中国政府と中国人民銀行は、国民に対して政府は一切ビットコインの利用に対して責任を負わないとの理解を求めて公式発表を行っているが、一部の曲解したメディアが、国内でビットコイン取引の取り締まりが行われる可能性など、誤ったプロパガンダや噂を流布しているようだ。

政府はビットコインを規制することは不可能?!

ビットコインはその性質から、禁止したところでインターネットに接続されている以上取引を禁止することができない。
中国では、13年に人民元からビットコインへのキャピタルフライトが起こったため、銀行がビットコインを扱うことを禁止した。しかし、最近起きていることを見ると、この措置は、結局は効果がなかったのではないかと思われる。また、ビットコインの使用自体を止めることは、どんな国でもできない。

ビットコインとセキュリティの専門家、
アンドレアス・アントノポウロス氏によると・・・

「問題はビットコインが規制されるべきか否かではなく、ビットコインが規制”できるか”どうかななのです。現実としての答えは”ノー”です。他は眉唾です」

2017年の見通しは?!

ビットコインは中国での取引が約9割を占めている状況であり、中国経済との相関が指摘される中、専門家はどのように予測しているのでしょうか?

デンマークの投資銀行サクソバンクによれば、米国のドナルド・トランプ次期大統領が景気刺激策を取るという予想に後押しされ、Bitcoinの価格は2017年には2,000ドル以上に達する可能性があるという(CNBC、Slashdot)。
トランプ氏の公約である産業の国内回帰政策のためには財政支出が不可欠。サクソバンクは米国の国家債務が20兆ドル増えるほどの大規模な国債の増発が行われ、それによってビットコイン高が発生すると見ている。
私の個人的な予想ではビットコインは2017年の終わりまでに2,200ドルに達する。もしある通貨が下落しその市場においてビットコインに向かう何らかの大きな動きがあれば更に高騰するだろうし、市場が安定していれば予測よりも低くなるだろう。12か月後のビットコイン価格が今日の価格よりも低くなると考えられるシナリオはほとんど考えることができない。
2017年はビットコインにとって最高の年となるだろう。すでに時価総額は最高値となっている。1BTCの最高値を更新するのも目前だ。お金と国の分裂は明らかに我々の目の前で起こっている。Barclays前CEOのBlockchain.infoへの加入も決まり、2017年は伝統的銀行がビットコインへ深く関わりを持つ年になるだろう。

ホリエモンの見解は・・・

中国やロシアでは実質的に規制されているが、マイニングやら現金での交換は規制しようがないので、キャピタルフライトに使われていたりする。時価総額が上がってるのはそれだけ流動性が上がってるからで、レバレッジ取引なども盛んになってきてる。通貨の本質は信用であり、実態とか関係ない。システムをよくわからない権力者や、民意なるもので簡単にルールが変えられる国民国家の通貨より賢い人達がシステムとして信頼性を担保しているビットコインの方が安心だと考えることもできる。その支持者がキャズム超えしたときとんでもない時価総額になる可能性は充分にあるでしょう。

その他、各エキスパートの予測をご覧ください

メガバンクでもブロックチェーンの取り組みを発表!

三菱東京UFJ銀行

関連するまとめ

ビットコインのお財布!Bitcoinウォレット種類まとめ

ビットコインを利用するには、まずはじめに『ビットコインウォレット』の作成が必要です。いわゆるビットコインを入…

都丸美由紀 / 8285 view

今さら聞けないと思っていませんか?たった2分で知るビットコイン概要

専門用語もあり、拒否反応がでることもあるだろう。知らないからこそいい。ビットコインとは何か、仕組みや利用シー…

仮想通貨まとめ編集部の志水 / 494 view

ビットコイン、仮想通貨の本質

ビットコイン、仮想通貨の本質がよくわかりますよ。

仮想通貨マスター ケンちゃん / 797 view

Rie Yamauchi

マイナンバー制度やマイナス金利の導入により、
日本の未来に、大きな不安を抱えています。
個人が資産を殖やし守っていくには、どうすれば良いのか?
色々と学んだ結果、仮想通貨が1番だと思います!

仮想通貨に関する知識やニュースなど、
有益な情報をシェアしていきます! 

Facebook・LINEもよろしくお願いします(*´︶`*)❤
気軽にメッセージ、お友達申請して下さいね♬

Facebook⇒http://rie-yamauchi.com/fb/matome/
LINE⇒@rieyamauchi