中国での仮想通貨取引が再開の見通し

中国がビットコイン取引をライセンス制にすることで仮想通貨取引を再開する可能性が高まってきた

China Will Likely Resume Cryptocurrency Trading by Licensing Bitcoin Exchanges

なぜ再開に至ったのか

中国は仮想通貨取引を全面禁止したはず

中国は仮想通貨取引を全面禁止したはず

中国は、ICOに始まり、仮想通貨取引も全面禁止の旨の通知を先月出しました。
これは、詐欺的なICOがやたらと多いことなどが背景にあるものと考えられます。
これで中国経済も収まったはず。

しかし、これはこれで中国政府にとっての管理上のデメリットがあった模様です。

それ以降(中国での仮想通貨取引全面禁止以降)、世界的な仮想通貨取引の市場は中国から日本や韓国などの近隣諸国のマーケットに移るといった大規模な取引量が再構築が行われました。それにより、日本政府は同月、11の仮想通貨取引所に公的に認可を与えました。これにより、中国人投資家にとってはより効果的できちんと整った取引基盤が与えられたことになりました。その結果、ビットコイン価格は快復し、4000ドル以上を上回る価格に落ち着きました。

Since then, the global cryptocurrency exchange market has restructured as the majority of trading volumes from China moved to neighboring markets such as Japan and South Korea. More to that, the Japanese government officially authorized 11 cryptocurrency exchanges in the same month, providing an efficient and well-regulated ecosystem for Chinese traders. As a result, the bitcoin price has recovered and has remained above the $4,000 margin.

しかし、中国政府による仮想通貨取引の禁止は、OTC取引(取引所を介さず、売り手と買い手が直接やりとりする取引のこと)とLacal BitcoinのようなP2P取引のプラットフォームでの取引量を増加させることになりました。中国政府にとってはそのような傾向こそ、KYC(本人確認システム)とAML(マネーロンダリング対策)という視点から最大の懸念事項だったのです。というのも、取引者はいまでも仮想通貨取引を行うことができ、中国当局のコントロールと介入を受けずに中国元と交換することが可能となっているからです。

But, the Chinese government’s ban on cryptocurrency exchanges also led to the increasing trading volumes of over-the-counter (OTC) markets and peer-to-peer trading platforms such as LocalBitcoins. For the Chinese government, such trend is a major concern in terms of KYC and AML policies because traders are now able to exchange cryptocurrencies and trade the Chinese yuan without the control and the involvement of Chinese authorities.

中国の仮想通貨取引の全面禁止政策は、むしろ中国当局にとって最悪の事態を招いた

中国の仮想通貨取引の全面禁止政策は、むしろ中国当局にとって最悪の事態を招いた

つまり、詐欺案件や中国の管理の目の及ばないような取引をなくすためにICOも仮想通貨取引も全面禁止としたわけですが、これがむしろ逆効果となったわけです。

仮想通貨は上場株式と違い、市場を介さなくても1対1で取引を行うことができます。さらにその仕組み上、より国家の介入は困難です。そのため、社会主義国である中国がもっとも嫌う「国の管理とコントロールの及ばない、民主主義的な取引」を実現させることになったわけです。

中国国内での仮想通貨取引がOKとなっていた頃は、KYCやAMLのシステムを通じて、中国人民銀行が市場を監督するような形になっていました。市場が中国国内にあったからです。

しかし現在は、市場そのものが管轄外の地域で行われるようになってしまいました。中国人がそこに関与していても、中国当局はそこに介入したり管理したりすることができないのです。

さらに、香港などの海外の取引市場の専門家や経営陣が言うように、仮想通貨取引の禁止ごときで中国人投資家が仮想通貨売買から手を引くことはなかったのだ。

「禁止したところで中国人投資家は今さら仮想通貨購入を止めたりなどしなかった。ここ数週間、我々は中国本土の顧客がTideBit(ビットコインやイーサリアムを扱う取引所)に口座を開設したのをたくさん見たよ。中国人投資家たちはゲームがしたいんだよね。仮想通貨購入のために香港やシンガポールに行くとこからみて、仮想通貨需要は伸びていると思うよ」

TideBit(香港にある仮想通貨取引所)の親会社であるTideiSunのCOOであるTrence Tsangはこのように述べた。

Also, as experts and executives at overseas exchange markets such as Hong Kong revealed, the ban on cryptocurrency exchanges have not stopped Chinese investors from buying and investing in cryptocurrencies.

“The ban did not stop them [Chinese investors] from buying cryptocurrencies. In the last few weeks, we have seen a lot of mainland customers opening up accounts at TideBit. They still want to play the game. I see a growing need in that they will come to Hong Kong or Singapore to buy cryptocurrency,” said Terence Tsang, chief operating officer at TideiSun, the parent company of TideBit.

KYCとAMLを同時進行で講じていくことに

中国政府が数か月以内に仮想通貨取引を再開する可能性が高まってきた。これと合わせて、KYC(本人確認システム)とAML(マネーロンダリング対策)も随所必要に応じて講じていくことになる。

The Chinese government will likely resume cryptocurrency trading in the upcoming months with necessary Know Your Customer (KYC) and Anti-Money Laundering (AML) systems in place.

■参考リンク:KYCとAMLについて■

中国の懸念事項は詐欺や資金洗浄の横行

中国の懸念事項は詐欺や資金洗浄の横行

なぜ中国が仮想通貨を全面禁止したのか?
その仕組み自体が国家を一切通さない仮想通貨が詐欺や犯罪、さらに資金洗浄の手段として用いられることを恐れたためです。
これを許せば、地下組織経済を潤し、人身売買や麻薬、武器の密輸などを許すことにつながってしまいます。


しかし、先述の通り、皮肉な結果で終わってしまいました。

むしろ、市場取引をOKする方のが、管理という面ではよかったのです。

ただし、無条件でOKというわけにはいきません。

本人確認システムをきちっととり、マネーロンダリング対策を講じることがどうしても必要なのです。

参考にしたのは日本の登録システム

関連するまとめ

仮想通貨ビットコインの人気が加速! 国に依存しない資産の魅力

最近また人気が加速しそうな仮想通貨ビットコイン。認知度も々、高まっている様子で「人気の上がる」圧倒的な理由は…

仮想通貨まとめ編集部の志水 / 2969 view

仮想通貨販売|いよいよインフレ対策?XAPO経済不況のベネズエラでビットコイン

Bitcoinウォレット(財布)やデビットカードを提供するXapoが、今後1640%ものインフレに陥る可能性…

仮想通貨まとめ編集部の志水 / 2884 view

採掘(マイニング)半減期「仮想通貨ビットコイン」価格に大きな影響か

「仮想通貨ビットコイン」の採掘に訪れる半減期は、何が起こるのでしょうか。価格に大きな影響を与えると言われてい…

仮想通貨まとめ編集部の志水 / 5312 view

すずきまゆこ

税理士・ライター・心理セラピスト。


仮想通貨は最近話題のフィンテックの一環として興味を持ちました。

プラス、海外資産を含めた課税網が年々強化されていく昨今、

個人だけでなく、国としても注目のアイテムなのではないかと感じています。