創始者Charlie Lee(チャーリー・リー)氏「保有」のLitcoin(ライトコイン)手放す

Litecoin Creator Sells Stake Citing ’Conflict of Interest’

ライトコインの創始者(チャーリー・リー氏)は、
保有するライトコインを全て売却したことを明かしています。

Twitterでは当然反応がおきており、
批判する意見や質問に対して、創始者チャーリー・リー氏も
考えも伝えている様子が見えます。

LTC(ライトコイン)保有者にとってこれはひどいニュースです…(続)↑

↓……あなたは無責任だ。とても失望した。

Charlie Lee(チャーリー・リー)氏がLitcoin(ライトコイン)を手放した理由

Writing in a Reddit post this morning, developer Charlie Lee explained he no longer wants to fend off allegations his remarks about litecoin’s price are being done for his personal enrichment, and that he saw the sale as the best way to ensure transparency over his actions.

開発者Charlie Leeは、自身がlitecoin(ライトコイン)について発言するたびに、
ライトコインの価格の操作と思われるような(個人の利益のため)ことがあり、
発言を控えてきたといいます。
今回保有しているライトコインを手放したのは、
保有していなければ彼の行動に対する透明性を確保するための、
最善の方法であると主張しています。

彼は、「自分がLitecoinの価格や、良いニュースも悪いニュースも、
どれに対して呟くごとに、個人的な利益のために行っていると非難されました。」
と伝えていました。

また、彼はLTC(ライトコイン)の主要なつぶやきの前後に、
LTCを売買することを控えてきました。しかし、このことは、
自分自身しかわからないことだとも呟いていました。

そのために手放したライトコイン。たしかに、
保有していなければ、自分の利益のために発言していると思われることはありません。

しかし、そうした手放したことが事実であるのかどうか、
これもパフォーマンスではないかと疑う声もでていました。

Leeは、彼が販売したlitecoinの量は、暗号化のグローバルな取引量の「小さな割合」であると付け加えた。

” Lee added that the amount of litecoin he sold was ”a small percentage” of the cryptocurrency’s global trading volume.

別の個人サイトでは、
現地時間の2017年12月19日に370ドル以上の高値で取引を終えた後に、
Lee(チャーリー・リー氏)は、市場に売却をすることを決めたと報じています。
取引所GDAXの取引量からみてもわずかなパーセンテージの売却量であり、
仮想通貨市場に影響がなかったとも伝えています。

私は既に@ LTCFoundationに収益の100%を寄付しています↑

上記のように、保有していたライトコインはすべて売却・寄付により、
手放したと呟いており、
現在手元にあるのは、記念品のフィジカルコインの中に入っているものだけだといいます。
また、「私が売ったコインの数や価格を聞かないでください」とも呟いていました。

Charlie Lee(チャーリー・リー)氏は、Litcoin(ライトコイン)から離れるのか

現在、市場評価による第7位のコインであるlitecoinは、2011年に遡ってビットコインを経て形成され、以前は「銀からビットコインの金」と呼ばれていました。当時のGoogleの従業員であるLeeはlitecoinを商人により高速な取引時間を提供するcryptocurrencyとして構想しました。

金のビットコイン、銀のライトコインのネーミングは有名ですね。
古くから仮想通貨市場で上位に君臨している仮想通貨でもあるライトコイン。
彼は、今後についても発言しています↓↓

彼は、今後も開発に携わっていく意思を伝えており、
Litcoin(ライトコイン)を見放すことは無いとしています。

「私は全ての時間をライトコインへの取り組みに捧げるでしょう。」

と呟き、彼は、ライトコインが成功することにより、
多くの異なる方法で報酬を受けることができるとも付け加えていました。

関連するまとめ

Litecoin(銀のライトコイン)3倍近く上昇|静かな地固めをしてきた仮想通貨アル…

ビットコイン同様に、仮想通貨が日本では「怪しいモノ」として扱われ揶揄されていたころから存在するLitecoi…

仮想通貨まとめ編集部の志水 / 11962 view

仮想通貨まとめ編集部の志水

税理士事務所兼、マネージメント・財務・
会計・経営・人財コンサル業に
20年近く勤務してきました。

投資も含め、仮想通貨によく似たコインや
権利収入などの相談も受けてきました。

数字は過去を知り、
未来を想像する材料になります。

有益な情報を共有できる
言葉の情報発信を目指しています。

仮想通貨勉強会 東京では
たまに、そっと座っております。
これから知りたい方も、
通貨のコアなファンの方も
ぜひ参加してみてくださいね。


仮想通貨入門講座はこちらから
  ▽【無料】ですよ▽