世界の公共交通機関がビットコインを受け取るように

◆イタリア

イタリア最大のタクシー協会Cooperativa RadioTaxi 3570はビットコインを受け付ける。彼らはローマで3,700台を誇り毎年1,000万台を出動させる。
今回のCooperativa RadioTaxi 3570のビットコイン受け付けは、Uberのようなアプリを利用し、Chainside という支払いソリューションを提供するサードパーティーに事前に支払いを行う仕組みとなっている。事前に行き先などを調べ、支払いを済ますとタクシーの迎えがやってくる。

◆フランス

フランスのバス運行会社Isilinesは8月2日よりバスチケットの購入支払いにビットコインの導入実験を行っている。
ビットコインを使った支払いはIsilinesのウェブサイトより利用が可能である。
現在のところPaymiumのサービスを用いてオペレーションを行い6ヶ月間は手数料無料でビットコインの受付を行う。それ以降は、手数料0.59%で運営していく予定である。

イタリアのタクシー、そしてフランスのバスと、世界の公共交通機関はビットコインの受付を検討しています。
実現すれば、観光客やワールドワーカー、そしてビットコイナーにとっては便利になり嬉しいですね。
しかし、イタリアのタクシーについては、専用のアプリを利用し、事前に行先を調べ支払を済ませなければならない点が、その国を訪れる外国人にとっては難点になる気がしないでもありませんね。
そして現時点では、観光客でも利用できるかどうかが分からない為、今後の動向に注目ですね。

ビットコイン導入によるユーザーと運営者のメリットとは

◆ユーザー側のメリット

わざわざ両替を行う必要がないためタクシーでのビットコイン受け付けは観光客にとって便利である。
更に、支払った後からでもブロックチェーンで追跡が行えるビットコインならばドライバーもぼったくりを行う気が失せそうだ。
フランス国内全土、またヨーロッパを行き来するバス会社がビットコインを受け付けたことで観光客にとってはクレジットカード払いで生じる為替手数料などを省くことができる。

◆運営者側のメリット

クレジットカード手数料よりはるかに安いため、運営側としてはビットコイン支払いは魅了的である。
●導入店側

☆メリット

- 手数料が格安(または0%)
ZaifPayment( https://zaif.jp/payment) の場合現時点では手数料は0%
- 入金サイクルが早い(一般的なクレジットカードに比べると)

また、ビットコイン価値の変動についてはビットコイン決済代行会社が負担してくれることが多いです

ビットコイン導入による、ユーザー側のメリットは、両替不要、ぼったくり防止、為替手数料カットなどです。
導入者側の最大のメリットは、手数料が格安であること。
そして、入金サイクルが早いということから、クレジットカードとは比べものにならないほど、メリットが多いことが分かります。

交通機関であれば電子マネーでも便利だけど、それでもビットコインを導入する理由とは

関連するまとめ

ビットコイン、「貨幣」に認定 法規制案を閣議決定  :日本経済新聞

政府は4日、仮想通貨が「貨幣の機能」を持つと認め、オンライン決済などにも利用可能な公的な決済手段に利用できる…

りみりみ / 1952 view

ビットコインは「金(ゴールド)」と同じだと思うとわかりやすい件

ビットコインは「金(ゴールド)」と同じだと思うとわかりやすいです。参考サイトをご紹介します!

仮想通貨まとめ編集部 / 820 view

仮想通貨カジノがすごーーーい!ビットコインがザックザク!!

ビットコインなどの仮想通貨カジノがブームになること間違いなしです!

仮想通貨マスター ケンちゃん / 4834 view

ねもとあい

不動産業界で10年実務経験がある、宅地建物取引士です。

ライターとしても活動しています。