アルトコインとは

アルトコイン(または、オルトコイン)とは、alternative coinの略(=altcoin)で、直訳で「(Bitcoinの)代わりとなるコイン」という意味です。一般的にビットコイン以外の仮想通貨(暗号通貨)のことをアルトコインと呼びます。

アルトコインの種類は1000を超えると言われていますが、そのほとんどが実用性がなく、市場に公開されないものも多いと言われています。

アルトコイン誕生の背景

アルトコイン誕生の背景には、ビットコインの欠点を解決できるコインの開発がすすんだことや、資金調達に、ICOと呼ばれる手法が用いられるようになったことなどが上げられます。

ビットコインは採掘(マイニング)というコンピューターの計算でコインを生成します。
ビットコインはコインの上限数が2,100万枚と決まっており、新たなビットコインが採掘されていくたびに採掘の難易度が上がるため、ビットコインの採掘の競争はとても激しいものになっています。

採掘が困難で競争も激しいのであれば、ビットコインとは違う新たなコインを作ろう!ということで、ビットコイン以外の仮想通貨、アルトコインが作られるようになりました。
ビットコインには、総発行枚数に限度があることや承認に時間が掛かるなどの弱点があります。その欠点をカバーし、より機能性の高いアルトコインも登場しています。

アルトコインの時価総額が上昇中!

ここ数ヶ月で暗号通貨市場がかなりの盛り上がりを見せ、ビットコインそして他のアルトコインの時価総額が大きく伸びている。ビットコイン自体の価格も高騰しているがそれ以上にアルトコインの価格が伸び、ビットコインのシェアが本日51%台まで低下してる。

アルトコインを保有する理由

実生活でビットコイン以外の暗号通貨を利用できる所は皆無と言っても良いような状況なのに、どうしてアルトコインを保有する人が多いのでしょうか?
大まかに2つの理由が考えられると言われています。

手持ちのビットコインの数を増やすために現在のビットコインの価格よりも上昇が速いアルトコインを一時的にホールドし、満足のいく上昇が起きてからビットコインに戻すタイプ。
そしてもう一つのタイプは、自分のホールドしているアルトコインがビットコインよりも優れていると考えて、持ち続けているというものだ。

注目のアルトコインは?!

リップル(XRP)

イーサリアムを抑え時価総額2位に返り咲いたリップルですが、UFJ銀行の採用やロックアップなどのニュースが話題となり、まだまだ上昇する見込みはありますね。
しかし投資家の利益確定により暴落のおそれもありますので、注意が必要ですね。

※ランキングは2017年5月18日のものです

ビットコインとの違いとして、発行主体があることがリップルの最大の特徴とも言えます。

関連するまとめ

時代は仮想通貨へ?!

仮想通貨?!詐欺じゃないの?なんて言ってたら、時代に取り残されてしまいます。 なぜ仮想通貨がこれほど話題にな…

Rie Yamauchi / 1124 view

仮想通貨は消費税の課税対象!取引したら誰でも消費税を納めなきゃいけないの?

改正資金決済法によりひとつの決済手段として認められた仮想通貨。同時に、消費税の非課税項目に該当しないため、消…

すずきまゆこ / 1251 view

野口悠紀雄先生が、日本記者クラブで講演。    仮想通貨の基本を解説し、今後の社会を…

早稲田大学ファイナンス総合研究所顧問で、「仮想通貨革命」の著者 野口悠紀雄先生の講演 仮想通貨の基礎と、社…

10mc 大石直洋 / 1226 view

Rie Yamauchi

マイナンバー制度やマイナス金利の導入により、
日本の未来に、大きな不安を抱えています。
個人が資産を殖やし守っていくには、どうすれば良いのか?
色々と学んだ結果、仮想通貨が1番だと思います!

仮想通貨に関する知識やニュースなど、
有益な情報をシェアしていきます! 

Facebook・LINEもよろしくお願いします(*´︶`*)❤
気軽にメッセージ、お友達申請して下さいね♬

Facebook⇒http://rie-yamauchi.com/fb/matome/
LINE⇒@rieyamauchi