発言が二転三転するゴールドマンサックス

発言が二転三転するゴールドマンサックス

多くの機関投資家がビットコインをはじめとする仮想通貨投資について積極発言をする中、投資銀行ゴールドマンサックスはスタンスが二転三転しています。

投資に関して積極発言をしたかと思えば、「静観する」姿勢を見せるなど。。。

また、そうは言いながらも、元GS投資家は億単位の利益を仮想通貨で稼ぎだしていたりします。

11月30日「GSにはまだビットコイン戦略は必要ない」

米ゴールドマン・サックス・グループのロイド・ブランクファイン最高経営責任者(CEO)は、同社はまだ仮想通貨ビットコイン戦略を必要とする段階ではないと述べ、ビットコインを価値貯蔵手段と考えていないことを明らかにした。
「1日に20%上下する動きは通貨という感覚ではなく、価値の貯蔵手段のようには感じられない」
「それが解決してさらに定着し、もっと価値の貯蔵手段のように取引され、20%も上下せず、流動性が備われば、われわれは乗り出す」

11月29日「ビットコインは『流動性のない金』」GS商品調査担当発言

Goldman’s Jeff Currie Says Bitcoin Is a Commodity - YouTube

出典:YouTube

そんな発言の1日前、GSの商品調査部門の責任者であるJeff Currie氏は「ビットコインはコモディティ(商品)だ」とし、ボラティリティは流動性が不足しているだけであって、本質的な存在価値は金と大して変わらないと答えています。

ちなみにこの頃、経済学者のステイグリッツ氏を始め、著名投資家や学者がこぞって「ビットコインはバブルだ」「非合法にすべきだ」発言があちこちで聞かれていました。

「仮想通貨ビットコインは、金に多くの点で類似する商品であり、投資家の不安に拍車を掛けているボラティリティーは流動性の不足に主に起因する」
「証券のような法的責任が本質的に付随していないという意味で、ビットコインは「金と大した違いはない」」

11月7日、ビットコイン高騰につき警告を発するGS

そして11月上旬、ビットコイン価格の急激な上昇について、GSのアナリストは投資家の強気に対して警告を発しています。

仮想通貨ビットコインは8000ドルに到達するかもしれないが、これが当面の高値になる可能性があると、ゴールドマン・サックス・グループのアナリストらは予想している。
シェバ・ジャファリ、ジャック・アブラモウィッツの両テクニカルアナリストは5日に配布したリポートで、この水準を超える上昇に賭けることに対してトレーダーに注意喚起した。

そして同じ頃、GSのCEOは静観発言をしています。

ゴールドマン・サックス・グループのロイド・ブランクファインCEOはビットコインについてどう考えるべきか決めかねているが、現時点でこれを切り捨ててしまうことは望んでいない。
「その昔、5ドル金貨は5ドル分の金が含まれているから5ドルだったが、今の紙幣は中銀の権威を裏付けとしている。新世界では人々のコンセンサスを裏付けとした通貨もあるかもしれない」
「そして今では、紙切れが国家(フィアット)によってのみ担保され、政府がその価値をきめている。だが今後の新しい世界では、コンセンサスを利用した仕組みを通して、人々が合意のもと価値を決めるかもしれない。これは現在ソーシャルメディアで行われているようなことで、私自身にとっては馴染みのない世界だ」
 「あらゆる新しいものに対してそうであるように、(ビットコインに対して)一定の不快感はもっている。しかし長年の経験で学んだことだが、私が好きではないことがとてもうまくいくことがよくある」

「ビットコインに未来はある気がする。でも、まだ行動を起こしていいかどうかが分からないから静観中」といったところでしょうか。

このインタビューの前の10月、GSは仮想通貨関連事業に参入することを検討していると発表しました。

10月、仮想通貨関連業務への参入を検討__GS

米金融大手のゴールドマン・サックスがビットコインなど仮想通貨の関連業務への参入を検討している。ゴールドマンは「顧客の仮想通貨への関心が高まっていることへ対応し、こうした分野でどのようにサービスを提供するのが最善かを検討している」と話している。
検討は初期段階だとしている。将来的には仮想通貨の値動きを解説したり、顧客の注文を受けて売買を手がけたりするほか、買い手と売り手をつなげるマーケットメーカーの役割を担う可能性もある。

GSの二転三転の背後にあるもの

関心をもち、さらに将来性を感じながらも、静観姿勢を保ち続けるGS。
積極姿勢を見せるCMEやCBOE,JPモルガンとは一線を画します。
その背後には何があるのでしょうか。

背景1:既存市場で成績がた落ち

今年に入り、コモディティ(商品)と為替市場のボラティリティの低下を背景に、同社の債権部門も今年6月までの前半期の売上が前年比で21%下がるなど苦戦しており、ビットコインの激しい価格変動に魅力を感じている可能性もある。

ボラティリティとは資産価格の変動の激しさのことを言います。

価格変動が大きければ大きいほど、うまくコントロールできれば大きな利益を上げることができます。
しかし、既存市場はすでに規制がなされていることもあり、なかなか大きな利ザヤを稼ぐことは難しいものです。
株式に限って言うなら、10年かけて価格が3~5倍になるところが、仮想通貨では1年で10倍以上になることも珍しくはありません。

この価格変動の激しい仮想通貨市場に魅力を感じているのはGSの本音としてまず間違いなさそうです。

背景2:ホワイトハウスとの微妙な関係

ワシントン・ポストは、強欲なウォール街が政府と結託し、中間層を苦しめていると選挙キャンペーン中に厳しく批判したトランプ大統領が、ゴールドマン・サックス出身者をまた新たに起用したと報じました。これで5人目だとしています。
ニューヨーク・タイムズは、トランプ政権の中枢にゴールドマン・サックス出身者が集中、ゴールドマン・サックスが政策に影響力を持ち、恩恵を受けるのではないかとの疑問が生まれたと解説しました。

関連するまとめ

J・マカフィー氏「ICOはもうやらない」|米SECの脅威が背景?SECは「ICOはほ…

仮想通貨界隈で何かと話題を呼ぶマカフィー氏。今回は「ICOはもうやらない」発言が注目を集めています。背景には…

鈴木まゆ子 / 9866 view

関連するキーワード

鈴木まゆ子

税理士・ライター。


2017年の1年間、仮想通貨は”投機手段”として知られるようになりました。

しかし、本来は国や組織を通さない決済手段です。

そのため、経済や金融で危機を迎えている国々においては、「安全資産」のひとつとして注目されています。

何のバックグラウンドも持たないまま、人々の信用だけで「貨幣としての価値」を認められるようになった仮想通貨。
今後どうなっていくかをじっくり見守りたいと思っています。

こちらのサイトでは、その仮想通貨をめぐる社会情勢や素朴な疑問を中心にお伝えしていきます。


Twitter: mayu_suzu8


この他、ZUU Online, マネーの達人などで税務・会計を中心に解説しております。


2017年11月20日、TOKYO FM「クロノス・プラス」にて、仮想通貨関連について解説いたしました。