Plenty of people are panicking because of the current cryptocurrency price collapse. Those who have been around for more than a year will know this is a yearly occurrence.

現在の暗号通貨価格が崩壊しているため、多くの人々がパニックに陥っています。1年以上にわたり見てきた人には、これが毎年起こっていることを知っています。

例えばですが、昨年の1月9日の記事を確認すると、暴落で騒がれている状況でした。▼関連記事:よろしければご覧くださいね。

しかし、そうは言っても昨年と今年では注目されている度数が異なります。
どうしても気にならざる得ないかもしれません。

参加している人の層が確実に増えており、そこに関わる企業や国までもが発言をするように変化しています。
あまりに多い数が流れていますので、今回はワザと「マイナス」意見である国の規制や見解が報じられていることだけを集めました。

ビットコインなどの主要仮想通貨やアルトコインが日本時間で16日夜、最大40%以上急落している。中国や韓国における仮想通貨規制の動きが売り圧力となった。
だが最も打撃をうけたのはアルトコインで、軒並み20~30%下落。さらにバイナンスコインを含む一部の仮想通貨は40%下げた。

しかし、それだけが原因ではなく、要因はいくつも重なるもので、だれが何を見て行動したのか、何に影響を受けているのかはわかりません。ただ、マイナスと受け取れる事柄が多発したのは事実です。▼

また、もともと値をつり上げたのは「ボット」で操作されていたという疑いもあるのです。

経済学術誌「Journal of Monetary Economics」に掲載された論文によると、2013年、マルクスとウィリーという2つのボットが、ビットコイン取引所のマウントゴックス(Mt.Gox=2014年に破綻)で疑わしい取引を行なっていたという。マルクスとウィリーの取引は、一見正規の取引に見えたが、実際には取引に必要なビットコインを所有していなかった。
世界の投機家は規制当局による仮想通貨取り締まりの時期や方法の見極めに苦しんでいる。
日本の個人投資家などには、オルトコインで生じた損失を穴埋めする目的でビットコインを売る動きも出ていた。

アルトコインとはアルトコインとも言い、一般の分類で仮想通貨ビットコイン以外の仮想通貨を総まとめて呼ばれています。分類の内容によっては、あえてイーサリアムなどもアルトコインとは言わずに、ビットコイン同様に「イーサリアム」と単体で分けられることもあるようです。

ビットコネクト(BitConnect)が仮想通貨取引所閉鎖

仮想通貨BCCを発行するビットコネクトは16日、同社の仮想通貨取引所と貸付業務を閉鎖すると明らかにした。米テキサス州とノースカロライナ州の証券当局から両州での関連商品販売が登録されていないとして停止通告書を受け取っていた。同社はまた、サービス妨害(DoS)攻撃にも悩まされていた。
両州の警告について、ビットコネクトがウェブサイト上で発表した。

今回の報道の中には。仮想通貨保管のために、ビットコネクト・ドット・コムは「ウォレット」と「ニュースサイト」は継続すると伝えられています。

BCCは今月3日以降に65%値下がり。両州による措置が影響したためで、それまでは世界で最も成功した仮想通貨トップ20の一つだった。約1年前に発行されたBCCの時価総額は10億ドル(約1104億円)近い。

そして、韓国や中国についてほじられると同時に、各国でもこぞって声をあげだしました。まもなく、こうした規制へ繋がる懸念があったのか、仮想通貨市場の下落が続いています。

ここ数週間、規制当局や金融機関は、世界的なビットコインや他の暗号化の流通に反応してきました。

Over the past few weeks, regulators and financial institutions have been reacting to the worldwide popularity of bitcoin and other cryptocurrencies.

関連するまとめ

日本発“筑波大のクラウドファウンディング”を実施|国立大初の仮想通貨ビットコイン寄付

筑波大の落合准教授が、21日からビットコインによるクラウドファウンディングを実施しました。目的は、今不足して…

仮想通貨まとめ編集部の志水 / 9795 view

仮想通貨まとめ編集部の志水

税理士事務所兼、マネージメント・財務・
会計・経営・人財コンサル業に
20年近く勤務してきました。

投資も含め、仮想通貨によく似たコインや
権利収入などの相談も受けてきました。

ブロックチェーンにほれ込んで
仮想通貨の世界から抜けられなくなりました。
この世界は大きく変わるものと確信し、
変革の時代に立ち合えると思っています。

数字は過去を知り、
未来を想像する材料になります。

有益な情報を共有できる
言葉の情報発信を目指しています。


サンワード貿易さん主催の
仮想通貨セミナー講師登壇満員御礼!
ありがとうございました。
新たにサンワー貿易「大阪」で6月26日開催が決定しました。

http://www.sunward-t.co.jp/seminar/2018/06/26/index.html

また、7月7日はサンワード貿易「東京」も決定。
※7月の申し込みは後日アップいたします。

仮想通貨だけではなく、投資そのものに焦点をあて、
5月末~6月より個人的に新しい講座や企画をご紹介することになりました。

お友だちだけにご案内させていただきます。
LINE@『 @megumi.shimizu 』お友だち追加もお待ちしています。