三菱東京UFJ銀行(三菱UFJフィナンシャル・グループ)は、世界の金融大手22社が設立した仮想通貨決済研究コンソーシアムに早くから名を連ねているほか、独自の「MUFGコイン」を開発中とも報じられている。

みずほ銀行

みずほ銀行(みずほフィナンシャルグループ)も日本IBMと共同で決済業務の領域での仮想通貨「みずほマネー」について検証を行っている。ブロックチェーンを利用、仮想通貨を決済で活用すべく、実証実験だったそうで、「1円=1みずほマネー」と固定して、買い物や飲食の支払いに使うといったもののようだ。
またSBIホールディングスと共同で、ブロックチェーンを使って海外送金にかかる時間を短くするシステムを開発する方針だ。従来、メガバンクで海外送金を依頼すると、日数も費用もかかることが問題になっていたが、新システムでは、素早く廉価で完了できるようになるという。
ソフトバンクとともに、新しいレンディングサービスを提供するための合弁会社を11月に設立したばかり。同行が顧客データ分析やローン審査のノウハウを、ソフトバンクがAIによるデータ分析を融合した「スコアリングモデル」を提供するという。

三井住友銀行

三井住友銀行(三井住友フィナンシャルグループ)はアジアでモバイル決済アプリ「ジーニアス」展開。インドネシアの中堅銀行とともに開発したスマホのアプリで、利用者が送金先の口座番号を入力などすれば入金できるものだという。
またNECと共同出資で設立した新会社breesでは、スマホコンビニ収納サービスを来春に始める考えだ。公共料金などをコンビニで支払う際、主に紙に印刷された払込票を持参し、店頭レジにて現金で支払うものだが、払込票上にバーコードで表示された支払情報を、スマホ画面上に電子バーコードとして表示して、ペーパーレスで支払えるようになるものという。

2017年は仮想通貨元年となるか?!

日本でも仮想通貨やブロックチェーンに注目が集まり、様々なサービスが生まれています。
仮想通貨というお金の概念が変わろうとする今、私達の生活にも変化を遂げようとしつつあります。
これまで“仮想通貨なんて怪しい”と思われていた方達も、2017年は仮想通貨について学んでみませんか?

リアルセミナーに参加してみませんか?

関連するまとめ

ソーラーパネルとマイニングで仮想通貨ゲット。電気代がかからないので、ほぼ利益!?

ソーラーパネルを持っている方向けの記事ではありますが、 もしもの対策の一つとして、違う視点から仮想通貨の稼ぎ…

松本のぶよし / 913 view

世界の公共交通機関がビットコインを受け取るように!電子マネーより良い理由とは

世界の公共交通機関はビットコイン受付を検討しています。 観光客やワールドワーカーには朗報でしょう。 現在、公…

ねもとあい / 455 view

ホリエモンが答えるビットコインについて

ホリエモンチャンネルの中から、ビットコインについての動画がありますので、参考にしてみてください。 201…

松本のぶよし / 1524 view

Rie Yamauchi

マイナンバー制度やマイナス金利の導入により、
日本の未来に、大きな不安を抱えています。
個人が資産を殖やし守っていくには、どうすれば良いのか?
色々と学んだ結果、仮想通貨が1番だと思います!

仮想通貨に関する知識やニュースなど、
有益な情報をシェアしていきます! 

Facebook・LINEもよろしくお願いします(*´︶`*)❤
気軽にメッセージ、お友達申請して下さいね♬

Facebook⇒http://rie-yamauchi.com/fb/matome/
LINE⇒@rieyamauchi