GMOに続き、DMMもマイニング事業参画を発表

先ほど、本サイトにてGMOがマイニングビジネスに参画する旨のニュースが流れました↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

GMOに引き続き、DMMも仮想通貨マイニング事業をスタートするというニュースが本日流れました!

DMMは9月7日、仮想通貨のマイニング事業「DMMマイニングファーム」の運営を10月より開始すると明らかにした。
DMMは9月8日に仮想通貨事業部を発足。10月よりマイニングファームのトライアルを実施し、年内には「DMM POOL」を全世界に公開する予定だ。2018年度中にはトップ10に入る規模の、そして将来的には世界のトップ3に入る規模での運営を計画しているという。

これまで、DMMはビットコインで自分のマーケット内での決済ができるビジネス、さらにDMMポイントと交換できるビジネスを展開してきました。
そのDMMがなぜ今、仮想通貨マイニングビジネスなのか?

それは、マイニング事業のハードルの高さにあるようです。

仮想通貨マイニング事業は一般人にはハードルが高い

マイニング事業を始めるとはいえ、DMM本体がマイニングを始めるわけではありません。
一般人がマイニングをしやすい環境を整えるビジネスを始める模様です。

現在DMMが準備をしている「DMMクラウドマイニング」は、一般人がマイニングに参加できるサービス。冒頭でも触れたとおり、昨日GMOもマイニングを行うための設備投資や運用が難しい人向けのクラウドマイニング事業へ参入することを明かしている。

仮想通貨研究家の平野淳也さんは、マイニングビジネスについて、次のようなツィートを発信しています↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

日本の企業によるマイニング事業は仮想通貨市場に大きく貢献

こういったGMOやDMMによる大手企業のマイニングビジネス参戦は、一般投資家からも「日本の仮想通貨への信頼性向上に貢献する」と評価されている模様です。

信頼性の高い企業が、マイニング事業の参入し、仮想通貨の根幹を支えることで、仮想通貨は国内において大きな信頼性を勝ち得る可能性があります。
大手はマイニングに必要な電力や計算能力を莫大な資産をもとに構築できます。
「クラウドマインング」とは個人が気軽に仮想通貨のマイニング事業に参入できる仕組みです。

個人マイニング事業費を集め、その資金をもとに企業が仮想通貨のマイニングを行います。

マイニングに成功すると個人は、報酬の一部を受け取ることができる仕組みです。

関連するまとめ

世界ビットコイン取引所「Quoine」日本移転|1000倍以上にスケールする可能性を…

世界4位のビットコイン仮想通貨取引所QUOINE(コイン)が日本本社に移動。17億円の資金調達発表、B2Bに…

仮想通貨まとめ編集部の志水 / 4961 view

三菱UFJもビットコイン技術に参入!有力銀行のブロックチェーングループが拡大

三菱UFJもビットコイン技術に参入が決定!有力銀行のブロックチェーングループが拡大していきます。

仮想通貨まとめ編集部 / 2268 view

仮想通貨ビットコイン「分裂危機」の真相|ソースコード非公開と対策、新ETF“価格”乱…

仮想通貨ビットコインが下落していますが、ここ数日間は一日の間で上昇!下落!と何度か繰り返しており、市場が混乱…

仮想通貨まとめ編集部の志水 / 10049 view

すずきまゆこ

税理士・ライター・心理セラピスト。


仮想通貨は最近話題のフィンテックの一環として興味を持ちました。

プラス、海外資産を含めた課税網が年々強化されていく昨今、

個人だけでなく、国としても注目のアイテムなのではないかと感じています。