スイスのアーンスト・アンド・ヤング(EY)が、チューリッヒ・ハルトブリュッケ(中央)駅に近接するオフィスビルにビットコインATMを設置したほか、来年1月以降は監査やアドバイザリーサービスの決済法としてビットコインの受けつけを開始することを明らかにした。従業員へのビットコイン・ウォレット配給なども予定しているそうだ。

ATM設置は「デジタル経済」を肌身で社員に理解してもらうための試み

このATMはチューリッヒにあるEYオフィスビルの1階に設置され、平日の午前7時半~午後5時半まで利用が可能。ATMはBity SAによって運営されており、1日に最大5,000フラン分のビットコインをスマートフォンに移すことができる。EYの社員にはウォレットアプリが提供され、ビットコインが容易に利用できるようになっている。
EYスイスのCEOであるマーセル・スタルダ―氏は「デジタル化について語るだけでなく、社員やクライアントを巻き込んで積極的に推進していきたい。全員が参加し、ブロックチェーンやスマートコントラクト、仮想通貨がもたらすビジネスにおける革命に備えることが非常に重要だと考えている。」と述べている。

「金融大国」の意地をかけて仮想通貨を推し進めるスイス

スイス政府は11月にはいり、FinTech規制の緩和やクラウドファンディング、FinTechライセンスの発行などで、スタートアップを全面的に支援していく意向を発表した。
EYのビットコイン促進プロジェクトは、スイスFinTechを盛りあげる戦略のひとつである。EYは顧客にFinTechサービスの導入を提案すると同時に、実際の促進活動をとおして模範例を示そうと試みている。

関連するまとめ

法案ついに取得時が非課税に‼|仮想通貨ビットコインが通貨の存在明確に

仮想通貨が「お金」としての価値を益々見せつけます。今まで取り上げられた購入時の消費税について、法的に「非課税…

仮想通貨まとめ編集部の志水 / 12555 view

仮想通貨Bitcoin Cash(ビットコインキャッシュ)誕生仮説|価格上昇か下落か…

ビットコインキャッシュ(Bitcoin Cash)ハッシュパワーのおよそ30%を取る予定であると伝えられてい…

仮想通貨まとめ編集部の志水 / 13346 view

会津大学が国内初!学内仮想通貨「白虎」5月導入目標へ|萌貨(モエ)に続く地域通貨へ第…

会津大学は進化を続けています。昨年11月マジカル福島にて仮想通貨「萌貨」モエの実証実験を終えた会津大学。今度…

仮想通貨まとめ編集部の志水 / 5325 view

鈴木まゆ子

税理士・ライター・心理セラピスト。


仮想通貨は現時点(2017年)では投資(というより投機)の手段として着目されています。
しかし、その基礎技術であるブロックチェーンを含め、今後AIとともに、人間の未来をより効率的に、かつ安心できる社会にしていく可能性のあるものではないかと思っています。

個人だけでなく、国としても注目のアイテムなのが仮想通貨です。

こちらのサイトでは、その仮想通貨をめぐる社会情勢や素朴な疑問についてお伝えしたいなと考えています。


ブログ「税理士がつぶやくおカネのカラクリ」(心理記事メインです)https://ameblo.jp/mayusuzu8/
Facebook:「おカネのカラクリ」または「税理士鈴木まゆ子事務所」
Twitter: mayu_suzu8


この他、ZUU Online, マネーの達人などで税務・会計を中心に解説しております。


2017年11月20日、TOKYO FM「クロノス・プラス」にて、仮想通貨関連について解説いたしました。