投資で大損したのはあなたがダメだからではなく「人間」だから

投資で大損したのはあなたがダメだからではなく「人間」だから

今回の暴落で大損を被った人の中には「だから自分はダメなんだ」と思ってしまう人もいるかもしれません。
しかし、損を被ったのはあなたがダメだからではありません。

「人間だから」なのです。

人間の心理のひとつに、「利益を取るより損をしたくない」という選択を常に選ぶという側面があります。

不確実性の中での人間の心理モデル「プロスペクト理論」とは

投資やビジネスでは欠かせない「プロスペクト理論」

投資やビジネスでは欠かせない「プロスペクト理論」

投資やビジネスを行う場合、人間の心理がどのように動くかについての知識をもっておくことは必須です。
人間、どんなに気合と根性で「冷静さを保とう」としても、損得勘定を目の前にした場合、どうしても感情が揺さぶられます。
そして、その感情は無意識を司る「古い脳(脳幹、大脳辺縁系)」の作用を受けます。コントロールしようとしても限界があるのです。

むしろ、どういう仕組なのかが分かれば、上手に対応することができます。


その仕組みを表す心理モデルのひとつが、「プロスペクト理論」です。

プロスペクト理論(Prospect theory)とは、人は利益を得る場面では「確実に手に入れること」を優先し、反対に、損失を被る場面では「最大限に回避すること」を優先する傾向があるという行動心理を表した理論です。
簡単に言うと、「人は得をするよりも、損をしたくない思いの方が強い」という理論です。

プロスペクト(Prospect)とは「予測、期待、見通し」という意味があります。
1979年、心理学者であり行動経済学者のダニエル・カーネマン氏(Daniel Kahneman)と、心理学者のエイモス・トヴェルスキー氏(Amos Tversky)によって提唱されました。2002年、カーネマン氏は、このプロスペクト理論でノーベル経済学賞を受賞しています。

具体例

心理的実験を通じて体感してみる

心理的実験を通じて体感してみる

「トクをするより損したくない思いの方が強い」と文章だけ言われてもピンときませんよね。

では、実際に次の質問に答えてみてください。

質問1「以下の条件でお金を上げます。どちらを選びますか?」

(1) 無条件で100万円を手に入れられる。
(2) コイントスをし、表が出たら200万円。裏が出たらあげません。
質問2 「あなたが抱える200万円の借金を、次の条件で軽減します」

(1) 無条件で、借金を100万円減らします。残りの借金は100万円になります。
(2) コイントスをし、表が出たら借金はチャラ。裏が出たら200万円のままです。

これは実際に行われた心理実験です。
ご自身がどのように対応するのかをここでちょっと考えてみてください。

なお、この実験では結果は次のようになっています。

質問1に対する実験結果
 質問1は、どちらの選択肢でも手に入れられる金額の期待値は100万円です。しかし、実験の結果、最も多い答えは、(1)の「 無条件で100万円を手に入れられる」です。 
 つまり、多くの人がコイントスというギャンブル性の高いゲームに参加せず、確実に得られる金額を選択したということです。
 質問2は、どちらの選択肢でも金額に対する期待値は-100万円です。実験の結果、最も多い答えは、(2)の「コイントスをし、表が出たら借金はチャラ」を選択しています。
 実験の結果、多くの人は損失を抱えていると、イチかバチかでも損失がゼロになる選択をしていると言えます。
人はトクを取るより損をなくすことを選ぶ

人はトクを取るより損をなくすことを選ぶ

「確実に100万円がなくなって借金が100万円残るよりも、イチかバチかの不確実なリスクを負ってでも200万円なくなることを選ぶ」

冷静に見ると非常に不思議な現象ですが、感情(というより本能)の動きは「損を回避できるならなんでもやる」ということを選ぶようです。
そして、それは、人間が「死を避けて生を選ぶ」という生存本能に根差しています。

生存本能を理性でコントロールするのは至難のわざです。

どのように反映されるのか?「損大利小」になりやすい投資の世界

では、これがどのようにして投資に反映されるのでしょうか。
仮想通貨よりは流動性が高いものの、やはり不確実性が否めないFX取引では次のように考えられています。

失敗1:早すぎる「利益確定」でより大きな利益を逃す

投資した銘柄が値上がりして利益が大きくなるほど嬉しさがアップします。しかし、利益が一定の水準に達すると、嬉しさの伸びが小さくなり、その後はどれだけ利益が膨らんでも嬉しさはアップしません。
こうした理由から、人は利益がある程度出るとすぐに利益確定をしてしまうのです。

大抵の場合、ある程度価格が伸びてきても、トレンドで更に伸びたりします。仮想通貨の世界は予測が難しく、イベントや半減期などの影響を受けやすいのですが、それでも一定のトレンドはあります。ただ、初心者の場合(特に価格変動の激しさに恐怖を感じている場合)、利確を早めにしてしまうことがあるのです。なぜなら、「確実に得られる利益を失いたくないから」です。

失敗2:損切できず、期待してしまう

保有していた株が値上がりして含み益が100万円になった後、やや下がってきて含み益が60万円になると利益確定が難しくなります。
これは、一度経験した「100万円の含み益」が失われて60万円の含み益になってしまったことで、再び含み益が100万円になることを期待してしまうという心理です。
しかし、株価は既にピークアウトして値下がりしているわけですから、一刻も早く手放すのが合理的な行動です。

これは、パチンコなどのギャンブルで出た玉がすべて「飲まれ」てしまった後に、(現状は1円も損していない状態なのに)一度出た玉を取り返したくて追加で資金を投入してしまうという現象と同じです。
「70%の確率で借金チャラ、30%の確率で借金倍増」と言われるとなぜか「自分は必ず70%に入れる」と思う不思議

「70%の確率で借金チャラ、30%の確率で借金倍増」と言われるとなぜか「自分は必ず70%に入れる」と思う不思議

また、これらの現象の根本には「損を回避するためなら不確実性にかけてしまう」という人間の心の動きがあります。
というよりも、心理的なバイアスがかかり、なぜか「自分は大丈夫」と思ってしまうのです。

「コイントスしたとき、70%の確率で借金チャラ、30%の確率で借金倍増、でも何もしなければそのまんま」と言われると、なぜか人は70%の確率にかけてしまいます。「30%に自分がなってしまうかもしれない」とは思わないのです。


人間がいかに損失を嫌うか、そして損失を回避するためならリスクに賭けてしまうかがよく表れています。
もっというと、「悪いことは自分には起こらない」と信じたいのです。

失敗3:損失の痛みを感じなくなる「感応度逓減性」→塩漬けコインの発生

関連するまとめ

2017年は仮想通貨元年! まずはビットコイン積立から始めよう!

ビットコインは上がり続け100万円も目前となりました。ウェブボットによると、2018年秋にはビットコインは2…

Rie Yamauchi / 11473 view

鈴木まゆ子

税理士・ライター・心理セラピスト。


仮想通貨は現時点(2017年)では投資(というより投機)の手段として着目されています。
しかし、その基礎技術であるブロックチェーンを含め、今後AIとともに、人間の未来をより効率的に、かつ安心できる社会にしていく可能性のあるものではないかと思っています。

個人だけでなく、国としても注目のアイテムなのが仮想通貨です。

こちらのサイトでは、その仮想通貨をめぐる社会情勢や素朴な疑問についてお伝えしたいなと考えています。


ブログ「税理士がつぶやくおカネのカラクリ」(心理記事メインです)https://ameblo.jp/mayusuzu8/
Facebook:「おカネのカラクリ」または「税理士鈴木まゆ子事務所」
Twitter: mayu_suzu8


この他、ZUU Online, マネーの達人などで税務・会計を中心に解説しております。


2017年11月20日、TOKYO FM「クロノス・プラス」にて、仮想通貨関連について解説いたしました。