ブロックチェーン技術に対しては認める発言をしており、ICOについては「個別に評価しなくてはならない」と語っています。

ダイモン氏の見解の変化には、ビットコインの商品先物取引がCMEとCBOEの大手先物取引所に上場したことが関連しているのかもしれない。
先物取引市場に上場したことで、伝統的な手法の取引ができるようになったからだ。さらに近々ビットコインの上場投資信託(ETF)が承認されるとの情報もあり、これを踏まえての発言であった可能性もある。

しかし、ダイモン氏に関しても、基本的なスタイルは何も変わっていないのかもしれいと受け取れるのは、仮想通貨そのものとブロックチェーンを同じくくりとして発言したことに対してなのかもしれません。一転しているのか、見極めた補正なのかは分かりませんが、

ただし「私にとって常に大事なのがビットコインが大きくなるにつれ各国政府がどのように感じているかということ」で、それ以外のことには「他人と違ってそんなに関心がない」とした。
ダイモン氏は昨年の「ビットコインは詐欺である」との発言をした時から、何を学んだのであろうか。また同氏はなぜ仮想通貨に対する考えを変えたのか、そしてそれがどのような意味をもっているのか、今後の仮想通貨市場の行方を占う上で興味深い発言内容の変化となっている。

投資家としてのバフェット氏の発言、金融のジェイミー・ダイモン氏ともに、大物の発言は市場に大きな影響を与えかねないともいえます。しかし投資のスタイルとして自分の基本であるラインがあり、どの分野でも同じように評価し判断できるとは限りません。
専門家であるがゆえの見方はありますが、自分はどの投資にむいているのかを考えるためにも、各意見のどの部分に心がゆれるのか、納得できるのかを知ることも大切かもしれませんね。

投資に必要な資質としても、テクニカル解析を使いこなせることだとも言いますが、それ以上に判断する人の感情とも言われます。
最後の判断と決断は人間になります。この感情をコントロールできない投資家は勝ち続けることが出来ないとも伝えられています。自分が何にむいているのか、何がかけているのかにより考えることが必要なのかもしれません。
仮想通貨でいえば、一度ストップするのか、種類を変えるのか、投資金額を見直すのか、人それぞれによりますが、ついつられて「購入」や「売り」の判断をしないように注意をしていただきたいと思います。

当サイトでは、売買に関してお勧めしているものではございません。資料としてご提供できる記事をお届けしております。ご自身でアクションを起こされる場合は、変更されているかもしれない情報を再度確認調査し、ご自身の判断での決断をお願いいたします。いかなる状況になろうとも、当サイトでは何ら責任をお取りすることはございませんことをご承知おきくださいますようお願いいたします。

仮想通貨ニュース、勉強会等、仮想通貨情報はLINE@からお知らせ

仮想通貨まとめ公式LINE@登録方法

仮想通貨まとめ公式LINE@登録方法

スマホのLINEアプリを開き
QRコードを読み込むか、
ID検索で友だち追加をお願いします。
 
「@coinnews」← @マークを入れて検索してくださいね!
出典:http://line.me

スマホでご覧の方はこちらを直接クリックしてください

LINEをされていない方は、こちらに                 今さら聞けない仮想通貨「最新情報もお届けします」▼より、どうぞ

関連するまとめ

新通貨「BCP」来年1月2日誕生か“ビットコインキャッシュプラス”|仮想通貨ビットコ…

仮想通貨ビットコインのフォークSegwit2Xが中止の報道から、価格の下落をし、またもう少しで90万円近くま…

仮想通貨まとめ編集部の志水 / 18674 view

仮想通貨まとめ編集部の志水

税理士事務所兼、マネージメント・財務・
会計・経営・人財コンサル業に
20年近く勤務してきました。

投資も含め、仮想通貨によく似たコインや
権利収入などの相談も受けてきました。

数字は過去を知り、
未来を想像する材料になります。

有益な情報を共有できる
言葉の情報発信を目指しています。

仮想通貨勉強会 東京では
たまに、そっと座っております。
これから知りたい方も、
通貨のコアなファンの方も
ぜひ参加してみてくださいね。


仮想通貨入門講座はこちらから
  ▽【無料】ですよ▽