仮想通貨で確実に稼ぐ裏ワザ--取引所で売り買いするだけが仮想通貨ではない。

目ざとい人は、↓こんな構図

①仮想通貨のマイニング(採掘)→仮想通貨を入手
②ICO(IPOに似た要素をもつ)に応募→もし取引所に上場すると値が何倍にもなる可能性あり
③所持している仮想通貨を「貸し出す」→金利収入を得る

今回は①のマイニングをご紹介します。

そして、補足になりますが、
「個人で仮想通貨で利益を得る」ことよりも、
「事業で仮想通貨を運用する」ほうが“税制面”でも有利になる可能性があります。

仮想通貨マイニング(採掘)

電気代が安く涼しい土地を選んで始める“採掘”事業

採掘というと、掘るという想像をしますが、ちょっと意味あいが違うのは、

取引情報をネットワーク上の“台帳”に記帳する行為を「マイニング」と呼ぶからだ。

そして、マイニング(採掘)をする人を
(厳密に言えば機械がマイニングをするので人ではありませんが)マイナーといいます。

マイナーたちは、その際に課される膨大な演算処理を高性能コンピュータで実行し、その対価としてわずかな仮想通貨を得ている。

ただし、報酬としての仮想通貨は、全員がもらえるわけではなく、
ちょっとニュアンスが異なるものの、
想像としては早く成し遂げたものが受け取れるイメージです。

【マイニングは“記帳作業”のお手伝い】仮想通貨はすべて分散台帳システムに支えられている。高性能マシンで“記帳”に際して発生する演算処理を行うことで仮想通貨を報酬として得られる。

マイニングには必要な危機や場所など費用がかかります。
仮想通貨を採掘できる機器や熱くなるために冷やす冷却設備、
大きな日常コストは電気代などもネックになるのです。
もちろん、経費が安ければ安いほど利益となる部分では有利。

「私が最近仕入れて動かしているのはビットコインやライトコイン(LTC)のマイニングに特化した『ASIC』というチップを搭載したマシンです。
LTC用は5台セットで350万円。これを稼働させると、古い掃除機のような爆音を発してマイニングしながら、排熱を始めます。通常のパソコンに1個しかないチップが1台に144個も入っている高性能マシンなので、とんでもない熱を帯びるんです。それだけ多くの電気を消費するということ。

機器によってマイニングできる仮想通貨の種類が異なったり、
接続する配線の場所により仮想通貨を何種類かマイニングできるものもあります。

実際に動かしてみた限り、かなり安い料金プランでもASICマシン5台で毎月6万円程度の電気代がかかります。電気代だけで年間70万円以上かかるわけです」

マイニングする機器がフル稼働することにより熱を持ち70度や80度にもなります。
熱を持つことでマシンの寿命は短くなり、発火の恐れで消火設備も自動接続していたりします。
このため、日本でもマイニングを行う企業は、
電気代の安い海外や寒い地区を選び、
いかに安い電気代にできるかなどを検討してすすめているわけです。

それでは、先ほどの機器などの説明をいただいた方に、
どれだけの「仮想通貨」がマイニング(採掘)できるのかと聞いてみると

「私が掘っているのはアルトコインのパイオニアで、時価総額6位のLTC。今のペースならば5台のASICマシンの年間採掘量は約660LTCに達する見込みです。直近のレートでは1LTC=8000円なので、日本円にすると約530万円の収益になります。ここから電気代を差し引いても450万以上の利益。もちろん、LTCの価格が上昇していたら、さらに利益は大きくなります」

アルトコインとは、ビットコイン以外の仮想通貨の全部の総称。
LTCとは、仮想通貨市場(現段階)で第5位のライトコインというビットコインの補佐で生まれたとまで言われるコイン。金のビットコイン、銀のライトコインというフレーズが有名です。※現在価格1LTC=312ドル=35,455円まで上昇

涼しい気候の立地選定にマシンの調達と、手間もお金もかかるが、稼働させてしまえば安定的に仮想通貨が掘れるのがマイニングの利点。

余裕のある方はどうぞと紹介されていますが、熱くなることも考えると、
個人が興味本位で本格的なマイニングを行うのは少々敷居が高くなっている様子もあります。
日本では電気代も高いために、通常の日本の電気を利用し
、1台の機器でマイニングするには、経費のほうが高くつくとも言われています。
電気代の比較をすると安い海外からみると
日本は5倍以上の電気代にもなります。

関連するまとめ

テックビューロが仮想通貨マイニング事業参入|Looop・クリプトマイニングジャパン提…

COMSAのICOを爆発させているテックビューロ(株)が、次はLooopとクリプトマイニングジャパンの3社で…

仮想通貨まとめ編集部の志水 / 15804 view

仮想通貨まとめ編集部の志水

税理士事務所兼、マネージメント・財務・
会計・経営・人財コンサル業に
20年近く勤務してきました。

投資も含め、仮想通貨によく似たコインや
権利収入などの相談も受けてきました。

ブロックチェーンにほれ込んで
仮想通貨の世界から抜けられなくなりました。
この世界は大きく変わるものと確信し、
変革の時代に立ち合えると思っています。

数字は過去を知り、
未来を想像する材料になります。

有益な情報を共有できる
言葉の情報発信を目指しています。


サンワード貿易さん主催の
仮想通貨セミナー講師登壇満員御礼!
ありがとうございました。
新たにサンワー貿易さん「大阪」で6月26日開催が決定しました。

http://www.sunward-t.co.jp/seminar/2018/06/26/index.html

また、7月7日はサンワード貿易さん「東京」も決定。

http://www.sunward-t.co.jp/seminar/2018/07/07_2/


仮想通貨だけではなく、投資そのものに焦点をあて、
8月22日より個人的に新しいサロンや講座をオープンいたします。

お友だちだけにご案内させていただきますので、
もしよろしければ
LINE@『 @megumi.shimizu 』お友だち追加もお待ちしています。