トランプ大統領誕生!これに伴いビットコイン始め仮想通貨が高騰

トランプ当確の瞬間からビットコイン価格が急上昇

トランプ当確の瞬間からビットコイン価格が急上昇

2016年11月9日、アメリカ大統領選で共和党候補のドナルド・トランプ氏が当選の報道が流れるや否や、ビットコイン価格が上昇しました。
対ドルベースでは4%上昇、対円ベースでは2.5%上昇しました。

開票が始まった時点でのビットコイン価格は、米コインデスクの指標で1BTC(ビットコインの単位)当たり710ドル前後だったが、最高で約738ドルまで高騰した。
逃避通貨とみなされて対ドル価格が上昇している円に対しても、ビットコイン価格は高騰した。仮想通貨取引所を運営するbitFlyerでは、開票開始時に1BTC当たり7万5190円だったのが、午後6時前に7万7097円の値を付けた。

これまでは、リーマンショックといったアメリカやヨーロッパなど諸外国で有事の際、円が安全通貨として資金の避難先としてみなされることがほとんどでした。
しかし、仮想通貨が登場して以後、キプロスショックといった有事においては「仮想通貨=安全資産」として投資家が仮想通貨を買う傾向が出てきました。

この対円でのビットコインの価格上昇を含めて考えると、仮想通貨、とくにビットコインが円よりも安全性の高い資産として世界中の投資家たちが考えるようになったということを表しています。

現在は落ち着いているものの日経平均株価は5%下落、またUSDJPYは4%近く下落し円高に振れた。さらに、金価格は2%上昇、原油は2%下落と市場全体に衝撃を与えた。

なお、今回のトランプ氏大統領当確の報道は、円やビットコインだけでなく、現物市場を揺るがすほどの影響力を持ちました。
それほどに、トランプ当確は、ドルの信用力を急激に下げるパワーがあったのです。

日本で報じられているトランプショックに伴う仮想通貨ニュースの中心はビットコインですが、英語圏ニュースを見ると、影響を受けているのはビットコインだけではないようです↓↓

最近注目を浴びている仮想通貨「Zcash」ですらも、今回のトランプショックの影響を少なからず受けている。Zcashは先月ローンチされ、そのプライバシー保護の点が特徴的な仮想通貨だが、いまだに取引は安定していない。それにも関わらず、だ。

「トランプのおかげでZcashが値上がり!」という声も

なぜ仮想通貨が値上がりした?実物資産と仮想通貨の共通点と相違点

トランプ・ショックを受けてドルから各資産に資金が避難しました。各実物資産や通貨は波乱含みの動きを見せましたが、仮想通貨、特にもっとも著名なビットコインはその中でも堅調な動きを見せています。

世界の投資家にとって仮想通貨はどのように映るのでしょうか。仮想通貨と実物資産の共通点そして相違点について、アメリカのマーケットニュースサイトは次のように述べています。

ゴールドを買う時とビットコインを買うときのマインドはすごくよく似ている。
国のお墨付きを受けている資産の価格が下落した時、「この世の終わりのシナリオ」をイメージした投資家は、その保有資産の価値を維持しようと必死になる。
そんな彼らにとって、ビットコインは金と同じで、不変的価値をもつ理想的な投資先になるのさ。

違いは、ビットコインはブロックチェーンのおかげでデジタルに取引できるというところかな。

欧米の市場では、ビットコインはすでに金と同じように考えられています。21世紀前後から、国の根幹を揺るがす事件は後を絶ちません。リーマンショック、キプロスショック、イギリスのEU離脱、そして今回のトランプ大統領誕生です。
こういった事態から資産を守るためには、より保管確実な安全資産に形を変える必要があります。

存在がバーチャルで国家などの中央集権的な存在の目に届きにくい仮想通貨は、投資家そして資産家にとって極めて理想的な安全資産なのです。

ちなみに、元英中央銀行の金融政策委員であり、シティグループのチーフエコノミストのウィレム・ブイター氏も、2014年、次のようなコメントを残しています↓↓

金の資産価値をビットコインなどの暗号通貨と比較し、極めて類似したものである
金はビットコインと同様に採掘し、採掘量も限られているが、そこに他の金融商品と比較して優位性はない
ビットコインは、金と同じく中央銀行が管理する枠外にあり、金と同程度の匿名性を持ち、供給量をコントロールするような責任の所在がない

関連するまとめ

仮想通貨ビットコイン安定“2013年と2017年の値動きが別格”|長期的な成長と逆転…

仮想通貨ビットコインが暴落後、大きく停滞することなく少し戻し、また安定の推移を保っています。2013年からの…

仮想通貨まとめ編集部の志水 / 9027 view

仮想通貨の登場22世紀へ“独占発行通貨は終わりを告げる”|最古の中銀スウェーデンも「…

仮想通貨の登場により、通貨の歴史が生まれ変わろうとしています。銀行券を発行した最古の銀行スウェーデンも仮想通…

仮想通貨まとめ編集部の志水 / 6097 view

物流でもブロックチェーンを利用!ブロックチェーンはビジネスの基幹的な分野まで変える

ブロックチェーンと言えば「金融」のイメージが強いですが、実は流通製造分野にも応用できると言われています。 金…

ねもとあい / 2772 view

すずきまゆこ

税理士・ライター・心理セラピスト。


仮想通貨は最近話題のフィンテックの一環として興味を持ちました。

プラス、海外資産を含めた課税網が年々強化されていく昨今、

個人だけでなく、国としても注目のアイテムなのではないかと感じています。