インターネットの普及により、物販において家賃などの固定費などが削減できるようになりました。しかし・・・↓

サイトの構築などすべて自分で作れるならば問題ないが、大手企業の通販サイトに出品した場合多額の仲介手数料が取られてしまう。また、キャッシュでのやり取りがなくなることで、決済手段には未だ多くの手数料がかかる。そこでビットコインなどの暗号通貨を用いることでコストの削減が可能になるかもしれない。

ECサイトにビットコイン決済を導入するのは大変なの?

ECサイトにビットコイン決済を導入する方法はいくつかあります。↓

●OpenBazaar

分散型EコマースプロトコルであるOpenBazaarを利用することでP2Pの取引が可能になる。自分のページのカスタマイズも可能で出品方法も簡単で日本語にも対応。マーケットは世界中に広がる。
難点はPCに専用アプリをダウンロードしないと購入ができないことである。

●Coincheck

自身でサイトの構築を行いcoincheckのビットコイン決済を導入する方法である。
・EC-CUBEでサイトを構築し導入する
・APIを用いて連携する
・支払いボタンを設置する
導入方法はいくつかあるが、どれもある程度のサイト構築に関する知識が必要となる。

●月額ECサイト

最近では月額利用料を支払ってStoresやBaseなどで簡単にECサイトの出店が可能になった。

●全て自分で構築する

ビットコインのブロックチェーンはオープンソースであり誰でも開発が可能である。自分でサイトを構築しビットコインの支払いを導入することもできる。
当然ながらビットコイン、サイト構築などあらゆる知識が必要となる。

ECサイトへのビットコイン決済導入は、そう簡単ではないことが分かります。
今やどこのECサイトも、カード決済は常識であるにも関わらず、ビットコイン決済を実施しているところは少ないのが現状。
ECサイトでのビットコイン決済を可能にするためには、顧客情報などのセキュリティ管理が自分でできるかどうかが問題になります。
今後、ビットコイン決済がECサイトで常識化するためには、月額ECサイトにビットコイン決済が導入されることが一番手っ取り早い方法ではないでしょうか。

大手の月額ECサイトの動きは?

●楽天

日本最大手の通販サイト楽天がついにビットコインを採用した。まずは米国でサービスを開始し、ドイツ、オーストラリアへと展開していくという(公式ページ)。
ビットコインペイメントスタートアップBitnetは楽天に対して知的財産アセットを販売する可能性があるとウォールストリートジャーナルは報じている。

●アマゾン

日本最大のビットコイン・ブロックチェーン企業である株式会社bitFlyer(以下、bitFlyer)は、Amazonギフト券をビットコインで交換できるサービスの取扱いを開始した。
今後は、更にビットコインを使って交換できるアイテムを増やすとのこと。

国内の大手ECサイトである楽天・amazonは、ビットコイン決済に前向きであるとはいえ、まだまだ日本では進んでいない感触がありますね。
ビットコイン普及の鍵だと言われているECサイトでのビットコイン決済導入が今後進むことに期待したいですね。

他のECサイトもビットコイン決済実現に向け業務提携を進めるが、まだまだ第1歩を踏み出したばかり

●Eストアーとフィスコ

フィスコ<3807>グループであるSJI<2315>とフィスコ・コイン(2016年7月1付けで「株式会社フィスコ仮想通貨取引所」に商号変更予定)は、Eストアー<4304>とECサイトにおけるビットコイン決済分野における業務提携を発表した。
今回の業務提携では、EストアーがECサイトシステム「ショップサーブ」で提供している決済機能に、ビットコインによる決済手段を追加する。具体的にはSJIがビットコインによるECサイト決済システムを構築し、ショップサーブを利用している約12,500店に当該システムを提供。これにより、ショップサーブの利用者および最終消費者に新たな決済手段を提供することができる。

●フィスコと株式会社実業之日本社

関連するまとめ

利確しなくても税務署に報告義務があるかも|資産額3億円以上は「財産債務調書」を

国税庁FAQを見て「利確していないから確定申告しなくていいんだ!やったー!」と思っている方も多いかもしれませ…

鈴木まゆ子 / 13782 view

ねもとあい

不動産業界で10年実務経験がある、宅地建物取引士です。

ライターとしても活動しています。