ビットコインの時価総額が過去最高値を記録!

ビットコインの時価総額が史上最高値を更新している。
2013年11月末に135万ドルになったが、その後減少していた。15年には、40万ドル程度になっていた。しかし、ここがボトムで、その後増大に転じ、16年12月23日には145万ドルと、史上最高値になっている。

2016年は中国をはじめとする世界各地でビットコインの取引量が増え、日本でも仮想通貨法が可決するなど、普及しつつありました。
2016年、ビットコインの価格上昇に影響を与えた事象について振り返りたいと思います。

トランプ氏大統領就任

トランプ氏が米大統領選に勝利した11月はドル高・元安が進む裏で、ビットコインの取引が過去最高に膨らんだ。うち9割を占めたのが中国だ。

インドで高額紙幣の廃止

インドでは、11月8日にナレンドラ・モディ首相が高額紙幣の廃止を宣言した後、インド国内におけるビットコイン価格が急騰し、一時1000ドルに迫る68,350インドルピー(INR)に達していた。

ベネズエラでハイパーインフレ

今月15日に予定されていた高額紙幣の移行が延期されたことで、ベネズエラの人々は、ますます拡大するインフレへの懸念からビットコインの利用を考え始めているようだ。

経済不安や混乱により、2016年は世界各地でビットコインの需要が高まりました。
ビットコインは約9割が中国で取引されていると言われており、1月5日、中国元の上昇により、ビットコインが23%も急落するという事態が発生しました。

インターネット上の仮想通貨ビットコインの価格が5日夜、急落した。取引シェアの大半を占める中国では一時、直近の最高値から3割近く下落した。資本の海外逃避に神経をとがらせる中国の通貨当局が資本規制を強めたことで、5日の上海外国為替市場で人民元が大幅に上昇。資産拡大のためにビットコインを買っていた中国の個人らが慌てて人民元の買い戻しに走ったためとみられる。

中国政府が注意喚起?!

1月5日、中国人民銀行 (PBOC) は、中国政府はビットコインを通貨として認めていないとする、依然から繰り返し強調してきたビットコインに対するスタンスを改めて発表している。

中国人民銀行の説明

「ビットコインは仮想的なモノであって、法定通貨のような通貨ではあらず、法的な定義も、金銭的な価値も有していない。」とし、機関投資家や個人投資家に対して、合理的な投資を行うよう促した。

しかし、一部メディアなどで湾曲した報道となっていたようです。

声明における実際の意図とは無関係に、ビットコインの急激な価格上昇を懸念したことによる中国政府の規制であると、一部のメディアや公人が大げさに中国政府の発表内容を取り上げている。

関連するまとめ

ビットコイン、「貨幣」に認定 法規制案を閣議決定  :日本経済新聞

政府は4日、仮想通貨が「貨幣の機能」を持つと認め、オンライン決済などにも利用可能な公的な決済手段に利用できる…

りみりみ / 1631 view

Rie Yamauchi

マイナンバー制度やマイナス金利の導入により、
日本の未来に、大きな不安を抱えています。
個人が資産を殖やし守っていくには、どうすれば良いのか?
色々と学んだ結果、仮想通貨が1番だと思います!

仮想通貨に関する知識やニュースなど、
有益な情報をシェアしていきます! 

Facebook・LINEもよろしくお願いします(*´︶`*)❤
気軽にメッセージ、お友達申請して下さいね♬

Facebook⇒http://rie-yamauchi.com/fb/matome/
LINE⇒@rieyamauchi