世界の公共交通機関がビットコインを受け取るように

◆イタリア

イタリア最大のタクシー協会Cooperativa RadioTaxi 3570はビットコインを受け付ける。彼らはローマで3,700台を誇り毎年1,000万台を出動させる。
今回のCooperativa RadioTaxi 3570のビットコイン受け付けは、Uberのようなアプリを利用し、Chainside という支払いソリューションを提供するサードパーティーに事前に支払いを行う仕組みとなっている。事前に行き先などを調べ、支払いを済ますとタクシーの迎えがやってくる。

◆フランス

フランスのバス運行会社Isilinesは8月2日よりバスチケットの購入支払いにビットコインの導入実験を行っている。
ビットコインを使った支払いはIsilinesのウェブサイトより利用が可能である。
現在のところPaymiumのサービスを用いてオペレーションを行い6ヶ月間は手数料無料でビットコインの受付を行う。それ以降は、手数料0.59%で運営していく予定である。

イタリアのタクシー、そしてフランスのバスと、世界の公共交通機関はビットコインの受付を検討しています。
実現すれば、観光客やワールドワーカー、そしてビットコイナーにとっては便利になり嬉しいですね。
しかし、イタリアのタクシーについては、専用のアプリを利用し、事前に行先を調べ支払を済ませなければならない点が、その国を訪れる外国人にとっては難点になる気がしないでもありませんね。
そして現時点では、観光客でも利用できるかどうかが分からない為、今後の動向に注目ですね。

ビットコイン導入によるユーザーと運営者のメリットとは

◆ユーザー側のメリット

わざわざ両替を行う必要がないためタクシーでのビットコイン受け付けは観光客にとって便利である。
更に、支払った後からでもブロックチェーンで追跡が行えるビットコインならばドライバーもぼったくりを行う気が失せそうだ。
フランス国内全土、またヨーロッパを行き来するバス会社がビットコインを受け付けたことで観光客にとってはクレジットカード払いで生じる為替手数料などを省くことができる。

◆運営者側のメリット

クレジットカード手数料よりはるかに安いため、運営側としてはビットコイン支払いは魅了的である。
●導入店側

☆メリット

- 手数料が格安(または0%)
ZaifPayment( https://zaif.jp/payment) の場合現時点では手数料は0%
- 入金サイクルが早い(一般的なクレジットカードに比べると)

また、ビットコイン価値の変動についてはビットコイン決済代行会社が負担してくれることが多いです

ビットコイン導入による、ユーザー側のメリットは、両替不要、ぼったくり防止、為替手数料カットなどです。
導入者側の最大のメリットは、手数料が格安であること。
そして、入金サイクルが早いということから、クレジットカードとは比べものにならないほど、メリットが多いことが分かります。

交通機関であれば電子マネーでも便利だけど、それでもビットコインを導入する理由とは

まず、電子マネーとビットコイン決済の違いとは・・・↓

ビットコインは特定の企業・企業グループ内でのみ流通するものではなく、世界中で制限なく流通しています。
それに対して、電子マネーは発行企業体で管理され発行企業体のネットワークの中でのみ使えるバーチャル的な通貨という点がビットコインと電子マネーの一番異なる点です。
電子マネーはチャージして使うと消える譲渡不可の前払い支払い手段ですが、ビットコインは自由に譲渡可能で、現実通貨と同じく使っても消えることが無く流通し続けます。
ビットコインは、何らかの端末に円をチャージするというものではありません。

ビットコインを利用して商品を購入する際には、まず手持ちの円という通貨をビットコインという通貨に両替しなくてはなりません。円をビットコインに両替してはじめて、ビットコインでの支払いが実行できるのです。

両替をしたその後の支払いの流れは、一般的な電子マネーと同様です。

ビットコインと電子マネーの違いは理解できましたでしょうか?
簡単に言ってしまえば、電子マネーはチャージして発行企業体のネットワーク内のみ使えるもので、使える範囲も発行企業が属する国やだけになります。
それに比べビットコインは、手持ちの通貨をビットコインに両替すれば、世界中のビットコイン取扱店などで使えるというもの。
観光客やワールドワーカーにとって、どちらが便利かは、言わずともお分かり頂けるのではないでしょうか。
ですから、世界の公共交通機関がビットコインを受け付けるようになることが、どれだけ便利なのかが分かりますね。

仮想通貨ニュース、勉強会等、仮想通貨情報はLINE@からお知らせ

仮想通貨まとめ公式LINE@登録方法


パソコンでご覧の方は、スマホのLINEアプリを開きQRコードを読み込むか、ID検索で友だち追加をお願いします。
 
「@coinnews」← @マークを入れて検索してくださいね!

スマホでご覧の方はこちらを直接クリックしてください

おすすめ記事:よろしければこちらもご覧くださいね

関連するまとめ

ねもとあい

不動産業界で10年実務経験がある、宅地建物取引士です。

ライターとしても活動しています。