仮想通貨ビットコインに期待された「マイクロペイメント」が実現できない

仮想通貨ビットコインは「決済」に適しており、
送金スピードも一瞬で、手数料も数十円で……と聞いたはず。

そう思われることと思いますが、現在はそれどころの騒ぎではなく、
決済機能としてはとても少額では送れない状況になっています。

マイクロペイメントに適したビットコインだったはず(ご存じの方は読み飛ばしてくださいね)

マイクロペイメントに適したビットコインだったはず(ご存じの方は読み飛ばしてくださいね)

もともと仮想通貨ビットコインへの注目が集まったひとつには、瞬時の送金、タダに等しい手数料が活きる「マイクロペイメント」が、可能になると言われた点があります。
マイクロペイメントとは、少額決済(例:数円、数百円、数ドル)といった、小さい金額の支払いを扱う電子的な決済方法。
また、決済会社では、「少額決済のための手数料」とも説明されています。

そして、仮想通貨ビットコイン

これは、インターネットを通じて、誰でも少額の代金を送金し、誰でも受け取れる仕組みだ。

この意味の細かい詳細は過去記事をご覧いただければと思いますが、銀行口座をもたない相手にも、ウォレットさえあれば誰でも第三者を通さずに送金ができてしまう仕組みですね。

これが可能になれば、個人が様々なことをインターネットでできるようになる。
あるいは、寄付を地球の裏側の人や団体にも簡単に送れるようになる。

こうして、社会の構造が大きく変わると期待された。

送金手数料に何百円をかけ、海外であれば何千円もかけては、
誰もが思い立つときに寄付をするということは、なかなかできません。
下手すると寄付金よりも送金手数料のほうが高くなってしまいます。
しかし、数十円の送金手数料であれば、
「気持ちを届けたい」と思ったときに、
誰もが参加することができると期待されていました。

ビットコインを保有する人が増えてくれば、その夢が実現に近づくはずだった。

ところが、実際には、極めて皮肉な結果になった。

仮想通貨ビットコイン「送金手数料3,000円」と「取引承認待ち」

ここが、今回問題とされる
「送金スピード(遅延となる停滞)」と「送金手数料の高騰」なのです。
その理由は、

ビットコインの認知度が高まるにつれて価格が上昇し、それによって送金コストが高くなってしまったのだ。

ご存じの通り、急激な取引量の増大(価格の急騰が現状を映し出しています)に伴い、
仮想通貨ビットコインネットワークの今まで問題解決に至らなかった脆弱性が現れています。

いまの状態では、銀行の口座振替より割高になっており、送金の手段として実用的でなくなった。

国内の仮想通貨取引所を例にあげると、
bitflyer(ビットフライヤー)やCoincheck(コインチェック)では、
各社ともにビットコインの送金手数料を値上げしました。

bitflyer(ビットフライヤー)では、
■ビットコイン送付手数料(優先度普通)で
改定前:0.0004 BTC → 改定後:0.0015 BTC 

これは1ビットコインが170万円で計算すると、送金手数料が2,550円にもなります。
しかも優先順位は「普通」ですと、送金に時間がかかる場合があるのです。↓

ビットコインは、取引データを記録した「ブロック」を連鎖させた「ブロックチェーン」に取引を記録することで、多重利用や改ざんを防いでいる。送金手数料が高い取引ほど優先して処理される仕組みだ。
ビットコイン投資ブームで取引量が増えるにつれ未処理取引の量が増えており、速く送金するには、多額の手数料が必要になっている。

bitflyer(ビットフライヤー)では、優先順位普通に、
追加手数料を付加した場合の手数料も設定されています。
先ほどの優先度普通で改定後:0.0015 BTC とのことですが、
やや高い+ 0.0004 BTC、高い+ 0.0008 BTC、最高+ 0.0020 BTC となり、
最高をプラスすると、
手数料は0.0015+0.0020=0.0035BTCにもなり、
1ビットコイン170万円で算出すると、なんと5,950円にもなるのです。

取引量が増え、「手数料が高い」ほうが処理されるとすると、
安い手数料の取引は後回しになり、なかなか処理されないことなりかねません。

実際に何日も送金できずに止まっている事例もあります。

アメリカではビットコイン決済大手のビットぺイ(BitPay)が、100ドル以下のビットコイン決済を一時的に中止するなど、悪循環は続きそうだ。一部の調査では、手数料は3カ月ごとに2倍になっており、特に11月以降に急上昇しているという。

問題は解決できないのでしょうか

関連するまとめ

ブロックチェーンが教育を変え、学びは仮想通貨となる世界|2016年米国最大の教育イベ…

フィンテックという名で知られるように、ブロックチェーンは、金融の分野で非常に関心がもたれています。 しかし、…

鈴木まゆ子 / 5643 view

仮想通貨まとめ編集部の志水

税理士事務所兼、マネージメント・財務・
会計・経営・人財コンサル業に
20年近く勤務してきました。

投資も含め、仮想通貨によく似たコインや
権利収入などの相談も受けてきました。

ブロックチェーンにほれ込んで
仮想通貨の世界から抜けられなくなりました。
この世界は大きく変わるものと確信し、
変革の時代に立ち合えると思っています。

数字は過去を知り、
未来を想像する材料になります。

有益な情報を共有できる
言葉の情報発信を目指しています。


サンワード貿易さん主催の
仮想通貨セミナー講師登壇満員御礼!
ありがとうございました。

仮想通貨だけではなく、投資そのものに焦点をあて、
4月より個人的に新しい講座や企画をご紹介することになりました。

お友だちだけにご案内させていただきます。
LINE@『 @megumi.shimizu 』お友だち追加もお待ちしています。