注目の仮想通貨ビットコインが先物取引上場を果たした11日昨日。シカゴ・ボード・オプション取引所(CBOE)のウェブサイトが「ダウン」する事態となりました。しかし、予測されていた売りによる「価格下落」はなかったようです。仮想通貨ビットコインが先物取引上場ニュースで初めて「先物取引」などに関心を持たれた方もいらっしゃるのではないでしょうか。CBOEのビットコイン先物のルールを例にサーキットブレーカーや証拠金などの意味もご紹介いたします。

「CBOE」ビットコインの先物上場

ビットコインの商品先物取引がアメリカのCBOEで開始された。1月限(XBT/F8)の先物価格は、取引開始と同時に上昇し17,000ドルを超えた。
先物取引の上場にあたり、機関投資家はショート(売り)から入るとの一部の見方もあったため、価格の下落が予想されていた。一方、先物取引は、このような予想に反し大幅の価格の上昇で取引が始まった。
現地時間12月10日にビットコイン先物取引を上場したシカゴ・ボード・オプション取引所(CBOE)のウェブサイトがアクセス過多によりダウンした。

11日に大きな下落があるとは耳にしたことはあります。
アクセス環境のダウンはしましたが、結局押し上げている様子。

全日取引が開始された本日のTwitter投稿によると、2時間で800ものコントラクトが行われている。

ここ数か月間は、仮想通貨情報に惑われるような発信が多いのも事実です。
数か月前は価格がゼロになるという声も聞いていましたが、
個人的には今までの動きや周囲を見ても「今はない」と勝手な自信を持っていました。
結局は何も起こりませんでしたが、予測そして誰かが操作の為に発言するのか、
状況が変わるためか予測は1年前より
“当たらなくなっている”気がいたします。

それだけ、仮想通貨を持つ人も増えており、
少しづつ影響を及ぼす片寄は縮小してきているのかもしれませんね。

価格の分析などは材料があるうえで行っているため、
しっかりした情報が流れていることを見かけますが、
錯綜されないようどうかご注意ください。

シカゴ・オプション取引所(CBOE)ビットコイン先物取引の条件ルール

現在先物取引は1月限(XBT/F8)、2月限(XBT/G8)、3月限(XBT/H8)の3つの異なる限月が用意され、精算はそれぞれの月の中旬に設定されている。
現時点での取引の多くは1月限の先物取引に集中しており、先の読めないビットコインの市場だけに、期先の取引にリスクが高いと投資家は判断しているのかもしれない。

12月はビットコインの先物手数料が免除されるようです。
引き続きになるのかはわかりませんが、
ビットコイン先物の証拠金はかなり高めです。
あとで触れますが、ここを見ても仮想通貨ビットコインを知らない人が、
簡単にできるとも考えにくいかもしれませんね。

ビットコインの参照の価格

CBOEのビットコインの参照の価格は、米大手取引所のGeminiのデイリーオークションの約定価格を参照している。この価格を利用することで、価格の操作が容易にできないようにする狙いがあるようだ。

操作することが容易ではない。なぜなら

オークション方式の価格は透明性が高く、その時点での適正価格に近いと言われている。

ビットコインの価格変動対策(サーキットブレーカー)

CBOEでは主に2種類のサーキットブレーカー方式を採用している。

サーキットブレーカーとは(ご存じの方は読み飛ばしてくださいね)
株式市場などでよく「ストップ」という言葉を聞かないでしょうか。
例えば、売りが進んで「下落」が止まらなくなることがあります。
この時に、値がどんどん一気に落ち止まらなくなるために、
ある一定の値にきたら取引が強制的に止められます。
これは、人が下落のチャートを見ていると焦りで売ってしまう心理が働く場合があります。
こうした心理の時に投資家さんたちには落ち着いていただく目的で設けられた制度なのです。

関連するまとめ

フィンテック、民の力で開拓 日銀総裁「仮想通貨で金融変化」

黒田東彦日銀総裁は23日、金融と情報技術を融合したフィンテックの発展を日銀として支援していくと述べるとともに…

りみりみ / 2394 view

関連するキーワード

仮想通貨まとめ編集部の志水

税理士事務所兼、マネージメント・財務・
会計・経営・人財コンサル業に
20年近く勤務してきました。

投資も含め、仮想通貨によく似たコインや
権利収入などの相談も受けてきました。

数字は過去を知り、
未来を想像する材料になります。

有益な情報を共有できる
言葉の情報発信を目指しています。

仮想通貨勉強会 東京では
たまに、そっと座っております。
これから知りたい方も、
通貨のコアなファンの方も
ぜひ参加してみてくださいね。


仮想通貨入門講座はこちらから
  ▽【無料】ですよ▽