末は、通貨の80%が流通しているので、ビットコインのマイルストーンとなります。これは、残り20%しか残っていないことを意味します。

This weekend marks a milestone for bitcoin as 80 percent of the currency has now been mined into circulation, this means there’s only 20 percent left to mine.

そして……すぐに所有するこが困難になるだろうと伝えられていました。

仮想通貨ビットコインが発行されたのは2009年から。ご存じのことと思いますが、上限があり2100万枚で終わりになる予定です。

仮想通貨ビットコインの希少性

So far on January 13, 2018, 16,800,000 BTC have been mined and there’s only 20 percent left for miners to acquire.

これまでのところ、2018年1月13日に1680万BTCがマイニング(採掘)報酬として流通し、残りはわずか20%(2100万ー1680万=420万BTC)です。

関連するまとめ

GMO、日本円連動のステイブルコインを2019年発行予定|熊谷代表「ステイブルコイン…

マイニング事業やマイニングマシンで知名度の高いGMO、2019年に「GJY(GMO Japanese Yen…

鈴木まゆ子 / 831 view

仮想通貨まとめ編集部の志水

税理士事務所兼、マネージメント・財務・
会計・経営・人財コンサル業に
20年近く勤務してきました。

投資も含め、仮想通貨によく似たコインや
権利収入などの相談も受けてきました。

ブロックチェーンにほれ込んで
仮想通貨の世界から抜けられなくなりました。
この世界は大きく変わるものと確信し、
変革の時代に立ち合えると思っています。

数字は過去を知り、
未来を想像する材料になります。

有益な情報を共有できる
言葉の情報発信を目指しています。


サンワード貿易さん主催の
仮想通貨セミナー講師登壇満員御礼!
ありがとうございました。
新たにサンワー貿易さん「大阪」で6月26日開催が決定しました。

http://www.sunward-t.co.jp/seminar/2018/06/26/index.html

また、7月7日はサンワード貿易さん「東京」も決定。

http://www.sunward-t.co.jp/seminar/2018/07/07_2/


仮想通貨だけではなく、投資そのものに焦点をあて、
8月22日より個人的に新しいサロンや講座をオープンいたします。

お友だちだけにご案内させていただきますので、
もしよろしければ
LINE@『 @megumi.shimizu 』お友だち追加もお待ちしています。