ウォルマート、ブロックチェーンで”スマート家電管理”特許申請

世界的な小売業の雄、ウォルマート。

しかし、もう単なる”小売業”とは言いがたいかもしれません。

同社はブロックチェーン活用に積極的で、IT企業としての側面も持ち合わせています。

米国特許商標庁(USPTO) が8月2日に公開した申請書によれば、ウォルマートは新たな特許を申請したとのこと。
これは、ブロックチェーンをスマート家電管理に活用した内容だといいます。

対象となるスマート家電とは▼

デスクトップPCやサーバー・コンピューター、卓上端末、さらにはウェアラブル端末やゲーム機、ノートPC、ポータブルメディアプレーヤーなどといったポータブルコンピューティング端末など
ユーザーが、トランザクションを認可するために使用する秘密鍵を保持できる端末を入手する。
端末がウェアラブルかどうかは関係ない。申請書に記載されている使用例の1つに、配達ドローンから小包を受け取るための「キオスク」が挙げられている。
ユーザーが、キオスクを入手する。そして、手持ちのスマート端末を活用してキオスクを使えるように設定または許可し、その新たなキオスクを分散型台帳システムに追加する。

ユーザー保有の端末で秘密鍵を管理。そして、キオスクはユーザー端末と自動的に同期して宅配ステーションとして稼働することになります。

分散型台帳管理システムでは同キオスクは端末として追加されます。

これにより、単にユーザーは小包の受け取りや拒絶、品物の作成や注文などを行えるだけでなく、キオスクへのアクセスやコントロールを自ら設定することが可能になります。

ある種、”自己主権型ID端末”と言っていいかもしれません。

この他、IoTとの組み合わせをも検討、さらにはスマート家電だけでなくスマートホームの構築も視野に入れていると言われています。

もはや小売りだけではなくなったウォルマート。新たな事業展開の様相を見せています。

ブロックチェーン特許に積極的なウォルマート

ウォルマートはこの他、ブロックチェーンを活用した配送管理システムの特許を先日公開しました。

ウォルマートが新たに申請した特許「配送指定装置と方法」は、ロッカーに商品を安全に配送し、購入者が取り出すまで保管する、ブロックチェーンベースの管理システムだ

この他、▼

ブロックチェーやビットコインなどの仮想通貨を活用した荷物の中身や環境のコンディション、場所やその他の詳細、配電網など広範なデータを追跡するためのシステム「スマート小包」
食料品サプライチェーンや、医療データ追跡、消費者のマーケットプレース、エネルギー消費管理システムなど、ブロックチェーンを活用した様々なメソッドを積極的に推進

元は自社ビジネスでのコスト削減だけが目的だったかもしれません。

しかし、ここまでくると、ブロックチェーンと自社資本を活用し、小売”以外の”ビジネスへの参画も検討しているのではないかと思えてきます。

当サイトでは、売買に関してお勧めしているものではございません。資料としてご提供できる記事をお届けしております。ご自身でアクションを起こされる場合は、変更されているかもしれない情報を再度確認調査し、ご自身の判断での決断をお願いいたします。いかなる状況になろうとも、当サイトでは何ら責任をお取りすることはございませんことをご承知おきくださいますようお願いいたします。

【注意とお願い】無断転用・複写などされませんようお願いいたします。ご利用の場合は、当サイト名とURLのリンクを明記の上お願いいたします。

仮想通貨ニュース、勉強会等、仮想通貨情報はLINE@からお知らせ

仮想通貨まとめ公式LINE@登録方法

仮想通貨まとめ公式LINE@登録方法

スマホのLINEアプリを開き
QRコードを読み込むか、
ID検索で友だち追加をお願いします。
 
「@coinnews」← @マークを入れて検索してくださいね!
出典:http://line.me

スマホでご覧の方はこちらを直接クリックしてください

LINEをされていない方は、こちらに                 今さら聞けない仮想通貨「最新情報もお届けします」▼より、どうぞ

関連するまとめ

ウィンクルボス(Winklevoss)双子の兄弟「仮想通貨Bitcoin価格30倍以…

ゴールドマンサックスのレポートには、「ほとんどの仮想通貨はピークをもう見ることはないだろう」と記されています…

仮想通貨まとめ編集部の志水 / 10712 view

鈴木まゆ子

税理士・ライター。


2017年の1年間、仮想通貨は”投機手段”として知られるようになりました。

しかし、本来は国や組織を通さない決済手段です。

そのため、経済や金融で危機を迎えている国々においては、「安全資産」のひとつとして注目されています。

何のバックグラウンドも持たないまま、人々の信用だけで「貨幣としての価値」を認められるようになった仮想通貨。
今後どうなっていくかをじっくり見守りたいと思っています。

こちらのサイトでは、その仮想通貨をめぐる社会情勢や素朴な疑問を中心にお伝えしていきます。


Twitter: mayu_suzu8


この他、ZUU Online, マネーの達人などで税務・会計を中心に解説しております。


2017年11月20日、TOKYO FM「クロノス・プラス」にて、仮想通貨関連について解説いたしました。