今年、仮想通貨に着目しているのは現役世代だけではありません。
年金先細りのこれからを憂い、資産運用を視野に入れている高齢者も然りです。

そしてまた、現役世代以上に資産を保有しているのも高齢者世代。

そんな彼らが仮想通貨投資がらみのトラブルに巻き込まれています。

インターネット上で流通する「仮想通貨」の購入を巡る被害相談が増えている。「必ず値上がりする」と勧誘され、仕組みを理解しないまま高額を支払った高齢者からの相談が目立つ。取引所もなく、売却もできない通貨の購入を持ちかけられる被害も出ている。
国民生活センターによると、平成26年度に194件だった仮想通貨に関する相談は、28年度には819件と4倍に増加。このうち、60代以上の高齢者が48%を占める。すでに金銭を支払ったという相談398件のうち、100万円以上は150件と、被害も高額に上っている。
「必ず値上がり」で騙される高齢者

「必ず値上がり」で騙される高齢者

2016年の秋以降、この被害は急増しています。
去年の秋といえば、トランプ氏がアメリカ大統領に当選、仮想通貨が急激に値上がりしたころです。
つまり、仮想通貨の価格上昇に比例して、被害者も急増したと考えることができます。

どのような手口でだまされてしまうのでしょうか?
次の事例から見てみましょう。

事例1:知人からの口コミ

「知人から『必ず値上がりする』と誘われ、(仮想通貨を)購入したが、約束どおりにお金が戻ってこない」
「知人から『半年で価格が3倍になり、販売元が全て買い取る』と言われて買ったが、説明されたように買い取ってもらえない」

ここでのポイントは「知人から」の口コミ、そして「その仮想通貨がどういうものであるか」です。
知人からというのは、人間が行動を起こす上での重要なポイント。当然のことながら、知り合いに対する信頼は、その人がすすめるモノに対する信頼をも呼び起こします。

ただ、この場合、「この知人が仮に私をだましたとしても、私は自分で責任を負う」という覚悟までできていないことが多いもの。
もっと突っ込んだことを言うと、実は「信頼」ではなく、ただの「期待」であることが多いのです。

そして、その知人にだまされても、多くの人はクレームをつけたり訴訟を起こしたりできず、泣き寝入りしてしまいます。


「何を言うかより誰が言うか」が重要な日本人。
そのバイアスにひっかからないことが大事です。

事例2:セミナーですすめられた

「セミナーで、『1日1%の配当がつく』と言われて仮想通貨を預けたが、出金できなくなっていた」

ここでのポイントは「セミナー」そして「その仮想通貨がなんであるか」です。

セミナーという存在は知人とは違った意義を持ちますが、無意識に働きかける効果は短時間かつ協力です。

そのセミナーがもし、巷の会議室だったらもしかしたら信じないかもしれません。
しかし、そのセミナーが一流ホテルの会議室である場合、そして丁寧な接待が伴う場合、多くの人は「これに投資すればこんな効果が得られるのか!」と期待が大きくなります。
また、「密室」「トーク」といった雰囲気も、参加者の気づかない間に無意識に働きかけます。

高齢者の場合は、「そこで若い人に丁寧に対応してもらえた」となれば「期待に応えたい」という気持ちが働くかもしれません。
そうなると、感情が冷静な判断を曇らせてしまいます。

心理的な要素は自分が思っている以上に大きいのです。

「仮想通貨」と一口に言っても800種類

「仮想通貨」と一口に言っても800種類

また、繰り返しになりますが、「勧められる仮想通貨がなんであるか」も大事です。
詐欺や勧誘でお金を失うケースの場合、被害者は「その仮想通貨がなんであるか」を知らないことが多いもの。

そして一口に「仮想通貨」と言っても、現在700~800種類あります。
その中にはビットコインやイーサリアムのように市場で支払手段として通用しているものもあれば、石ころや貝殻レベルの価値しかないものもあるのです。
その技術内容がどのようなものであるかが、その後の信用価値につながります。


自分の口から「この仮想通貨はこういう価値があり、すでにこういった実証もなされている。だから今後この仮想通貨は値上がりする」といった説明ができるかどうかが、本来、投資の決断における大事な要素です。

だまされないための注意すべきポイント3つ

では、どうしたらこのような被害に遭わずに済むのでしょうか?
「冷静になりましょう」の一言に尽きるのですが、現場ではそれができないから騙されるし悩むのですよね。

そして、人間、生きている以上エゴもあります。
つまり「損したくない、トクしたい」で動く生き物です。だからこそ感情が動きます。

そんな人間心理を踏まえた上で、注意したいポイントを3つにしぼってお伝えしますね。

注意1:納得いくまで調べ倒す

繰り返しになりますが、仮想通貨は800種類あります。
知人やセミナーですすめられるのは、おそらくビットコインやイーサリアムのような「すでにインフラとして機能している」仮想通貨ではなく、「これから上場(ICO)します」という類の仮想通貨ではないでしょうか。
中には、「1単位買うごとに普及済みの仮想通貨(ビットコイン、リップル、イーサリアムなど)を付与します」というものもあるかと思います。

このような場合、その仮想通貨がどのようなものであるかを、自分が納得いくまで調べ倒しましょう。
どういう技術がベースとなった仮想通貨なのか、なぜ信頼できるといえるのか、などなど。
それに納得ができないのなら、買わないことです。

リスクなきリターンなどこの世にはありません。
リスクを取る気がないなら「自分の口から説明できないなら買わない」くらいのスタンスでいましょう。

注意2:投資するなら失ってもいい金額まで

投資の世界でよく言われるのが「余裕資金でやれ」というコトバです。
投資は、努力に見合ったリターンが得られる世界ではありません。
ましてや、株式と違い、ROEやROAといった指標があるわけでもない仮想通貨。
先ほど「理解できないならやらない方がまし」と言いましたが、実際は投機の様相がかなり強く、本来価値まではなかなか見出しにくいのが現状です。


ならばこそ、やるなら失ってもいい金額を限度にしましょう。
投資して大きく後悔するのは大抵「生活資金」「退職金」「子や孫に残す予定だった相続財産」です。
けっして、自分の生活をギャンブルの材料にしてはなりません。

注意3:五感を働かせて判断せよ

「技術的な話はわからない、真偽はどこで見抜けばいいんだ?」
「実際に仮想通貨は値上がりしているからチャンスは逃したくない、でも騙されるのが怖い」

そう感じる場合、最後に頼りになるのは人間の五感です。
五感を働かせ、相手の言っていることがホントかどうかを見抜きましょう。

とはいえ、身体が緊張していたり、「相手に嫌われたくない」という心理が働いている場合、五感もまた働きにくいのです。
五感は、身も心もリラックスしてこそ活動します。
恐怖で身体がかたまっているときは、なかなか動かないものです。

そういうときは、深呼吸を心がけてください。
深呼吸は無意識と意識をつなぐ唯一の動作です。
意識的に深呼吸を心がけることで無意識がリラックスし、五感が働くようになります。

また、深呼吸をすることで「今すぐ決めなくては!」というせっぱつまった決断もしにくくなります。
つまり、人生という長期的スパンに基づいた判断により近くなるのです。

これは、仮想通貨に限らず、あらゆる決断の場面で使えます。
ぜひ、日常のいろいろな場面で試してみてくださいね。

まとめ___投資はどこまでいっても「自己責任」

いかがでしたか?

今日もまた、ありとあらゆる上場の仮想通貨が値上がりをしています。
特にビットコインキャッシュは10%台を示すほどの高騰を続けています。

…という言葉を聞いて、あなたは今、どう感じていますか?

「しまった!逃した!」「よっしゃ!しめた!」

あるいは

「まあそういうときもあるか」「静観しよう」。


さきほど私が書いたような文言を見たときのあなたの反応が、投資の局面で作用しやすくなります。
そして、普段から悩み事や心配事をかかえていたり、「今すぐ人生を変えたい!」と思う人ほど、冷静に判断するのが難しくなるのです。


投資はどこまで言っても自己責任です。
知人が強力にプッシュしてきたとしても、あなたがそれにのって損をしたとき、その知人は責任をとってくれません。
セミナーが「安全です!」と100回言ったとしても、お金が引きだせず、主催者が行方不明になってしまえば、あなたの財産は消えたままなのです。

残念ですが、30代であろうが50代であろうが70代や80代であろうが、あなたは1人の大人です。
大人としてとった行動の責任は、自分でとるしかありません。

だからこそ、普段から、自分の反応や感情の動きに注意を向け、「自分はどういうときにだまされそうになるのか」「投資のとき、どのように反応するのか」を意識していただければと思います。

当サイトでは、売買に関してお勧めしているものではございません。資料としてご提供できる記事をお届けしております。ご自身でアクションを起こされる場合は、変更されているかもしれない情報を再度確認調査し、ご自身の判断での決断をお願いいたします。いかなる状況になろうとも、当サイトでは何ら責任をお取りすることはございませんことをご承知おきくださいますようお願いいたします。

【注意とお願い】無断転用・複写などされませんようお願いいたします。ご利用の場合は、当サイト名とURLのリンクを明記の上お願いいたします。

仮想通貨ニュース、勉強会等、仮想通貨情報はLINE@からお知らせ

仮想通貨まとめ公式LINE@登録方法

仮想通貨まとめ公式LINE@登録方法

スマホのLINEアプリを開き
QRコードを読み込むか、
ID検索で友だち追加をお願いします。
 
「@coinnews」← @マークを入れて検索してくださいね!
出典:http://line.me

スマホでご覧の方はこちらを直接クリックしてください

LINEをされていない方は、こちらに                 今さら聞けない仮想通貨「最新情報もお届けします」▼より、どうぞ

関連するまとめ

銀行を狙うハッカー被害| 仮想通貨セキュリティより不安?あなたの認識はもう間違ってい…

仮想通貨について利用意向リサーチすると、利用したくない理由に5割近が「セキュリティ上の不安がある」と答えてい…

仮想通貨まとめ編集部の志水 / 4021 view

関連するキーワード

鈴木まゆ子

税理士・ライター・心理セラピスト。


仮想通貨は現時点(2017年)では投資(というより投機)の手段として着目されています。
しかし、その基礎技術であるブロックチェーンを含め、今後AIとともに、人間の未来をより効率的に、かつ安心できる社会にしていく可能性のあるものではないかと思っています。

個人だけでなく、国としても注目のアイテムなのが仮想通貨です。

こちらのサイトでは、その仮想通貨をめぐる社会情勢や素朴な疑問についてお伝えしたいなと考えています。


ブログ「税理士がつぶやくおカネのカラクリ」(心理記事メインです)https://ameblo.jp/mayusuzu8/
Facebook:「おカネのカラクリ」または「税理士鈴木まゆ子事務所」
Twitter: mayu_suzu8


この他、ZUU Online, マネーの達人などで税務・会計を中心に解説しております。


2017年11月20日、TOKYO FM「クロノス・プラス」にて、仮想通貨関連について解説いたしました。