ビットコイン価格が80万円を超え、今や90万に差し迫ろうという勢いです。
巷では、「年末1万ドルになるんじゃないか」という声さえささやかれています。

その一方、仮想通貨を「バブルだ」と断じる声も少なくありません。

バフェットが先ごろ、ビットコインについてこう発言した。

「ビットコインの価値を評価することはできない。価値を生み出す資源ではないからだ・・・バブルの類いの中でも、本物のバブルだ」

オマハの賢人バフェットがこのように発言したことが、一部投資家の注目を集めているようです。

「なぜこのように発言するのか?」
「あの堅実なバフェットが発言するのだからきっと何か意味があるに違いない」


このように感じ、バフェットの胸の内を忖度する人もいる模様です。

このように「ビットコインはバブルだ」発言をするのはバフェットだけではありません。
他にも、現在のビットコインを憂えて似たような発言をする人がありました。
サウジアラビアのアルワリード王子です↓↓↓

アルワリード王子は米経済専門局CNBCのインタビューで「ビットコインは全く信用していない。いずれ崩壊するだろう。エンロンのような状況が生じつつあると思う」と指摘。
他の業界関係者や経済の専門家も「バブル」と批判する人続出

他の業界関係者や経済の専門家も「バブル」と批判する人続出

この他、クレディスイスのCEOやソシエテ・ジェネラルCEOも懐疑的な姿勢を崩していません。一時、JPモルガンCEOの「ビットコインは詐欺だ」発言も注目を集めていましたね↓↓↓

投資に関わるすべての人がビットコインのこの上昇相場を歓迎しているようではないようです。
歓迎派、批判派、そして静観派に分かれている模様。

■参考記事はコチラ↓↓↓

「仮想通貨はバブルだ」と言われる原因

ではなぜ、「仮想通貨はバブルだ」などと言われるのでしょうか?
根拠もなしにそのような発言が出るとは思えません(先のJPモルガンCEOのようにポジショントークの可能性もありますが)。

いくつかその原因について考えてみました。

原因1:相場上昇が急激だから

否定できないのは今年に入ってからのその驚異的な値上がりだ。3日に7000ドルを突破し、年初来の上昇率は650%以上になっている。

短期間で相場が上昇するのはバブル特有の現象だと言えます。
1929年直前のアメリカのバブル、1986年から1991年までの資産価格上昇によるバブル経済、2000年前後のインターネットバブルはおおよそ似たような「短期における価格上昇」の現象を示していました。

原因2:中央銀行の管理統制を受けていないから

「全く理にかなっていない。ビットコインはどの中央銀行からも規制を受けておらず、管理も監督もされていない」と加えた。

これは一理あると言えます。
ビットコインは完全に国家や中央銀行といった権力の手を離れた「第三の貨幣」です。
通常のドルや円やユーロのような通貨ならば、金融緩和や引き締めといった対策を取ることが可能となります。
しかし、ビットコインは国の管理の手が一切かかわらない存在。
そのため、高騰しても、もはや誰も調整することはできないのです。

余談ですが、この件に関しては、単なるバブルとは分けて、経済の専門家から憂慮されていることがあります。

「ビットコインを含め仮想通貨という第三の通貨が表れたということは、IMFや各国の中央銀行による通貨政策が効果を発揮しにくくなるということだ」


場合によっては、仮想通貨の登場により、所得格差の更なる増大、一部企業や個人による資産隠し、更にはマネーロンダリングを含む地下経済の増長をもたらすかもしれません。

原因3:根拠がない

関連するまとめ

ビル・ゲイツが断言「今ある銀行は必要なくなる」

いささか旧聞に付しますが、1994年当時、あのビルゲイツは、今日の金融革命「フィンテック」を予言していました…

FREE BIRDS / 3714 view

カナダ規制当局(BCSC)が最初のビットコインファンド承認|IOC領域まで及ぶカナダ…

カナダ、バンクーバーのブリティッシュ・コロンビア州証券委員会(BCSC)は、暗号通貨(仮想通貨)に焦点を当て…

仮想通貨まとめ編集部の志水 / 6683 view

英国が仮想通貨技術で年金システムへ|EU脱退明暗を分けた陰ドイツと陽イギリス

英国は仮想通貨に対し柔軟であり、ブロックチェーンを活用した年金システムに着手しました!EU離脱後の英国は衰退…

仮想通貨まとめ編集部の志水 / 2771 view

すずきまゆこ

税理士・ライター・心理セラピスト。


仮想通貨は最近話題のフィンテックの一環として興味を持ちました。

プラス、海外資産を含めた課税網が年々強化されていく昨今、

個人だけでなく、国としても注目のアイテムなのではないかと感じています。