インドが独自の仮想通貨導入を検討

インドが独自の仮想通貨導入を検討

高額紙幣廃止による民衆の混乱、ATM不足、お粗末な銀行システム…など金融インフラの脆弱さに悩むインド。同時に、このインフラへの不信感から民衆の間でのビットコイン人気は日に日に高まっています。

そしてこの度、インドは、仮想通貨を独自に開発し、導入することを検討するにいたりました。

インドの中央銀行に当たるインド準備銀行(The Reserve Bank of India; RBI)が新たな仮想通貨の導入を検討しているようだと伝えた。Bitcoinの成功をきっかけに同行が仮想通貨の取り組みを進めることになった可能性があると指摘している。
インド準備銀行が開発しようとしている仮想通貨、は富と美を司る女神から名前をとって「Lakshmi(ラクシュミー)」と呼ばれるだろうとされている。記事では、同行が独自のブロックチェーンや台帳を用いて、仮想通貨の開発を行うのではないかと推測している。

インド独自仮想通貨スキームに至るまでの流れ

現金主流文化の中で高額紙幣廃止により混乱に陥ったインド国民

インドはIT大国として知られていますが、金融インフラに関しては実はそれほど強固ではありません。銀行インフラがあまりアテにならないのです。
インドの成人人口の約4割が、銀行での入金や引出を行ったことがなく、2015年後半、銀行口座を持てないインド人は2億人以上と言われていました。
そのため、国民は銀行の送金システムよりも現金手渡しなどで生活費を支給するなどの現金メインの生活を送ってきました。

このような状況の中、インド政府は昨年11月、高額紙幣2種類の無効を発表。これにより、インド国民の生活は一時大混乱に陥りました。

そしてその混乱は「タンス預金で相続した父の現金を銀行が受け付けてくれない」という悲劇に至ります↓↓

この高額紙幣廃止に加え、現金使用に政府が罰金制度を検討することも。
お金は現代の生活において、人間の生命と直結しています。
現金が主流のインド国民にとっては、この罰金制度はまさに「死ね」と言われているようなものです↓↓↓

こういった流れとともに、国民の間で徐々に浸透していったのがビットコイン。
ビットコインはこういった政府の一方的な金融政策に左右されることなく、P2Pシステムにより直接相互にお金のやりとりができる、国民が唯一「安心して」使える金融手段だったのです↓↓

ビットコイン、インド国民の間に定着

2種類高額紙幣廃止の日、仮想通貨取引所に問い合わせ殺到

2種類高額紙幣廃止の日、仮想通貨取引所に問い合わせ殺到

ちょっと時間が戻ります。
先述のインド政府による2種類高額紙幣廃止の日、同時にとある現象が起きていました。
現金が使えなくなることに不安を感じた多くのインド国民から、仮想通貨取引所に問い合わせが殺到したのです。

8日夜インドのモディ首相はテレビ演説にて高額紙幣の1千ルピー(約1600円)札と500ルピー(約800円)札を演説の約4時間後から無効にすると突然発表した。これによりビットコインプロバイダーへの問い合わせが殺到したようだ。
インドでは、この出来事で多くの人が慌て、情報を求め、ビットコインにたどり着いたのだが、取引所を上手く扱えずに困惑している状態だ。事前に多少理解し送金手段などの知識があればこの騒動に対処できたかもしれない。

しかし、取引所での口座開設や現金の仮想通貨ヘの交換は、本人確認などの一定のプロセスを踏まなくてはなりません。銀行文化を通してこういったプロセスを自然と理解できる日本人の我々には想像がつきにくいことですが、現金主義で生活してきたインド国民にとってはそう言うこと自体がそもそも初耳で、かえって難しさを感じたのかもしれません。

そしてまた、こういった事態の混乱を招いたのは、インドの銀行システムの脆弱さにも一因があると言えましょう↓↓↓

これまで仮想通貨に規制をかけてきたインド政府も仮想通貨のパワーは無視できなかった

関連するまとめ

BTCBOX仮想通貨同士の直接取引所新開設|世界の最前線を歩く日本

またひとつ仮想通貨の取引方法が拡大です。仮想通貨取引を運営するBTCボックス(東京)が8月中旬、日本円を介さ…

仮想通貨まとめ編集部の志水 / 2878 view

仮想通貨ビットコイン再び30万円台超え|世界の取引所の「ペア」から確認

仮想通貨ビットコインが30万円台を突破しました!中国の三大取引所が開始されたことが理由なのか、もしかして米国…

仮想通貨まとめ編集部の志水 / 10733 view

注目のビットコイン関連株の動きは絶好調!

マネーパートナーズの勢いが止まりません。その他の関連株の値動きは???

図子利昭 / 1583 view

すずきまゆこ

税理士・ライター・心理セラピスト。


仮想通貨は最近話題のフィンテックの一環として興味を持ちました。

プラス、海外資産を含めた課税網が年々強化されていく昨今、

個人だけでなく、国としても注目のアイテムなのではないかと感じています。