ビットコインでお年玉を渡すメリットとは

「お年玉」としてもらった人の中には、これを機にビットコインについて勉強し始めるという人もいるかもしれません。
そういう人の中から未来のビットコイン界のパイオニアが誕生するかもしれないと考えると、いい投資ともいえるのではないのでしょうか。
子供のために積み立てておいたビットコインの価格が大きく跳ね上がれば、将来の子供の学費などにも充てることができるようになるでしょう。

あと1カ月もすればお正月ですが、お正月といえば「お年玉」ですよね。
そのお年玉に今年から「ビットコイン」をあげてみてはいかがでしょうか。
子供によってはビックリしたり、場合によっては文句を言ってくる可能性もありますが、なかには興味を持って調べ、勉強し、使い方を自ら学ぼうとする子どもがいるかもしれません。
もしかしたら、将来その中からビットコイン界のパイオニアが誕生するかもしれません。
またビットコインをお年玉貯金と称し、子供の将来のために積み立てていけば、もしかしたら高騰して学費に充てられる可能性もありますね。

では、どうやってビットコインをお年玉として渡す?

ビットコインのお年玉を渡す方法として有効なのが「ペーパーウォレット」。
リンクのサイトでペーパーウォレットを作成しビットコインを登録した後、これをカラープリンタで印刷して相手に渡すだけ。
これをお年玉袋に入れて封をすればより一層お年玉の雰囲気が出るでしょう。

よりお年玉っぽく見せるために、ペーパーウォレットを作成し、カラープリンターで印刷してそれを渡してあげる方法はいかがですか。
印刷したものをお年玉袋に入れて渡してあげれば、中身を開ける子供の反応も一層楽しみになるのではないでしょうか。

ビットコインを渡すことと教育との関係

◆学校で「お金についての教育」は、ほぼありません。↓

学校では子供にお金については教えません。子供にお金について詳しく教えてしまえば、「イエスマン」がいなくなり、学校教育を通して社会の歯車を「生産」できなくなるからです。

◆子供の積極的に仮想通貨をあげ、考えさせ、教育するのは親の役目です。↓

「これを自分の力で増やしてみてごらん。オンラインカジノ以外の方法で。そのための勉強は自分ですること。そして最初の戦略はちゃんと書いて、見せてごらん。少しは助言するかもしれない。でも最初は自分の書いた戦略の通りやってみること。間違ったと思ったら、戦略を変更すること。」と言うだけです。
自分で考えて、判断をしていくというプロセスが身につくことだと思います。もちろんビットコインをはじめとしたテクノロジーに関心を持つかもしれません。
ゲーム少年から有能なプログラマーになる人がいるように、ビットコイン少年・少女から、将来の暗号化通貨やその金融工学の世界での成功者が出てくるのではないでしょうか。

学校ではお金についての教育はいっさいしてくれません。
してくれない以上、子どもが将来自分でお金を稼ぎ、そのお金と共に生きていく術を身に付けるために教育するのは親の役目です。
ビットコインって何?と思っている子供が大多数ですが、何?から始まり、増やし方や使い方を自分で調べ、ビットコインをはじめとしたテクノロジーに関心を持ち、実際にやらせてみることで、それがお金(仮想通貨)の教育になります。
大切な子供の将来のために、お金の教育をビットコインでやってみるのはいかがでしょうか。

仮想通貨ニュース、勉強会等、仮想通貨情報はLINE@からお知らせ

関連するまとめ

中国が動き出す!ビットコイン人気再燃!

中国人民元向けの取引が世界のビットコイン取引の7割を占めるんです!

仮想通貨マスター ケンちゃん / 1315 view

ビットコインが音を奏でる?!取引データから創りだす変動のサウンド!

ビットコンの取引データを使って、音楽を創ったなんてびっくり! 芸術はバクハツだ~!っと叫びたくなる?

都丸美由紀 / 620 view

ねもとあい

不動産業界で10年実務経験がある、宅地建物取引士です。

ライターとしても活動しています。